映画『アンフェア the answer』あらすじとネタバレ感想

アンフェア the answerの概要:2011年公開の日本映画。人気テレビシリーズ「アンフェア」劇場版第2弾。監督・脚本は佐藤嗣麻子。出演は篠原涼子、佐藤浩市、加藤雅也、寺島進、香川照之、大森南朋、阿部サダヲなど。

アンフェア the answer あらすじ

アンフェア the answer
映画『アンフェア the answer』のあらすじを紹介します。

主人公は元警視庁捜査一課の刑事・雪平(篠原涼子)。前回の警察病院占拠事件の後、東京を追われ北海道へと移り住む。北海道の西紋別署刑事課に勤務している雪平は、上司である一条(佐藤浩市)と肉体関係を持っていた。

そんな中、東京でネイル殺人事件という連続猟奇殺人が勃発。体中に釘が打ち込まれている死体が連続して発見されたのだ。第一の事件の重要参考人が、次の犠牲者になるという奇怪な事件が続き、最新の容疑者に雪平の元夫でありジャーナリストの佐藤(香川照之)の名前があがる。佐藤は、警察の内部不正の証拠が入ったUSBを雪平に託し、その直後に殺されてしまう。

今度はその佐藤殺人の容疑者に仕立てあげられてしまう雪平。雪平は東京地検の検事・村上(山田孝之)の助けを借り、警察署から脱走する。佐藤の無念を晴らすため、また自身の無罪を晴らすため、雪平は単独で事件の背後を洗い始めるのだった。

東京からは三上(加藤雅也)や山路(寺島進)が駆けつけ、また上司の一条も雪平の力になってくれる。しかし雪平は気づいていた。この中に裏切者が存在する事を……。

果たして雪平は事件の真相に辿りつく事が出来るのだろうか。そして真犯人とは一体誰なのだろうか……。

アンフェア the answer 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2007年
  • 上映時間:112分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:小林義則
  • キャスト:篠原涼子、椎名桔平、成宮寛貴、阿部サダヲ etc

アンフェア the answer ネタバレ批評

映画『アンフェア the answer』について、感想批評です。※ネタバレあり

「アンフェア」劇場版第2弾

人気テレビシリーズの劇場版第2弾。今回は、「ネイル殺人事件」という連続猟奇殺人事件を中心として物語が展開していくサスペンス映画となっている。当初はただの連続殺人事件だと思われていたが、雪平の元夫が殺された事により、事件の背後に警察の暗部が潜んでいる事がわかってくる。シリーズを通して、闇の正体がなかなか現れない不気味さが魅力の一つなのだが、今作では遂にその一端が明かされるのだ。

前作の警察病院占拠事件に比べると、一気にスケールダウンした感は否めない。そもそも猟奇殺人事件と警察の暗部問題を結合させるという事自体に成功しておらず、全体的な整合性がとれていないのが非常にもったいない。

殺人事件が政治的大問題へと繋がっていく映画でいえば過去に「薔薇の名前」という傑作が存在する。当然のごとく、今作はそのレベルには到達していないのだが、もう少しうまく料理出来なかったのかと思うと残念である。

疑心暗鬼の世界

今シリーズ最大の魅力とは、誰が裏切者なのかがわからない所である。今で謎に包まれていた部分が、今作ではようやく明るみに出る。警察内部の裏切者が遂に判明するのだ。

結論から言えば、検事官の村上と一条と三上である。テレビ版から登場しているキャラクターもいるため意外と言えば意外ではある。だが、果たしてこれで良かったのかという疑問もある。

そもそもこの三人は、今作のメインキャラクターのはずである。雪平に協力していた最も近い三人が、三人とも裏切者というオチはいかがなものだろう。これでは主人公以外はすべて黒幕と繋がっていたという結論になってしまい、テレビシリーズファンが興ざめしてしまうのも納得だ。アメリカテレビドラマの「24」などでも裏切者が出るのは常套手段だが、ここまで裏切者が多いという事態はあり得ない。それでは物語が初めから破綻してしまうからである。

いったん裏切者が発覚した以上、続編ではどういう展開を見せるのかは気になる所だ。最終作「the end」でどんな結末を用意しているのか。前2作のような失敗だけは避けて欲しい。

アンフェア the answer 感想まとめ

前作のアクション満載のテロ事件とは違い、今作は猟奇殺人をメインとしたサイコサスペンス調の映画に仕上がっている。全体的に画面も暗くなり、舞台が雪国の北海道のせいか、陰惨な雰囲気なのはなかなか良い。謎解きミステリーとしては残念な部分は多いが、篠原涼子演じる雪平の魅力を伝えるという点では大成功であろう。大酒飲みで片づけの出来ないアラフォー女。仕事は出来るが恋にはからっきし不器用。冒頭からして佐藤浩市とのベッドシーンにはドキッとさせられるし、拳銃を構えて正義を貫く姿には惚れ惚れする事は間違いないだろう。別れたとはいえ、元夫の怨みをはらそうとする女としての生き方にも、共感する女性観客は多いのではないだろうか。前作とは違った魅力が引き出された雪平像に注目である。

Amazon 映画『アンフェア the answer』の商品を見てみる

関連作品