映画『アップサイドダウン 重力の恋人』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アップサイドダウン 重力の恋人」のネタバレあらすじ結末

アップサイドダウン 重力の恋人の概要:二重引力が存在する双子の惑星に住む、主人公とヒロイン。上の世界には富裕層が、下の世界には貧困層が住み、接触は法で禁じられていた。上と下とで恋に落ちた恋人達はやがて、重力をも凌駕する愛を育み始める。美しい映像と重力の不思議による映像は必見。

アップサイドダウン 重力の恋人の作品概要

アップサイドダウン 重力の恋人

公開日:2012年
上映時間:109分
ジャンル:SF、ファンタジー、ラブストーリー
監督:フアン・ソラナス
キャスト:キルステン・ダンスト、ジム・スタージェス、ティモシー・スポール、ジェームズ・キドニー etc

アップサイドダウン 重力の恋人の登場人物(キャスト)

アダム・カーク(ジム・スタージェス)
下の世界の住人で、ピンク・ミツバチの秘密を受け継ぐ若者。10年前、エデンに恋をして逢瀬を重ねるも、そのせいで悲惨な事故を起こしてしまう。
エデン・ムーア(キルスティン・ダンスト)
上の世界の住人で金髪の美しい女性。トランスワールド社でデザインの仕事をしている。10年前の事故で記憶喪失になっている。
ボブ・ボルシュヴィッツ(ティモシー・スポール)
トランスワールド社でPCなど、電子機器の研究をしている初老の男性。気の良い人物でアダムへ気軽に協力してくれる友人。無類の切手コレクター。

アップサイドダウン 重力の恋人のネタバレあらすじ

映画『アップサイドダウン 重力の恋人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アップサイドダウン 重力の恋人のあらすじ【起】

宇宙で唯一、“二重引力”が存在する太陽系。双子の惑星は太陽を回りながら、それぞれの重力が反対方向にかかっている。上下に並んでいる双子の惑星。アダム・カークは下の惑星に住んでいた。双子の惑星は、双方の物質量で重力と距離を保っている。下の物質が上の物質に触れ、一定時間を経過すると、逆物質の作用で反対物質は燃え出してしまうのだった。

上と下では接触が法で禁じられていた。上の世界には富裕層が住み、下の世界は貧困層が住んでいる。2つの世界をトランスワールド社という会社だけが繋いでいた。上の世界の巨大企業は下の世界の石油を採集し、電力に変換して不当な値段で売買している。
アダムはこの企業のせいで、養護施設で育った。過去に製油所で起こった大爆発で、働いていた両親が亡くなったからだ。唯一、大叔母だけが彼の親戚だった。

週末になるとアダムは大叔母の元へ。大叔母は優しく知識人だった。一族の女性だけが受け継ぐ知識、ピンク・ミツバチの秘密も教えてくれた。彼は時々、賢者の山へピンクの花粉を取りに行く。そこには両方の世界の蜜を吸い、重力を皆無とするピンク・ミツバチが生息していた。賢者の山は立ち入り禁止だったが、ミツバチはそこにしかいないのだった。

アダムは逆さ雨を追うのが好きだった。だからその日、いつもよりも深追いした。雲よりも上方へと山を登る。そこで彼は運命の出会いを果たす。
少女の名前はエデン・ムーア。2人は互いの山の頭頂部、重力の境目で逢瀬を繰り返した。

しかし、事態は急変する。上の世界の住宅に下の住人が強盗に入ったため、その捜索が山へと及んだのだ。アダムは急いでエデンを上の世界へ戻したが、発見され発砲されてしまい、エデンは高い場所から落下。彼女は怪我を負い意識を失った。
すぐさま、大叔母の家に警察がやって来る。家は燃やされアダムと大叔母は拘束された。

アップサイドダウン 重力の恋人のあらすじ【承】

10年後、アダムは残された一族伝来の本で、ピンク・ミツバチの研究を続けていた。無重力を生み出す、ミツバチの効能を用いた美容クリームを開発中だったが、下の世界ではできることが限られている。そんな時、トランスワールド社の番組でエデンの姿を見たアダム。
翌日、彼は研究品を持ってトランスワールド社へ向かった。

抗老化クリームの研究をダシにして入社したアダム。オフィスは上下に別れており、沢山の人々が働いていた。会社の規約は厳しいものだったが、ともかく入社が叶った。

アダムに初めて逆物質が与えられた。すぐさま冷蔵庫に格納しなければ、燃え尽きてしまうため、常に冷蔵庫に収める。そして、机の斜め上にはボブという社員がいた。彼は時々、アダムに話しかける。2人で喫煙室へ。室内には2人しかいない。彼はアダムに下の世界の切手を所望。ボブは無類の切手コレクターだった。その代わりにエデンの情報を仕入れて欲しいと頼む。交渉は成立した。

アダムは研究しつつ、エデンと会うための準備を着々と進める。彼のクリームは会社の上層部も注目していた。
密かに着服した逆物質をスーツと靴に仕込む。足にも逆物質を巻いた。すると、上の世界へ反転。途中、見つかりそうになったが、アダムはエデンのオフィスへ向かうことに成功。

ボブと名乗って10年振りにエデンと会う。しかし、彼女はアダムのことを覚えていなかった。エデンの同僚の話では、10年前の事故で頭を打ったエデンは、記憶喪失となってしまったらしい。彼女としばし、会話を楽しんだ。しかし、逆物質が熱を持ち始める。
トイレで熱を冷まして用を足したが、彼は下の住人。尿ですら重力に沿って下へ向かおうとする。尿は天井を伝い火災報知器に。ベルが鳴り響いたため、アダムは急いで戻った。

アップサイドダウン 重力の恋人のあらすじ【転】

坑老化クリームは人体実験へと入る。そのテスターとなる人物の選定をしようとした時、ブザーが鳴った。ボーナス支給の前に退職者の発表をするようだ。その中には、ボブの名前もあった。研究の成果が上がらない者はクビにされるらしい。ボブは31年勤務でとうとう、クビになってしまったのだった。彼は去る前にアダムへ社員証など、今後に役立つ物をくれた。

エデンと食事をする約束をしたアダム。逆物質を全身につけて上の世界へ。ボブの社員証が役に立った。下の世界は常に薄暗いが、上の世界は高度文明で明るい。約束のレストランへゴンドラに乗って向かう。

エデンはすでに、レストランで待っていた。食事は和やかに進み会話も弾んだ。だが、逆物質が熱を持ち始める。彼女と後日、また会う約束をした後、アダムは必死に走って海へ飛び込んだ。靴を脱いで逆物質を外す。すると、彼は上の海から下の海へと浮かんで落ちた。

アダムのクリームが発売に漕ぎ付けた。実験のプレゼンをしている時だった。エデンが会場へ姿を現す。アダムは必死に顔を見せないようにしたが、彼女は彼がボブではないことを知ってしまう。発表後に急いでエデンの元へ向かうが、彼女は帰った後だった。アダムはボブの社員証を使うが、それももう使えなくなっている。ゲートを飛び越えて外へ向かった。

すぐさま追手がかかる。逆物資を脱いで上手く追手をやり過ごしたアダム。少し休んだ後、ボブの自宅を訪ねた。
ボブはアダムに耐熱性のあるベストを作ってくれる。アダムはその礼に、ピンク・ミツバチの秘密である、重力を無効化する方法をボブに教えた。

アップサイドダウン 重力の恋人のあらすじ【結】

デートの約束の日、エデンとアダムが再会。彼女はアダムと会うことで少しずつ、記憶を取り戻しているらしい。アダムのことも思い出した。2人は熱烈なキスを交わす。
だが、レストランに警察がやって来る。アダムは即座に逃げ出し、ベストを脱いでゴンドラへと飛び乗って逃亡した。

アダムは賢者の山へ来ていた。そこへ、エデンもやって来る。重力の境目で、彼らは愛を交わし合った。
しかし、アダムとエデンは追手に見つかる。彼らは山頂にある、鉄骨のみとなった飛行船へと逃げる。発砲される中を必死に逃げたが、足場を落とされてしまう。アダムは彼女を思って手を離す。彼は下の世界へと落下して行った。

木の枝がクッションとなり、助かったアダムは自宅へ戻る。下の世界はその日もオイルの雨が降っていた。会社からは脅され、クビにされた彼は全てを諦めることにした。

元の修理工へ戻ったアダム。そこへ、ボブが訪問してくる。アダムが置いて行ったピンク・ミツバチの水を改良して、身体に注射したと言うのだ。彼は効能が持続するよう更に改良を加えていくと話す。それから、アダムのクリームの特許を取得。ボブはアダムが働く場を作ろうとしてくれていた。そうして、ボブはアダムへとエデンからの招待状を渡す。

エデンと会うことが叶ったアダム。2人は固く抱き合い、キスを交わした。そして、妊娠したことを明かす。子供は双子だそうだ。しかも、妊娠したことによって体質が変化。彼女は下の世界へと住める体となったのだった。

このことにより、2人はこの世界の未来を変えていくことになるが、それはまた別の物語。

Amazon 映画『アップサイドダウン 重力の恋人』の商品を見てみる