映画『バニラ・スカイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「バニラ・スカイ」のネタバレあらすじ結末

バニラ・スカイの概要:スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』を『あの頃ペニー・レインと』などのキャメロン・クロウ監督がリメイクしたサスペンス。トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアスなど、豪華キャストが集結。

バニラ・スカイの作品概要

バニラ・スカイ

公開日:2001年
上映時間:137分
ジャンル:サスペンス
監督:キャメロン・クロウ
キャスト:トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、カート・ラッセル、キャメロン・ディアス etc

バニラ・スカイの登場人物(キャスト)

デヴィッド(トム・クルーズ)
出版社の社長で若き大富豪。自由奔放な性格で、その性格は激しい女遊びなどに反映されている。
ソフィア(ペネロペ・クルス)
田舎からマンハッタンへと夢を追い越してきた女性。明るく優しい心を持っている。
ジュリー(キャメロン・ディアス)
デヴィッドの恋人。奔放なデヴィッドの女性関係に嫉妬している。
マッケイブ(カート・ラッセル)
デヴィッドの精神科医。心を閉ざし真実を語らないデヴィッドに真摯に向き合い、事件の真相を明かそうと試みる。

バニラ・スカイのネタバレあらすじ

映画『バニラ・スカイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バニラ・スカイのあらすじ【起】

マンハッタンの豪邸に住む出版社社長のデヴィッドは、その華やかな生活とは裏腹に、いつも孤独な夢を見ていた。それは誰もいない街をただ一人彷徨っているという内容の夢。

「それは心象風景の表れだ」とデヴィッドの精神科医マッケイブは分析する。デヴィッドは現在、殺人の容疑で刑務所に収監されている。その顔にはカーボン製のマスクが着けられており、彼の素顔は見えない。デヴィッドは事件までのあらましを語り始めた。

デヴィッドは父から継いだ会社を軌道に乗せ、若くして巨万の富を手に入れ、若き恋人ジュリーと共に優雅な暮らしをしていた。そんなある日、デヴィッドの誕生日パーティーに友人の連れでやってきたソフィアに彼は心奪われる。

互いに惹かれ合っていく二人。デヴィッドとの関係はただの遊びだと割り切っていたジュリーだったが、田舎からやってきた素朴なソフィアに次第に嫉妬心を募らせていく。

ある夜、デヴィッドとソフィアは彼女の部屋で夜を明かす。再び会う約束をしてデヴィッドは部屋を出たが、そこに彼の後を尾行していたジュリーが現れる。

彼女の運転する車の助手席に乗り込むデヴィッド。ジュリーは自分がどれだけデヴィッドを愛しているかを滔々と語り始める。その様子に不穏なものを感じたデヴィッドは彼女を刺激しないようなだめるが、取り乱したジュリーが心中を図り、二人の乗る車は橋から落下する。

バニラ・スカイのあらすじ【承】

事故によりジュリーは死亡。一命を取り留めたデヴィッドだったが、その顔は傷によって大きく歪んでしまう。

デヴィッドは変わり果てた自分の姿を嘆き、その顔を隠すためマスクを着けて生活するように。やがてソフィアに会いに行く決心をしたデヴィッド。ソフィアは変わり果てた彼の顔を見ても変わらず接してくれた。

ある夜、友人とソフィアの三人でクラブへと向かうデヴィッド。「不気味だからマスクは外せよ」という友人の忠告を無視し、酒に酔ったデヴィッドは傍若無人に振る舞う。気分を害した友人とソフィアは彼の元を去る。一人残されたデヴィッドは酔いつぶれ、路地裏で眠りにつく。

翌朝「目を覚まして」というソフィアの声で目覚めるデヴィッド。そこには心配そうに顔を覗きこむソフィアの姿が。ソフィアは「正直に言うと、はじめはあなたのルックスに惹かれていた」と告げる。しかし、顔が変わってしまっても変わらず彼を支えていこうと決意するソフィア。二人は恋人として幸せに暮らし始める。

バニラ・スカイのあらすじ【転】

ある日、主治医によって整形手術を受けるデヴィッド。術後、まだ恐怖からマスクを外せずにいる彼の代わりにソフィアがそのマスクを外す。そこにはかつての美しい彼の顔があった。

ある夜、寝室で愛し合う二人。ふと電気を点けると、そこにいたのはソフィアではなく死んだはずのジュリーだった。さらに彼女は自らをソフィアだと名乗る。混乱したデヴィッドはジュリーがソフィアをさらったのだと思い、ジュリーに暴行を加え、逮捕される。

間もなく釈放されたデヴィッドだが、家に戻ると、ソフィアの写真などがすべてジュリーの姿に変わっており、ソフィアの痕跡がすべて消え去ってしまっていることに戸惑う。さらに何者かにつけ狙われているような感覚に陥っていく。

数日後、再び姿を現したソフィアにデヴィッドは安堵する。二人はそのまま愛し合うが、途中でその顔はジュリーに入れ替わってしまう。混乱したデヴィッドはその場でジュリーを窒息死させてしまう。しかし、そこで死んでいたのはソフィアだった。

事件の顛末を聞き終えたマッケイブは、デヴィッドのそれは一時的な錯乱であり、情状酌量の余地はないと判断する。その時デヴィッドが「エリー」という名前を口にする。エリーこそが、この事件の真相を解くカギだった。

バニラ・スカイのあらすじ【結】

エリーは会社の名前であり、マッケイブと共にエリーを訪れるデヴィッド。エリーは「リアルな夢」を顧客に提供するサービスを展開しており、デヴィッドはその顧客だった。実はデヴィッドは今まで、彼自身の夢の中にいたのだった。

本来のデヴィッドはクラブの夜、友人とソフィアに見放され、絶望感から命を絶ってしまう。命を絶つ直前にエリーの存在を知った彼は、エリーに申し込んだ後に自殺した。翌朝ソフィアに起こされた瞬間から、彼の「リアルな夢」が始まっていたのだった。

真相を知り愕然とするデヴィッド。恐る恐るマスクを外すと、そこには傷だらけの醜い顔があった。

そこに、ここ数日の間デヴィッドをつけ回していた謎の男が現れる。彼はエリーの職員で、夢の補修をする係員だった。彼に言わせると、ソフィアとジュリーが入れ替わったのは、夢にバグが生じたからなのだという。

エリーの職員はデヴィッドに選択を迫る。このまま夢の中で生き続けるか、それとも本来の人生に戻るか。実は彼の遺体は冷凍保存されており、蘇生は可能なのだという。

屋上の淵に立ち、思い悩むデヴィッド。現実の彼は醜い顔のまま、孤独に暮らしていくことになる。しかしデヴィッドは現実世界へ戻ることを決断する。屋上から飛び降りるデヴィッド。やがて意識が途切れていく。

朦朧とした彼の意識の中に「目を覚まして」と言うソフィアの声が響く。

Amazon 映画『バニラ・スカイ』の商品を見てみる