映画『それでも恋するバルセロナ』あらすじ・ネタバレ結末と感想

それでも恋するバルセロナの概要:『それでも恋するバルセロナ』(原題:Vicky Cristina Barcelona)は、ウディ・アレン監督・脚本のラブストーリー。スペインのバルセロナを舞台に、一人の男と三人の女性の恋愛を描く。ペネロペ・クルスは本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞した。

それでも恋するバルセロナ あらすじ

それでも恋するバルセロナ
映画『それでも恋するバルセロナ』のあらすじを紹介します。

夏にアメリカからバルセロナへやってきたヴィッキーとクリスティーナ。
二人は親友で、似たところが多いが、恋愛の価値観だけは違っていた。ヴィッキーは堅実な恋愛を求めて既に理想通りの婚約者もいたが、反対にクリスティーナは情熱的な恋愛を好んだ。

しばらく二人一緒に街のあちこちを観光して周った。
ある夜、パーティーで画家のフアン・アントニオと出会う。二人一緒に突然オビエドへの旅に誘われ、ヴィッキーは反対したが、クリスティーナはフアン・アントニオにどこか惹かれ、ついていくことにした。

ヴィッキーも心配で同行した旅で、クリスティーナはフアン・アントニオと良い雰囲気に。
しかし飲みすぎと胃潰瘍で調子を崩し、ホテルで寝込んでしまう。
その間ヴィッキーはフアン・アントニオと観光や食事を楽しみ、彼を知るほど興味を持った。二人は一夜を共にするが、ヴィッキーには婚約者がいるため、フアン・アントニオはそれ以上深入りしてこない。

フアン・アントニオは既にクリスティーナを愛していると言うし、ヴィッキー自身も婚約者と結婚した。だが、フアン・アントニオを忘れられないでいた。

一方、クリスティーナはフアン・アントニオと一緒に暮らしはじめた。
ところが彼の前妻マリア・エレーナが転がり込んで、状況は変わる。クリスティーナとフアン・アントニオ、そしてマリア・エレーナの奇妙な恋愛関係が始まるのだった。

だが、夏が終わりに近づくにつれてクリスティーナは今の関係に悩み、旅に出ることを決意する。

それでも恋するバルセロナ ネタバレ結末・ラスト

クリスティーナが去ると、フアン・アントニオとマリア・エレーナの関係はまた破たんした。
二人の良好な関係はクリスティーナがいてこそ持続するものだったのだ。

フアン・アントニオは一人になり、再会したヴィッキーを誘う。
ヴィッキーもまだ忘れられずにいたので、夫に隠れて会うが、そこにマリア・エレーナが現れて修羅場となる。

結局、ヴィッキーは夫とアメリカへ帰国。クリスティーナは一人で自分探しの旅を続けるのだった。

それでも恋するバルセロナ 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:96分
  • ジャンル:ラブストーリー、コメディ
  • 監督:ウディ・アレン
  • キャスト:スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、レベッカ・ホール etc

それでも恋するバルセロナ 批評・レビュー

映画『それでも恋するバルセロナ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

奇妙な恋人関係

実際には、フアン・アントニオは三人の女性から好意を寄せられているわけだから三角関係とは言わないかもしれないが、フアン・アントニオとクリスティーナ、そしてマリア・エレーナの三者の関係は本当に奇妙だ。
フアン・アントニオはクリスティーナやヴィッキーに魅力を感じて愛しながらも、やはり前妻のマリア・エレーナは人生で最も愛した女性。マドリードで落ちぶれたマリア・エレーナを暫く自宅に住まわせるだけと言いつつ関係を持ってしまう。
マリア・エレーナは初めこそクリスティーナを警戒したが、すぐに打ち解けてクリスティーナの写真の才能を見出し、指南してくれる。
マリア・エレーナはクリスティーナがいるからフアン・アントニオともうまくいくと言うし、クリスティーナも二人に嫉妬するでもなく三人の関係を受け入れている。
この関係を聞いたヴィッキーと夫はまさに観客の心情と同様にドン引きする。
観ているこちらとしては、なぜフアン・アントニオがモテまくるのかもわからないし、全てはこの男のせいだろうとこの関係が不思議でならない。
だが、マリア・エレーナを演じるペネロペ・クルスが本当に魅力的なので、女のクリスティーナですら惹かれるのもよくわかる。

ひと夏の恋

一人の男をめぐる三人の女の泥沼関係も、ラストには元通りになる。
ヴィッキーは堅実で誠実な相手と結婚生活を歩んでいくし、クリスティーナは未だに自分の目指すものがわからないまま旅を続ける。そしてフアン・アントニオとマリア・エレーナはこれからもくっついたり離れたりの激しい恋愛を続けていくのだろう。

なぜ四人はこれほどまでに激しい恋愛をしたのかというと、「そこがスペイン、バルセロナだから」の一言に尽きる。
夏の恋、そして異国の地は人を変えるということだろう。

それでも恋するバルセロナ 感想まとめ

ウディ・アレン作品は、「だからなんなの?」と言いたくなるような結末が多いように思う。『ブルージャスミン』なんかもそう。散々引っ掻き回して、劇的に変化するかと思えば元通りで拍子抜け……というパターンだ。こういう展開から終わり方まで、感じることはいろいろあるのだけれど、ラストで肩透かしを食らう感じで「だからなんだ」と思わずにはいられないのだ。本当に皮肉屋だなあと思う。

本作で共演し、一人の男を取り合い、また共有した女性を演じたのがスカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルス。この二人は、どちらもアメリカの雑誌の「最もセクシーな女性」に選ばれている。そんな女性二人に愛される男フアン・アントニオ、すごい。
ペネロペ・クルス演じるマリア・エレーナは作中でも、クリスティーナの被写体として最高だと評されるように、そこにいるだけで芸術作品のような、とにかく魅力あふれる女性だった。典型的なラテン女のイメージらしい、激しい女性としての一面も持って、脇役ながら主役を食う勢いがあった。

Amazon 映画『それでも恋するバルセロナ』の商品を見てみる