映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ヴィンセントが教えてくれたこと」のネタバレあらすじ結末

ヴィンセントが教えてくれたことの概要:酒とギャンブルに溺れる曲者のヴィンセント。隣へ引っ越してきた12歳のオリヴァー。最低オヤジと寂しい少年の奇妙なコンビは、次第に最高の相棒へと変わっていく。ビル・マーレイの渋い演技に脱帽の本作。

ヴィンセントが教えてくれたことの作品概要

ヴィンセントが教えてくれたこと

製作年:2014年
上映時間:102分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:セオドア・メルフィ
キャスト:ビル・マーレイ、ジェイデン・リーバハー、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ etc

ヴィンセントが教えてくれたことの登場人物(キャスト)

ヴィンセント(ビル・マーレイ)
家を担保に借金生活を送る変わり者。酒とギャンブルが生きがい。オリヴァーとの出会いで、段々と優しい一面を見せ始める。
オリヴァー(ジェイデン・リーバハー)
父の浮気癖が原因で、母のマギーと家を出ることになった12歳の小柄な少年。マギーが多忙のため、毎日家で寂しい思いをしている。ヴィンセントにシッターをしてもらうことになる。
マギー(メリッサ・マッカーシー)
オリヴァーの母親。夫の浮気に耐えられずオリヴァーを連れて家を出る。看護師の仕事で毎日忙しくしており、中々オリヴァーに構えないことを後ろめたく思っている。夫からオリヴァーの親権を渡すよう言われる。
ダカ(ナオミ・ワッツ)
妊娠中の娼婦。時々ヴィンセントの相手をするが、支払いは曖昧にされている。暴言を吐きながらも、なんだかんだヴィンセントを慕っている。
ロバート・オシンスキー(ダリオ・バロッソ)
オリヴァーと同じクラスで、オリヴァーいじめの主犯格。オリヴァーからヴィンセント直伝のパンチでノックアウトされるが、その後オリヴァーと和解し親友となる。
サンディ(ドナ・ミッチェル)
ヴィンセントの愛する妻。8年前から認知症のため施設に入院しており、ヴィンセントのことは医者だと思い込んでいる。

ヴィンセントが教えてくれたことのネタバレあらすじ

映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ【起】

お金がなく借金まみれの曲者ヴィンセント。娼婦であるダカへの代金、酒、更に競馬にお金をつぎ込んでいた。

あるとき、ヴィンセントの資金源である担保金が、ついに借入限度額を超えてしまう。口座を閉じようにもお金がないヴィンセントは、また酒を浴びに街へ繰り出すのであった。

翌日、とある引っ越し業者のトラックがヴィンセントの敷地内へ突っ込む。隣にマギーと息子のオリヴァーが越してきたのだ。マギーは衝突により故障した車についてヴィンセントへ謝罪するも、ヴィンセントは弁償しろと言い家に引っ込んでしまうのであった。

浮気夫から逃げて二人暮らしを始めたマギーとオリヴァー。新たな街で初出勤を控えるマギーは、オリヴァーを一人きりで学校「聖パトリック」へ登校させるのであった。

オリヴァーは、新しいクラスでその小さな身体からイジメの対象となってしまう。いじめっ子のロバートに鍵を盗まれたオリヴァーは、家の前で途方に暮れていた。

そこに帰宅するヴィンセント。競馬場で借金取りのズッコに返済を迫られたこともあり、子守り代を請求するためにオリヴァーを家に上げる。そして、マギーに自らオリヴァーのシッターを申し出るのであった。

ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ【承】

その日から、オリヴァーとヴィンセントの奇妙な関係が始まる。

妊娠を理由に店をクビになったダカの愚痴を聞くヴィンセントに、多忙を極めたマギーからオリヴァーを迎えに行くよう電話がくる。

荒々しい運転で着いた先は、綺麗な施設だった。医者のふりをして、サンディという患者の診察を行うヴィンセント。そしてその夜、ヴィンセントはオリヴァーの喧嘩の練習相手になるのであった。

その日から、ヴィンセントはオリヴァーを色々なところへ連れて行く。競馬やバー、ダカとも知り合いになるオリヴァー。そして、いじめっ子ロバートへついにヴィンセント直伝のパンチを食らわしてしまう。

一方、マギーのもとへ夫から親権譲渡を目的にした裁判通知が届く。泣き腫らした目のマギーを気遣うヴィンセントには、この親子に対する愛情が生まれ始めていた。

しかしある日、学校からオリヴァーの喧嘩騒動について連絡を受けたマギーは、オリヴァーと帰宅した酔っ払いのヴィンセントに喧嘩のことを知っていたのかと詰め寄る。ヴィンセントは、母親なのにオリヴァーを放ったらかしにしているから言えなかったのだろうとマギーに答える。それを聞いたマギーは、悲しみと怒りからヴィンセントに暴言を浴びせてしまうのであった。

ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ【転】

サンディが入院する施設の事務室にヴィンセントの姿がある。施設の支払いが滞っていることを伝え、奥様には安い施設をと推薦する院長。サンディとは、ヴィンセントの妻だったのである。納得がいかないヴィンセントだが、言い返す言葉も見つからず悔やむ表情を浮かべていた。

ヤケになり全財産を競馬につぎ込むヴィンセント。絶望の末帰宅すると、そこには借金取りのズッコともう一人が待ち構えていた。二人はヴィンセントからサンディの所持品を取り上げようとする。必死に抵抗するヴィンセントであったが、突然床に倒れこみ動かなくなってしまう。すぐ家を出るズッコ達の後には、1人動かなくなったヴィンセントが残っていた。

オリヴァーに発見されたヴィンセントは、マギーの病院で脳卒中だと診断される。その日から、ヴィンセントのリハビリの日々が始まる。オリヴァー、マギー、娼婦のダカによって、嫌々ながらもリハビリの支えを受けるヴィンセント。ついに、退院のときがやってくる。

時を同じくして、マギーは夫との親権を巡る裁判に出席していた。そこで、ヴィンセントのオリヴァーへの素行を初めて知ることになるのであった。結果的に共同親権になってしまったマギーは、ヴィンセントへ今後一切オリヴァーを預けないと伝える。

一方その頃、いじめっ子だったロバートと和解したオリヴァーには、聖人とは何かという授業で「身近にいる聖人について発表する」という課題が出されていた。

ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ【結】

退院したヴィンセントは、施設から大量の留守電が入っていることに気付く。それは、サンディが亡くなってしまったという知らせだった。ヴィンセントが入院している間の出来事だった。

悲しみに落ちるヴィンセントを気遣うオリヴァー。それに対して、ヴィンセントは自分のような人生を歩まずしっかり生きろと伝えるのであった。そして、さようならと告げるのであった。

その夜、ヴィンセントはサンディの思い出の品や、自分の写真など全てを捨てることを決意する。出されたゴミの中から、オリヴァーは自分が信じていた通り、ヴィンセントがただの飲んだくれではなかったという証拠を見つける。そして、「身近な聖人」をヴィンセントに決めるのであった。

発表会の当日、ダカはヴィンセントを騙してオリヴァーの発表会場へと連れてくる。順番がきて、ヴィンセントの知られざる軍人時代の過去や、自分に教えてくれたことを語るオリヴァー。壇上へ呼ばれたヴィンセントは、聖人の証であるメダルをオリヴァーから贈られ、二人は互いにありがとうと伝え合う。

その後、無事回復したヴィンセントの家には、ダカと生まれたての赤ん坊、マギー、オリヴァーとその友達ロバートが集まっていた。いつの間にか、飲んだくれヴィンセントの周りには沢山の光が差していたのだ。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①ビル・マーレイが最高

    本作品はビルの演技があってこそ。
    不良で気むずかしいじじぃ役は彼以外にはいない。
    強面の顔立ちでありながら、心根は優しい性格であることがわかるのだ。
    しかもマッチョで格好良いそのたくましい姿には、過去に何かあったのだろうというミステリアスさもしっかり想像させてくれる。

    夜の女と呼んでいたタガとも何かあったのか、それとも優しいから放っておけないか。
    この辺りのヴォンセントの実はお人良しである感じもこの映画を温かいものにしてくれているのだ。

    ②まとまりのある見やすい作品

    本作品の長所は見所が綺麗にまとめられているところ。
    そしてだらだらと同じシーンのエピソードを続けないことだ。
    作品の中にもそういう台詞があるように「詳しく話すな」という意味がわかる。
    しかし結局ヴィンセントは詳細を聞いてあげる優しさを持ち合わせているのだが。

    ヴィンセントの人となりを何となくわからせた後、最期の名シーン。
    オリバーが学校の聖人伝説で発表する時に、彼の人生が全てまとまって観客に明かされる仕組みとなっていた。
    そうかやっぱりね!というエピソードばかり。
    もはや、ジジィのファンになっている自分に気がつくのだ。
    オリバーに喧嘩を教えている時にした、ベトナム戦争に行ったという話もほんとの話で冗談では無かったのだとか、妻を心から愛していたことを周囲の人は知っていたのだろうなどである。

    最後には綺麗にまとめるこの戦法は少々ずるいが、見ている側はスッキリするので良い。

  2. 匿名 より:

    最近ビル・マーレィの演技が好きだ。
    昔からこんなに味のある演技をする俳優だっただろうか?
    クリント・イースト・ウッドがそうであったように、俳優は経験と年月で大分奥行きが出る。
    晩年になればなるほど魅力が増し、演技にも人物にも磨きがかかるのかもしれない。

    本作品はアメリカのよくあるタイプのヒューマン作品である。
    頑固ジジィが子供と友達になって人となりが変わっていく。
    王道であるのにも関わらず、やっぱりこの手の作品は後味が良い物である。
    なんてこと無い内容なのだが、心に響きやすいのだろう。
    年代によるが大人が楽しめる作品である。