映画『ボルケーノ』あらすじネタバレ結末と感想

ボルケーノの概要:ミック・ジャクソン監督作品。主演は、BOSSのCMや『メン・イン・ブラック(MIB)』シリーズでおなじみの、トミー・リー・ジョーンズ。

ボルケーノ あらすじネタバレ

ボルケーノ
映画『ボルケーノ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ボルケーノ あらすじ【起・承】

カリフォルニア州ロサンゼルスの緊急事態管理局局長のマイク・ロークは、突如発生した中規模の地震の後、地下水道で作業員が焼死するという事故が起きたことを不審に思う。そしてマイクは実際に地下水道に降り立ち、調査を進めるとコンクリートの割れ目から蒸気が噴出していることを発見する。しかし、調査の最中に再び地震が起き、その裂け目から熱風が噴出してきたため、マイクたちは間一髪退避した。何か異常なことが起きようとしている、と考えたマイクは、危険を訴えるが行政には受け入れてもらえなかった。

数日後、再び大地震が起き、ロサンゼルスは各地で停電してしまう。マイクは娘を連れて、管理局へ向かうが、マンホールから蒸気が噴出して蓋が飛んだり、公園にある池が沸騰して火が上がるなど、街は異常事態。マイクは負傷者の救出に奔走することになった。

街は一度静まり返ったが、すぐにまた地震が起き、池が爆発してそこからなんと溶岩が溢れだしたのだ。街中に溶岩が流れ込み、あちこちから火の手が上がる。噴火に際して怪我をしてしまった娘、ケリーをつれて、マイクは必死に逃げた。そして、医師のジェイにケリーを託し、マイクはなんとかこの溶岩を止めなければと対策を練り始めるのだった。

ボルケーノ あらすじ【転・結】

火山学者のエイミーと合流したマイクは、一端溶岩をせき止めたのち、大量の水で冷やして固める作戦を立てる。たくさんの人々が協力し合いながら、なんとか溶岩をせき止めて冷やすことに成功したマイクたち。しかし、喜んでいるのも束の間、実は本当の大噴火は、ケリーとジェイのいる病院の付近で起きることが判明した。残り時間は僅かで、巨大な病院にいる医師や看護師、怪我人全員を避難させるのは時間的に不可能であったため、マイクとエイミーは近くにあるビルを爆破し、その爆破により溶岩をせき止めて、また近くにあるパナマ運河へと溶岩流を誘導する方法を思いつく。

必ず作戦が成功するとは限らない、無謀なものだったが、ロサンゼルスの人々はみな力を合わせてマイクたちに協力してくれることになった。多くの犠牲を払いながらも、作戦通りビルを爆破することができた。ビルは噴火地点と人々の間に崩れたため、人々は助かり、また溶岩流も思惑通りに流れを変えた。

作戦の成功を分かち合ったあと、マイクは助かった喜びをかみしめながら娘ケリーを強く抱きしめるのだった。

ボルケーノ 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
  • 監督:ミック・ジャクソン
  • キャスト:トミー・リー・ジョーンズ、アン・ヘッシュ、ギャビー・ホフマン、ドン・チードル etc

ボルケーノ 批評・レビュー

映画『ボルケーノ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

とてもよくできた災害映画

アメリカ映画に限らずこういったフィクションにはつきものの、ご都合主義(主人公だけ何故か助かる、といったような)も見て取れなくはないけれど、全体的に大きな突っ込みどころなどはなく、比較的よくできたシナリオだった。ひとつの危機を乗り越えたと思ったらまた次の危機が迫ってくるといったポイントもハラハラドキドキが持続するし、モブではあるが時折泣ける尊い死があるのもストーリーテリングとしてはとてもよい。それに、こういう災害映画にはよく描かれる、みんなの力を合わせて頑張ろうという強い思いが、作品を通して描かれ続いているのはこの作品ならでは。ただただ主人公が活躍するだけでなく、名もなき街の人たちが一生懸命になっている姿が丁寧にちりばめられているのである。そのため、とにかくダレることなく最初から最後まで緊張感を持ちながら、観続けることができた。

また、文句なしのハッピーエンドがいい。もちろん犠牲になるキャラもいるが、マイクや娘ケリーが助かって終わるエンドはありきたりかもしれないが、それまで一緒に手に汗握って観てきた観客もまたすっきりとした気持ちになることができるのだ。

ナンバーワンの溶岩映画

災害映画は数多くあるが、街中で噴火し溶岩が流れるというものはなかなかない。地味だけれど規模が大きすぎるのもあり、この『ボルケーノ』の解決策くらいしかないのでストーリーにしにくいのかもしれないが、噴火、溶岩を扱った映画としては不動の地位を築いているといっていいだろう。

ボルケーノ 感想まとめ

名作、と呼んで差し支えない自然災害映画の大御所。溶岩を扱う映画がほぼ無いのも相まってできてずいぶん経つが今でも評価は高い。圧倒的な溶岩の脅威も派手に描かれているし、主人公が周囲の協力を得ながら多くの人を救い、そしてハッピーエンドを迎えるという王道のストーリーもいい。名もなき一般人たちが、みんなそれぞれ協力し合いながら各自ができることに一生懸命取り組んでいる姿が随所に描かれている。ある意味王道の映画だからこそ、安心してわくわくどきどき熱中して観ることができるだろう。

Amazon 映画『ボルケーノ』の商品を見てみる