映画『若草物語(1949)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『若草物語(1949)』のネタバレあらすじ結末

若草物語(1949)の概要:何度も映像化されている、米文学の名作「若草物語」の1949年版。若き日のエリザベス・テイラーを始め、個性豊かな女優陣が原作のイメージそのままに四姉妹を演じる。貧しくも清らかな姉妹たちの、愛と成長の物語。

若草物語の作品概要

若草物語

公開日:1949年
上映時間:122分
ジャンル:ヒューマンドラマ、青春
監督:ルイザ・メイ・オルコット
キャスト:ジューン・アリソン、マーガレット・オブライエン、エリザベス・テイラー、ピーター・ローフォード etc

若草物語の登場人物(キャスト)

ジョー(ジューン・アリソン)
マーチ家の次女。男勝りで活発。働き者で、原稿を売ったり叔母の介護をしたりして生活費を稼ぐ。将来は、作家として身を立てたいと願っている。
メグ(ジャネット・リー)
マーチ家の長女。しっかり者だが、一家が貧しくなる前の豊かな生活が忘れられない。貴婦人としての身だしなみや振る舞いを心がける。
エイミー(エリザベス・テイラー)
マーチ家の三女。わがままで、食いしん坊の美少女。気位が高く学校ではいじめられるが、素直で愛らしく、金持ちの叔母さんとはよく気が合う。
ベス(マーガレット・オブライエン)
マーチ家の四女。内気で人見知りをするが、心優しい。病弱な為、学校には行かれないが、家事をよくして母を助けている。いつも元気いっぱいのジョーと特に仲良し。
ミセス・マーチ(メアリー・アスター)
マーチ家の母。夫は牧師。従軍中の夫に代わり、一家を支える。ピューリタンらしく、貧しくても人を助け、姉妹の模範となっている。
ローリー(ピーター・ローフォード)
マーチ家の隣人。資産家のローレンス氏の孫。年齢を偽って軍隊入りしたり、学校を脱走したりする積極的な若者。
ローレンス氏(チャールズ・オーブリー・スミス)
マーチ家の隣人。近所では、偏屈で気難しい老人と思われている。個性豊かなマーチ家の四姉妹を孫のように可愛がり、中でも心優しいベスと仲良し。
マーチ叔母さん(ルシル・ワトソン)
マーチ家の叔母さん。金持ちだが、口が悪く、ジョーといつも口論になる。本心では貧しいマーチ一家を心配し、気にかけている。
ベア教授(ロッサノ・ブラッツィ)
ジョーがニューヨークでお世話になった家の下宿人。語学教授で、執筆活動や音楽が趣味。故郷を離れたジョーを気遣い、ニューヨークの街に連れ出す。

若草物語のネタバレあらすじ

映画『若草物語(1949)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

若草物語のあらすじ【起】

雪が降り積もるニューイングランドの田舎町・コンコルド。マーチ家の四姉妹は、クリスマスプレゼントが買えない貧しさを嘆きながらも、次女ジョーの書いた芝居を練習したりツリーを飾り付けたりと楽しく過ごしている。牧師である父は戦争に行き不在。厳しくも優しい母が、一家と教区の人たちを守り世話していた。

ある日、隣で一人暮らしをしている老ローレンス氏の館に若い男性がやって来る。ローレンス氏の孫で、暇を持て余した彼は窓から四姉妹の楽しげな様子を眺めていた。淑女は見ないふりをするものだが、ジョーはお構いなしに見つめ返し、手を振り挨拶をする。

そして姉妹の元にも、楽しいクリスマスがやって来た。資産家だが偏屈な叔母さんが、全員に1ドルずつお小遣いをくれたのだ。早速町のお店へ駆け出す四姉妹。貴婦人らしく着飾ることを夢見る長女メグは帽子を、作家を目指す次女ジョーは本を、絵が趣味な三女エイミーは色鉛筆を、そしてピアノが友達の四女ベスは楽譜を選んだ。店主からキャンディまでプレゼントされ、ご機嫌で帰宅する四人。それなのに、結局お店に全て返品してしまう。自分たちがプレゼントを買うべきは、いつも人の為に働いている母親だと気が付いたのだ。改めて母の為の靴やコロンを買い直し、ツリーの下に飾る。母親が帰宅すると四人は急いで寝たふりをし、満ち足りた笑顔やツンとお澄ましした寝顔で母親を涙ぐませるのだった。

翌朝の食卓は、クリスマスのご馳走だった。こんな贅沢は久しぶりだ。姉妹は喜んで食べようとするが、母の姿が無い。お手伝いのハンナが言うには、近所の貧しいフンメル一家に赤ちゃんが生まれたため、母は自分のご馳走を分け与えに出かけたのだという。それを聞き、ベスは朝食が喉を通らない。姉妹は結局、朝食をカゴに詰めてフンメル一家へ出かけて行く。

家を出ると、窓から手を振っていた隣家の孫に出くわした。ジョーは気さくに話しかける。孫はローリーと名乗り、そして彼の家庭教師のブルック先生を紹介した。メグは姉らしく、大人の紹介無しに男性と知り合うなんて、と男たちに近づかない。しかしブルック先生は、そんなしとやかなメグから目が離せなかった。

若草物語のあらすじ【承】

扁桃炎を患い出歩けないローリーが、ジョーを屋敷に誘う。内部の豪華さに驚くジョー。気楽に話し込む二人だが、ブルック先生がメグに気があるという話題になるとジョーはムッとする。彼女は恋愛沙汰に興味がなく、姉妹が離れ離れになるなど考えたくないのだ。話し込んでいるうちに、暖炉の火がジョーのドレスを焦げ付かせる。ドレスをダメにしたのは、これで二回目だった。

ふと、暖炉の上の肖像画に目が止まる。祖父のローレンス氏だ。顔の怖い老人で近所付き合いもないが、私は好きよとジョーは言う。背後には、本物のローレンス氏。肖像画通りに、いかめしい。それでも、気丈なジョーは、あなたを怖がる人もいるが私は好きと繰り返した。これにはローレンス氏も顔をほころばせ、わしも君が好きだよと握手する。ジョーを家まで送る栄誉に選ばれたのは、ローリーではなくローレンス氏だった。

一方、学校にいるエイミー。教室の前で立たされている。数学の時間に、教師の落書きをしていて罰を受けたのだ。貧しいくせに、生意気で気位が高い彼女に級友たちは冷たく当たる。しかし、そんな意地悪に屈するエイミーではない。なにせ、その日の夜はローレンス氏の舞踏会に招かれているのだ。それを高らかに自慢し、ぽかんとしている女生徒たちを置いて颯爽と帰宅するエイミー。

夜になり、四姉妹は大急ぎで仕度をしている。メグは母からレースやパールを借り、エイミーもベスも質素ながら可愛らしく着飾った。問題はジョーだ。お尻に大きな継ぎはぎがある。暖炉で燃やしてしまったから、仕方がない。さらに手袋はジュースまみれ。かわいそうに思ったメグは、手袋を片方だけ交換してやるのだった。

上流階級らしく賑わうローレンス邸。何組もの男女が躍る。しかし、お尻を見せられないジョーは壁の花だった。せめてダンスだけと、バルコニーで一人踊る。すると、ローリーが彼女を見つけ、人のいない階段下のポーチまで連れ出してくれる。そこには、まだ幼くてダンスの許可が下りなかったエイミーとベスが隠れていた。ローリーとジョーは、少女たちにお菓子とジュースを取りに行ってやる。そこへ、入れ替わりに貴婦人たちがやって来た。どうやらジョーの話をしているらしい。貧乏人が、金持ちのローリーに取り入って。母親の作戦だろう。うまくやったものだ。

幼いベスには、この陰口は耐えられなかった。泣き出し、家に帰りたいという。戻ってきたジョーは、慌ててメグを呼ぶ。メグはブルック先生と良い雰囲気で話し込んでいたが、妹の異変にすぐに席を立った。四人揃って家に帰り、母の為に、この話は四人だけの秘密にしようと誓う。しかし、その夜ジョーは、母に作戦があるのかと聞かずにはいられなかった。母は「娘が、美しく教養があって善良で、人から好かれ、悲しみも知る女性になって、自尊心をもち自分の人生を歩んでほしいという野望があるのよ」と明かした。ジョーはそんな母の側にいる為、結婚なんかしないと心に決めた。

ある日、ベスがジョーに自作のスリッパを見せに来た。ローレンス氏に贈るのだ。先日の舞踏会で知り合ったローレンス氏とベス。ベスがピアノ好きで、しかも内気な少女だと知ったローレンス氏は、いつでもローレンス邸のピアノを一人で好きに弾けるよう便宜を図ってくれているのだ。そのお礼のスリッパは、老人を非常に喜ばせた。お返しに、ローレンス氏の孫娘が使っていたピアノがマーチ家に届けられる。シルク飾りのついた、立派なピアノ。弾いてみてと姉たちに催促されるが、真っ先にお礼を言わなきゃ、と家を出るベス。その後ろ姿は、もう人見知りの小さな女の子では無かった。

若草物語のあらすじ【転】

平和なマーチ家に、父の負傷を知らせる電報が届いた。母親は大慌てで旅支度をする。ジョーは旅費を借りに叔母さんを訪ねるが、売り言葉に買い言葉でケンカ別れとなってしまう。それでも、叔母さんは一家にお金を届けてやるのだが、ジョーはジョーで長い髪を売ってお金を作ってきた。家族はジョーの勇気をありがたく受取った。

母不在の間、姉たちは仕事に精を出し、ベスは母に代わってフンメル家の世話に尽力していた。しかし、そのフンメル家で猩紅熱をもらってしまうベス。姉たちもローレンス邸の男たちも必死で看病する。いよいよ今夜が峠かという時、ジョーは母に電報を打たなかったことを激しく後悔していた。すると、ローリーが既に迎えの者を派遣したという。感激したジョーは、素直にローリーに抱き着いてお礼を言った。幸いベスは持ち直し、ローリーの計らいで、母に続き父までもが家に帰って来る。姉妹は、久々の一家団らんを楽しむのであった。

平和を取り戻したマーチ家。ブルック先生とメグの仲も、ぐっと縮まっている。金持ちではないブルック先生のことを悪く言う叔母と口論になり、メグは彼を慕う気持ちを自覚した。姉が他所に嫁ぐのを快く思わないジョーは、二人の事を母に告げ口するが、かえって親公認の仲となり、めでたく結婚するメグと先生。ジョーは華やかなお祝いの席にいられず、一人家を飛び出してしまう。

その様子を心配したローリーは、ジョーを追い、ついに彼女への恋心を打ち明ける。ジョーにとってもローリーは大切な人だったが、どうしても恋愛感情は抱けなかった。執筆に夢中な自分なんかより、上流階級にふさわしい相手を見つけてほしい。そう伝えても、ローリーは傷つきジョーの元を去ってしまう。

若草物語のあらすじ【結】

ローリーの隣で暮らすことが辛くなったジョーは、距離を置くためニューヨーク行きを決意する。知り合いの家で子守をしながら、作家として仕事をするのだ。そこには、下宿人で語学学者のベア教授がいた。音楽と執筆が共通の趣味だとわかり、二人は意気投合してオペラやサーカス、博物館とニューヨークの楽しみを共に満喫する。すっかりホームシックも治ったころ、故郷からの訪問者があった。叔母さんと、ジョーの代わりに叔母さんの世話係をしているエイミーだ。二人は、これからヨーロッパへの旅に出るらしい。また、一足先にローリーも渡欧していること、メグが出産したこと、ベスは猩紅熱以来すっかり病弱になり寝込んでいることを聞く。

ジョーはショックだった。自分の夢だったヨーロッパ旅行がエイミーのものになってしまったことと、仲良しのベスが弱っていること。そして何より、ローリーが渡欧の為ニューヨークに来たのに、自分に知らせてくれなかったことが辛かった。ちょうど執筆のことでベア教授から手厳しい助言を受けたこともあり、ジョーは一度故郷に戻ろうと決める。

家では、すっかりやつれたベスが母と静かに暮らしていた。聞けば、ベスは幼い頃から、自分が長く生きられないと感じていたのだという。それに今は、大好きなジョーが帰って来てくれたから、何も怖くないのだと。ベスはジョーに看取られ、ジョーは「私のベス」という作品を書き上げた。

ベスの最期には間に合わなかったが、エイミーもヨーロッパから帰ってきた。ローリーも一緒だ。二人は恋仲となり、まもなく結婚する。ジョーとローリーの間のわだかまりも、時が解決してくれた。これからは、姉弟として支え合おうと約束する。

二人の子宝に恵まれたメグとブルック先生も交え、賑やかに食事をとるマーチ一家。そこへ、一人の訪問者がやって来た。しかし、姉妹の楽しげな様子を見ただけで、応対したローリーに小包を渡し去ってしまう。ジョー宛の小包の中身は、きれいに製本された「私のベス」。ジョーは、原稿をベア教授に送っていたのだ。訪問者がベア教授だと気づいたジョーは、雨の中慌てて彼を追いかける。

ベア教授は、ニューヨークで話に聞いていた「ローリー」がマーチ家にいるのを見て、自分の役目は無いと思っていたらしい。彼と妹が結婚するのだと言い、心から嬉しそうな様子のジョー。思わずベア教授もジョーに何かを告白しそうになるが、うまく言葉にならない。しかし、ジョーにはベア教授の想いがしっかり伝わっていた。ベア教授を家族の仲間に加えるため、二人は仲睦まじく腕を組み、暖かな家へと戻っていくのだった。

Amazon 映画『若草物語(1949)』の商品を見てみる