『美しき冒険旅行』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

オーストラリアの大自然を舞台に、アボリジニの少年と遭難した白人の姉弟の交流を描く。若き日のジェニー・アガターが主人公の少女を演じる。ニコラス・ローグ監督作品。

あらすじ

美しき冒険旅行』のあらすじを紹介します。

父親に連れられてオーストラリアの砂漠までやってきた少女(ジェニー・アガター)と弟(リュシアン・ジョン)だが、突然父親が自殺したせいで砂漠の真ん中で取り残されてしまう。文明の中で育ってきた2人は自然の中は無力に等しく、食料や水を確保することもできない有様だった。そんな2人のもとに大人になるための修行中のアボリジニの少年(デイヴィッド・ガルビリル)がやってきて、水のある場所を教えてやる。言葉も通じない両者だが次第に打ち解け、一緒に行動することになる。一緒に狩りや水遊びをし、寝食を共にしていくうちに3人は家族のような関係になっていく。

やがて3人は小さな小屋を見つける。少年は少女と結婚しここに定住することを望むが、少女は街に戻ることを考えていた。ある日少年は少女に求愛の踊りをするが少女はそれを恐れ、少年の愛に応えることはなかった。翌朝少女と弟は少年の遺体を見つけるのだった。無事街に辿り着いた姉弟だが、久しぶりに出会った白人の老人は、少年のように2人に優しくは接してくれなかった。そして数年後、成長して結婚した少女は平凡な暮らしを送っていた。自然の中で自由に生きたあの時期はもう戻ってこないのだった。

評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1972年7月15日
  • 上映時間:96分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ニコラス・ローグ
  • キャスト:ジェニー・アガター、リュシアン・ジョン、デビッド・ガルピリル、ジョン・メイロン etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『美しき冒険旅行』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

痛烈な文明批判

本作の大きなテーマは現代文明への痛烈な批判である。オープニングからして資本主義、消費社会を切り取ったショットが目まぐるしく展開され、その後美しいオーストラリアの自然が対比される。その他にも、アボリジニの少年が一見暴力的な狩りをしている際、現代文明の調理シーンが挿入される。私たちの食の裏にある死を、異様なまでに隠蔽することに対する批判だ。そして何より衝撃的なのが父親の自殺である。2人を銃で撃った後、車に火をつけて焼身自殺してしまう。原作では2人が遭難した理由は飛行機事故であり、このオリジナルのシークエンスがニコラス・ローグによるメッセージであることは明らかだ。父親はまさに文明の象徴であり、それが狂気をはらんだ存在であることを暗に示しているのだ。

通過儀礼の物語

アボリジニの少年はウォークアバウトと呼ばれる通過儀礼の最中である。大人になるために1人で自然の中を生き抜かなければならないのだ。一方で少女の方もある意味で通過儀礼の最中であると言える。ただしそれは父親の死という外部からのきっかけがあったからだ。これは現代社会においても同じことが言えるのではないか。明確な通過儀礼はもはや形骸化し、もっと現実的な必要に迫られないと大人になれないのがいかにも現代人らしい。物語の結末は、この通過儀礼の達成具合の違いによって訪れる。大人になったアボリジニの少年は少女に求愛するが、少女はまだ大人になれていない。だから2人の関係は悲しい終わりを迎えてしまうのだ。

まとめ

メッセージとして伝えられるのは文明批判だが、その背景となるオーストラリアの美しい大自然を見事にカメラで切り取っており素晴らしい。特に中盤3人が自然の中で生活しているあたりでは、人間の身体までをも自然の中に溶け込ませている。獲物に飛びかかる少年の躍動する筋肉、そして水の中を自由に泳ぎ回る少女の余りにも眩しい肢体。全てこの瞬間でしか記録できない希有なものだ。ただ物語自体は非常にシンプルというか、中盤以降は動き回るだけでほとんど物語は動かない。その辺りが観る人を選ぶ作品ではあると思う。ちなみに本作でアボリジニの少年を演じたデイヴィッド・ガルビリルは本物のアボリジニであるが、この後も何本か大作に出演しており現在も俳優として活躍している。嬉しいような悲しいような複雑な心境になってしまう。

次回作の予定はないようですが、ぜひ続編も作って欲しいなと思います。

Amazon 映画『美しき冒険旅行』の商品を見てみる