映画『ウォールフラワー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ウォールフラワー」のネタバレあらすじ結末

ウォールフラワーの概要:作家志望の少年チャーリーは、始まったばかりの高校生活に馴染めないでいた。パトリックとサムという風変わりな兄妹との出会いをきっかけに、チャーリーの生活は一転して輝き始める。思春期の眩しさと脆さを描いた名著『ウォールフラワー』の映画化作品。

ウォールフラワーの作品概要

ウォールフラワー

公開日:2012年
上映時間:103分
ジャンル:ヒューマンドラマ、青春
監督:スティーヴン・チョボスキー
キャスト:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン etc

ウォールフラワーの登場人物(キャスト)

チャーリー(ローガン・ラーマン)
作家志望の少年。精神的に不安定なところがあり、始まったばかりの高校生活にうまく馴染めない。サムに恋している。
サム(エマ・ワトソン)
チャーリーと同じ高校の3年生の美少女。家庭の事情により、以前は荒んでいた。
パトリック(エズラ・ミラー)
チャーリーと同じ高校の3年生で、サムの義兄。ゲイである。
メアリー・エリザベス(メイ・ホイットマン)
サムとは同級生で幼馴染の3年生。チャーリーと交際を始める。
アリス(エリン・ウィルヘルミ)
サムやパトリックの友人の3年生。ゴスカルチャーが好き。
ボブ(アダム・ヘイゲンバッハ)
サムやパトリックの友人の高校3年生の男子。サム達とよくつるんでいる。
キャンディス(ニーナ・ドブレフ)
チャーリーの姉。同じ高校の3年生。
ダレク(ニコラス・ブラウン)
キャンディスのボーイフレンド。
チャーリーの父親(ディラン・マクダーモット)
厳格だが家族思いの男性。アメフト好き。
チャーリーの母親(ケイト・ウォルシュ)
チャーリーを気遣う優しい女性。
ヘレン叔母さん(メラニー・リンスキー)
幼いチャーリーを可愛がっていたが、ある日チャーリーの目前で自殺した。
クリス(ゼイン・ホルツ)
チャーリーの兄。州立大生で、大学寮で暮らしている。
クレイグ(リース・トンプソン)
サムの彼氏となる大学生。サムに隠れて浮気している。
アンダーソン先生(ポール・ラッド)
チャーリーの高校の国語科教師。劇作家でもあり、チャーリーの才能を見込んで課題を出す。
バートン医師(ジョーン・キューザック)
チャーリーの入院先の精神科医師。

ウォールフラワーのネタバレあらすじ

映画『ウォールフラワー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ウォールフラワーのあらすじ【起】

作家志望の少年チャーリーは、幼少期から精神的な問題を抱えている。チャーリーの親友は昨年自殺した。チャーリーは亡き親友に『トモダチ』と名付け、彼に宛先のない手紙を書くことで自分の気持ちを表現していた。

チャーリーは、新しく始まった高校生活に馴染めないでいる。ある日、チャーリーは同じ授業に出席しているパトリックと出会う。破天荒で陽気なパトリックに、チャーリーは興味を持つ。

チャーリーは高校のアメフト部の試合観戦に一人で赴くが、会場で孤立している。チャーリーは、興奮して歓声を上げるパトリックを見つけ、思い切って声をかける。同じ授業でチャーリーの存在を知っていたパトリックは、チャーリーに快く自分の隣の席を勧める。パトリックの義妹サムが、二人のもとへやってくる。チャーリーは、美しいサムに釘付けになる。

試合後、チャーリー、サム、パトリックはダイナーに入る。趣味が合う三人は、意気投合する。

高校で卒業生歓送パーティーが開催される。チャーリーは一人で壁の側に佇んでいる。サムとパトリックが現れ、兄妹は陽気に踊り出す。チャーリーは二人の姿を見て、勇気を出してダンスフロアへ踏み込む。サムとパトリックはチャーリーを歓迎する。

歓送パーティーの後、サム達の自宅で二次会が催される。パトリックは、チャーリーにメアリー、アリス、ボブを紹介する。チャーリーは初めてマリファナを経験する。チャーリーは、パトリックとアメフト部のエースのブラッドがキスしている場面を目撃する。チャーリーは、パトリックに二人の関係を口外しないことを誓う。

マリファナに酔ったチャーリーは、自殺した親友のことを口にする。チャーリーの過去を知ったサムとパトリックは、純粋で心優しいチャーリーへの友情を宣言する。

夜更けに、チャーリー、サム、パトリックはドライブへ出かける。朝焼けに映える街を眺めながら、チャーリーは人生で初めて自分の居場所ができたことを実感する。

ウォールフラワーのあらすじ【承】

チャーリーの高校の国語科教師アンダーソンは、チャーリーの才能を認めている。アンダーソンは意欲的なチャーリーに次々と新しい課題を与えて、チャーリーを応援する。

サムとパトリックは、メアリー達とともに劇場でのロッキー・ホラー・ショーの上演計画を立てており、チャーリーも参加する。初日の公演は大成功し、サム達は毎週土曜の上演を決定する。サムは、企画に参加している大学生クレイグと付き合い始める。

チャーリーは、サムの大学入試の勉強を手伝い始める。

クリスマス休暇初日、サム達の自宅で、仲間内だけのプレゼント交換会が催される。チャーリーは、交換用プレゼントだけでなく、仲間全員に一人ひとりの個性に合ったプレゼントを用意する。サム達は、チャーリーの優しさに感激する。

サムはチャーリーを自室に呼び出し、二人きりなる。勉強を手伝ってくれたお礼にと、サムはチャーリーにタイプライターを贈る。サムは、チャーリーの前では自然体でいられると打ち明け、チャーリーに恋心と友情の入り混ざったキスをする。

チャーリーの誕生日でもあるクリスマス・イブに、チャーリーの兄クリスが帰省する。久々に揃った一家は、チャーリーの誕生日を祝う。現在は精神的に安定しているチャーリーの様子を見て、クリスは喜ぶ。

ウォールフラワーのあらすじ【転】

大晦日、サム達の自宅でのカウントダウンパーティーに参加していたチャーリーは、初めてLSDを経験する。前後不覚になったチャーリーは、外に出て雪の上に倒れる。思考が錯綜する中、チャーリーは叔母ヘレンの死を回想する。チャーリーが幼い頃、クリスマスの夜に、ヘレンはチャーリーの目の前で車で壁に激突して自殺した。

ある土曜、クレイグが劇の出演を無断欠席し、急遽チャーリーが代役を務める。上演後、メアリーはチャーリーに交際を申し込む。曖昧な気持ちのまま、チャーリーはメアリーと付き合うことになる。

チャーリーは、自分勝手なメアリーが次第に疎ましくなってくる。チャーリーの精神状態が悪化し始める。

ある日チャーリーは、仲間達の目前でサムへの好意とメアリーへの嫌悪感を思わず露わにしてしまう。サムとメアリーの仲は険悪になる。パトリックはチャーリーに、しばらく自分達と距離を置くよう忠言する。仲間達に会わない日々が2週間続き、チャーリーは再び情緒不安定になり始める。

ある日、チャーリーはボブから、パトリックとブラッドの関係が破綻したことを知る。ブラッドの父がパトリックとブラッドの関係を知り、ブラッドを散々殴ったのだった。

ある昼食時の食堂で、ブラッドのアメフト仲間がブラッドの前でパトリックをからかう。パトリックとの関係を公にしたくないブラッドは、パトリックにわざと侮辱の言葉をかける。逆上したパトリックがブラッドを殴り、乱闘になる。一部始終を見ていたチャーリーは我慢できなくなり、ブラッドの仲間を夢中で殴りつける。食堂内全員がチャーリーの過激な行動に驚き、乱闘は治まる。チャーリーには暴力を振るっている間の記憶が無い。

チャーリーの勇敢な行動を見て、サムはチャーリーに再び友情を誓う。

ウォールフラワーのあらすじ【結】

メアリーに新しい恋人ができて、サムとメアリーの仲も元通りになる。チャーリーは再び仲間達と過ごすようになる。

みんなで映画を見に行こうという夜、パトリックはチャーリーだけを誘い出し、二人は車で出かける。夜景を眺めながらパトリックは、いまだに心の傷が癒えない辛さをチャーリーに吐露する。

サム達3年生はそれぞれ志望校に合格し、進路が決定する。サムは浮気していたクレイグと別れる。

卒業式の夜、サムはチャーリーに、本心ではチャーリーを愛していることを告白する。チャーリーはサムの告白を受け入れ、二人はキスをする。サムに触れられたことにより、チャーリーは突如、幼少時にヘレンから性的な悪戯をされていたことに気づく。

翌日、サムとパトリックは学生寮へ越すために街を出る。再び一人になったチャーリーの症状は、次第に悪化する。チャーリーは、自分がヘレンの自殺の原因だったと思い込み、罪悪感に駆られる。

ある日チャーリーは自殺を図る。チャーリーの主治医は、チャーリーの症状には、チャーリーが過去にヘレンから受けた性的行為が影響していると指摘する。主治医はチャーリーの両親にこのことを話す。家族の献身的なサポートやサムからの手紙に支えられ、チャーリーは次第に回復する。

ある夜、サムとパトリックが、退院したチャーリーを訪れる。二人はチャーリーをドライブに誘い出す。街の夜景を背景に、車はかつて三人でドライブした道を走り抜ける。

Amazon 映画『ウォールフラワー』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    青春映画が好き。何かに悩んでいる時や自分の原点に戻りたいと思う時、観てしまう。
    原作者で監督でもある、スティーブン・チョボウスキーは、この映画を「君は一人じゃない、悩んでいるのは君だけじゃない」と伝えたくて製作したのだという。

    この映画には、逆境にも負けない心や淡い初恋、ドラッグへの興味など良い事も悪い事も詰まっています。主人公チャーリーの繊細さに触れる時、16歳に戻れちゃうかも。特にトンネルを車に乗り、3人で疾走するシーンは外せない!

    主人公の恋は友情で完結してしまうけど、それだって立派な恋だ。他人を思いやり、幸せを願う姿に熱くなります。ぜひ、80年代のUKロックを楽しみながら観て欲しい。

    主演3人の演技が素晴らしいが、特にエマ・ワトソンを覚えておきたい。短い髪でキュートな十代の少女を演じています。

  2. 匿名 より:

    この映画は、原作者スティーブン・チョボウスキーが自ら映画化した作品としても話題です。彼の書いた原作本は、アメリカ図書館協会の”最も頻繁に問題視される本10冊”にも選ばれており、高校などで授業にも使われているそう。

    原作者を投影している主人公の視点から、UKロックと愛読書をみていこう。カセットテープ、という今ではあまり聞きなれないアイテムが登場します。80年代に青春時代を過ごした人には分かると思いますが、好きな女の子に自分の好みの曲を選曲して贈るんです。

    きゃあ~懐かしい!こっぱずかしいものだけど、当時は流行っていたんですよ。この映画のサントラ盤には、主人公お気に入りの曲「ASLEEP」(ザ・スミス)が収録されています。80年代を知らない人にもぜひ聴いてみて欲しい。

    また最近、69歳で亡くなったデビット・ボウイのロック・バラード「HEROES」も収録されているのでマストな1枚になりそう。主人公の愛読書として劇中に出てくるのは、ハーパー・リーの「アラバマ物語」、そして「偉大なるギャッビー」。

    どちらも映画化されている、アメリカ文学の傑作です。主人公の思考を追いながら映画を楽しむのもおすすめです。

  3. 匿名 より:

    小説家志望の少年が、”壁の花”のようにひっそりと隠れる生き方から、友情と愛を体験し成長する物語です。これまでの青春映画と違うのは、主演3人の演技が素晴らしいこと!

    まず、主人公チャーリーを演じるローガン・ラーマン。「バタフライ・エフェクト」でアシュトン・カッチャーの少年時代を演じ、繊細な表現に定評があります。突飛な行動をしないので安心して観ていられるのがいい。

    次に義兄弟の兄パトリックを演じた、エズラ・ミラー。ゲイだが、明るい少年を軽快に魅せ、大きな可能性を感じさせます。「少年は残酷な弓を射る」(11)のケヴィン役でも存在感と悪童ぶりを魅せつけました。

    最後に妹サム役のエマ・ワトソン。「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で人気となり、子役から女優へ躍進を続けています。知的な印象の彼女が華やかなサム役には少し合わないのではと観る前には思っていたが、傷つきやすい内面を繊細に演じていて好感が持てます。

    元気でキュートなエマ・ワトソン!主人公ならずとも恋しちゃいそう。この映画の見どころは、3人が車に乗り、トンネルを疾走するシーン。ここに青春の全てが詰まっています。

    ”今夜はここにいて彼女を見てる・・美しい彼女を”そして”僕は無限だ!”と叫ぶのです!内向的で悩みがちな人にこそ観てもらいたい。