映画『ウォルト・ディズニーの約束』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ウォルト・ディズニーの約束」のネタバレあらすじ結末

ウォルト・ディズニーの約束の概要:大人気映画、「メリー・ポピンズ」の制作秘話を描いたヒューマン・ドラマ。ウォルト・ディズニーにトム・ハンクス、パメラにエマ・トンプソンというベテラン俳優陣で固めた名作。

ウォルト・ディズニーの約束の作品概要

ウォルト・ディズニーの約束

公開日:2013年
上映時間:126分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ジョン・リー・ハンコック
キャスト:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン etc

ウォルト・ディズニーの約束の登場人物(キャスト)

パラマ.L.トラヴァース (エマ・トンプソン)
名作、メリー・ポピンズの著者。ウォルト・ディズニーから実写化の話を持ちかけられるが、頑なな態度を見せる。
ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)
言わずと知れたディズニーの生みの親。次の映画としてメリー・ポピンズの実写化を考えている。
ドラヴァーズ・ゴフ(コリン・ファレル)
パラマの父。既に故人であり、その生涯はパラマにとって大きな影を落としている。

ウォルト・ディズニーの約束のネタバレあらすじ

映画『ウォルト・ディズニーの約束』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ウォルト・ディズニーの約束のあらすじ【起】

「メリー・ポピンズ」。長年人々に愛され続ける名作の著者が、パメラという女性です。パメラはメリー・ポピンズ以降長年執筆活動から遠ざかっており、流石にメリー・ポピンズで手に入れた財産も底をつこうとしていました。

そんな中、何とあのディズニーからパメラに対して、「メリー・ポピンズを実写化したい」と要望があったのです。かなり頑固な性格をしているパメラは自分の作品に人の手が入ることを嫌がり、当初は実写化を断ろうとしますが、彼女の財産管理なども担当している代理人に懇願され、渋々とウォルト・ディズニーと話をつける為にアメリカへと向かいます。

会社に到着したパメラをウォルト達はあたたかく迎え、話は本題へと入っていきます。しかし、彼女は実写化には同意したものの、やはり自分の作品を変えられることが我慢できません。その為パメラは、その内容の細部に至るまで、例えば主演男優を変更すること、アニメーションを使用禁止とすること、使用音楽についてなど細々と指示・管理してきたのです。

ウォルト・ディズニーの約束のあらすじ【承】

何故パメラがここまで頑なに自分の物語に介入されることを嫌がるのでしょうか。話はその秘密が隠された、彼女の幼少時代へと移り変わります。それは数十年前の、1907年のオーストラリアでのことでした。それまでの彼女は両親、そして2人の兄弟と共に幸せに暮らしていました。

彼女の父親は銀行に勤めていましたが、あまり根気強い性格とは言えず、次第にアルコールに溺れるようになってしまいます。増えるアルコールは仕事にも影響を及ぼすようになり、パメラ達の生活はどんどん困窮していきます。

ある日、そんな一家を見かねた母側の叔母が助けにやってきました。この叔母こそが、後にメリー・ポピンズのモデルとなる人物です。彼女は厳しくも、子供達に様々なことを教えていきました。彼女がきたことで滞っていた家の仕事も回り、家族は順調に動き出したように見えました。しかしその努力も虚しく、アルコールに汚染された父親の身体は、その生涯を終えるのでした。

ウォルト・ディズニーの約束のあらすじ【転】

時代は再び現代へと戻ってきます。ウォルト達と少しずつ信頼関係を築き始めていたパメラでしたが、ウォルトがこっそりと映画内にアニメーションを使用した事に大激怒します。事前に交わされていた「アニメーションを使用しない」という約束を反故にされたパメラは、そのままロンドンへと帰ってしまいました。

家政婦はそんなパメラに何も言うことか出来ず、家の中は重い空気が漂います。パメラが帰宅してから数時間後、そんなパメラの家の玄関先をノックする音が聞こえてきました。家政婦がドアを開けると、何とそこにはアメリカにいるはずのウォルト本人が立っていたのです。ウォルトはパメラに、腹を割って話そうと切り出します。

実はウォルトはこの映画がパメラの半生をテーマにしている事に気付いており、彼女が作品を変えられる事を嫌がっていた背景に、自分の父親を決して悪く書いて欲しくないという隠された願望がある事を見抜いていました。そしてウォルトは自分の幼少期の話をした上で、決して彼女の父親を辱めない事を誓います。ウォルトの言葉に心動かされたパメラは、再度契約書にサインを交わすのでした。

ウォルト・ディズニーの約束のあらすじ【結】

4年後、ようやく完成した映画「メリー・ポピンズ」が、ロサンゼルスにあるチャイニーズシアターでワールド・プレミアを迎える事となりました。会場にはウォルト達製作陣、そして天才ウォルト・ディズニーの新作を見ようと多くの報道陣が詰めかけていました。しかし、そこにパメラの姿はありません。

実はウォルトは、”彼女はこういった事に興味がないから、どうせ呼んでもこないだろう”と招待状をパメラに送っていなかったのです。一方のパメラは、その事を心の何処かで気にしつつも、元々の意地っ張りな性格故それを口にすることはありませんでした。しかし、そんなパメラを家政婦が叱責します。家政婦に背中を押され、パメラは1人、ワールド・プレミアに乗り込みました。

思いがけないパメラの訪問に驚くウォルトでしたが、直ぐに彼女に席を用意します。そして映画が始まりました。そこには彼女の書いた物語が、彼女の半生がありのままに、ディズニーの得意な魔法がかかったような世界観で過ぎていきます。そして彼女の心の中に永遠に残る父親の姿に、パメラはそっと涙するのでした。

Amazon 映画『ウォルト・ディズニーの約束』の商品を見てみる