映画『嗤う伊右衛門』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「嗤う伊右衛門」のネタバレあらすじ結末

嗤う伊右衛門の概要:貧乏浪人の伊右衛門は、病で顔が崩れた民谷の娘、岩を嫁に貰い民谷家を継ぐ事になった。以前より岩を狙っていた伊藤は、策を弄して夫婦を離縁させる。四谷怪談をベースに、深い愛と復讐を描いた愛憎劇。

嗤う伊右衛門の作品概要

嗤う伊右衛門

公開日:2003年
上映時間:128分
ジャンル:ラブストーリー
監督:蜷川幸雄
キャスト:唐沢寿明、小雪、香川照之、池内博之 etc

嗤う伊右衛門の登場人物(キャスト)

民谷伊右衛門(唐沢寿明)
落ちぶれた武士の家柄で浪人。貧乏であばら家住まい。心意気は武士。今までに一度も笑った事がない。無口で不愛想。民谷家へ婿に入る。
民谷岩(小雪)
疱瘡のせいで、右側の顔に醜い痕が残っている。左側は美しい女。民谷家の1人娘。武士の娘らしく気丈で清廉。
又市(香川照之)
鈴を鳴らし魔よけの札などを売り歩く御行。民谷家に伊右衛門を紹介する。
民谷梅(松尾玲央)
薬種問屋の娘。民谷家に養女として迎えられ、岩の代わりに喜兵衛に輿入れさせられた。
伊藤喜兵衛(椎名桔平)
四谷左門殿町の御先手鉄砲組与力。町娘を攫っては手籠めにする色狂い。

嗤う伊右衛門のネタバレあらすじ

映画『嗤う伊右衛門』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

嗤う伊右衛門のあらすじ【起】

伊右衛門は元々、武士の家柄の出であったが、没落後はあばら家に住む貧乏浪人である。
心意気だけは未だ、武士然としているが、過去の出来事により今まで一度も笑った事がない、憮然とした男だった。

そんな伊右衛門の元に、御行の又市から婚姻の話が舞い込む。
四谷左門町の御先手御鉄砲組の同心、民谷家の1人娘に婿を取らせたいという話だった。民谷家の1人娘、岩は疱瘡の病で右側が爛れ、崩れている醜い顔をしていたが、伊右衛門はそれでも良いと婿へ入る。民谷家当主は岩と結婚して婿に入るならば、家名を譲ると断言した。

画して、伊右衛門は岩を嫁に迎え、民谷家の家名を継いだ。
岩は気丈で清廉な娘だった。顔の崩れがなければ、若く美しく器量の良い女。
対して、不器用で不愛想な伊右衛門は言葉少なに、ただただ謝るばかり。岩にはその謝罪が気に食わない。醜い顔を見て申し訳ないと、言われているような気になるのだった。

そんな折、民谷家当主である岩の父親が倒れる。父親は亡くなる前に、伊右衛門へ注意を促した。御先手鉄砲組与力の伊藤喜兵衛が、以前より岩を狙っていると言う。伊藤喜兵衛には良い噂が無く、町の女を攫っては手籠めにしているという話だった。

嗤う伊右衛門のあらすじ【承】

父親亡き後、夫婦は黙々と暮らしていたが、互いの不満をぶつけあい口論となる。伊右衛門は思わず妻を平手打ちしてしまうが、彼女の言葉を聞いて心を入れ替える事にした。

ある日、伊藤喜兵衛の命により屋敷を訪れた伊右衛門。彼は喜兵衛に妻の岩が、噂通りの悪妻かどうかを質される。しかし、伊右衛門は自分が至らぬせいだと語った。
そこへ、梅という娘が茶を運んで来る。喜兵衛の話では、梅は岩の義理の妹だと言う。薬種問屋の娘を岩の父親が養女として迎え入れ、岩の代わりとして喜兵衛に輿入れさせたらしい。その事は娘の岩にも知らされていなかった。

喜兵衛の屋敷で酒を馳走になった伊右衛門は、梅の誘いを断って帰宅。
名残惜し気に伊右衛門を見送る梅だったが、喜兵衛に嘲られて組み敷かれる。彼女は喜兵衛の子供を腹に宿していたが、望んで男の元にいるわけではなかった。

そんなある日、伊右衛門が仕事でしばらく家を空ける事になった。夫は妻に優しい言葉をかけ出掛けて行った。
ひと月後、喜兵衛に呼び出されて屋敷を訪れた岩。そこで喜兵衛に伊右衛門が、別の女の所にいるという話を聞かされる。女に夢中となり、仕事も疎かになっているらしい。
俄かには信じられない岩だったが、彼女は真面目な夫が別の女に夢中になるのは、自分が至らぬからだと言った。
喜兵衛は岩に夫と別れるよう促す。すると彼女は、伊右衛門の元の名前、境野を名乗らせ今の家と仕事を、夫に残して欲しいと言う。そうしてくれるならば、夫と別れると話した。

嗤う伊右衛門のあらすじ【転】

半年後、堀で夜釣りをしていた伊右衛門。そこで、以前住んでいた家の隣人と出会う。彼は妹亡き後、姿を消していたのだ。伊右衛門は春に生まれたという、赤ん坊を腕に抱いていた。赤ん坊を自分の子供だと言う。
隣人は自分の雇い主だった医者を刺殺して来たらしい。妹の仇を晴らしたのだと言う。だが、まだもう1人、仇が残っている。伊右衛門は一先ず、隣人を自分の屋敷で匿う事にした。

伊右衛門の屋敷には梅がいた。屋敷で一息ついた隣人は、訥々と事情を話し始める。
喜兵衛は医者と画策し、隣人の妹を手籠めにしたのだった。武家に逆らうなかれと手紙を添えて。隣人は仇を打つべく、顔の皮を剥ぎ伊右衛門の下男として働く事になった。

伊右衛門と別れた岩は、1人寂しく内職をしつつ暮らしていた。
雪の降る日、岩の元に又市が訪ねて来る。彼は彼女を憐れに思い、元夫が後添えを迎え幸せに暮らしている事を知らせるが、岩は笑顔でそれを祝福。しかし、彼女は笑顔の下で悲しみと寂しさを抱える。

冬が過ぎて夏。岩は伊右衛門の家をこっそりと覗きに行った。幼い赤子をあやす梅に見つかり、隠れるように逃げる岩。突然の雷で土砂降りになる中、逃げる岩を下男が止めて声をかけた。そこで岩は、伊藤喜兵衛の策略を知る。

その後更に、下男によって梅との関係を知らされる岩。喜兵衛の策略が明らかになった。岩と伊右衛門は喜兵衛に騙されていたのだ。岩は伊右衛門の苦難に憤る。しかも、伊右衛門は民谷の血筋を絶やすまいと、その苦難に耐えている。岩の幸せは伊右衛門の幸せ。だが、岩に捨てられた伊右衛門は幸せに見えて、実は幸せではなかったのだ。
岩は乱心し、叫びながら家を飛び出した。

嗤う伊右衛門のあらすじ【結】

堀で赤子をあやしつつ、夜釣りをしていた伊右衛門。そこで、岩の姿を見たような気がして彼女を探す。姿を現した岩は恨めしやと呟きながら、伊右衛門と抱き合う。2人は心から互いを愛していた。愛していたが、別れざるを得なかった。短い逢瀬の中、伊右衛門は岩に1人では逝かせぬと呟く。

ある日の朝、民谷家の赤ん坊が死体となって発見された。赤子を抱いて、涙を見せる伊右衛門の前に喜兵衛が現れる。奴は伊右衛門に岩を殺せと命じていた。伊右衛門は子供の弔いを終えたら、決着をつけると宣言した。

蚊帳の中に大きな衣装箱が置いてある。伊右衛門はその上に座して瞑想。顔色は青白く、死人のようだった。梅は伊右衛門の元に残りたいと言い、岩が羨ましいと泣く。
そこへ、喜兵衛がやって来た。伊右衛門と問答の末、踵を返した喜兵衛に下男が襲い掛かるが、下男は騎兵に斬られ命を落とす。

何があっても蚊帳から外へ出ない伊右衛門だったが、その中から梅を刺殺。赤子を殺したのが梅だったからだ。そこで、初めて蚊帳の外へ出て来た伊右衛門は、一瞬にして喜兵衛を斬る。そうして、息も絶え絶えの男を介錯した。
血塗れの伊右衛門は、民谷の亡父に語り掛ける。岩は俺が貰った。
伊右衛門はそう呟いて不気味に嗤った。

1年後、荒れ果てた民谷の家に若者が訪れる。若者は民谷の遠縁だと言う。弔いに来ていた又市は青年を連れて中へ。そこには、伊右衛門が決して離れず、座していた衣装箱があった。又市と青年は衣装箱を開けた。中には蛇と鼠が溢れんばかりに入っている。その途端、男女の笑い声が屋敷中に響き渡る。
蛇と鼠が逃げ出した後には、寄り添う伊右衛門と岩の亡骸が入っていた。こうする事で、2人の愛は永遠となったのだった。

Amazon 映画『嗤う伊右衛門』の商品を見てみる