映画『ウォーターワールド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ウォーターワールド」のネタバレあらすじ結末

ウォーターワールドの概要:USJのアトラクションとしても長年愛されている『ウォーターワールド』。地球温暖化により全てが海に沈んだ世界で、唯一残った陸地である『ドライランド』を目指すアドベンチャー作品。

ウォーターワールドの作品概要

ウォーターワールド

製作年:1995年
上映時間:135分
ジャンル:アドベンチャー
監督:ケヴィン・レイノルズ
キャスト:ケヴィン・コスナー、デニス・ホッパー、ジーン・トリプルホーン、ティナ・マジョリーノ etc

ウォーターワールドの登場人物(キャスト)

マリナー(ケヴィン・コスナー)
突如、人工都市『環礁』に現れた男性。実は人間ではなく、新種族であるミュータント。ふとしたことから、ドライランドを求める旅に参加することになる。
ディーコン(デニス・ホッパー)
略奪者集団『スモーカーズ』の首領。ドライランドへの手がかりであるエノーラを狙っている。
ヘレン(ジーン・トリプルホーン)
エノーラを自分の子供のように可愛がっている女性。マリナー達と共に、ドライランドを探し求める。
エノーラ(ティナ・マジョリーノ)
伝説の陸地、ドライランドへの地図を、刺青として背中に刻まれた少女。天真爛漫な性格。

ウォーターワールドのネタバレあらすじ

映画『ウォーターワールド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ウォーターワールドのあらすじ【起】

ここは未来の地球。なんと、未来の地球では地球温暖化により陸地が全て海中に沈んでいた。人々は環礁と呼ばれる人工的な陸地を作り上げ、そこでなんとか生活を営んでいた。しかし、そんな彼らに伝わるとある噂があった。それは、まだ海に沈んでいない、『ドライランド』がこの世のどこかにあるという噂だった。

そんな時、環礁に一人の男がやってきた。その男の名前はマリナー。マリナーは一人で世界中を旅しており、その旅の途中で得た物で環礁の人々に物々交換を申し出た。しかし、その時誰かがマリナーの耳の後ろにエラがついていることに気がついた。未来の地球では、新種人間、ミュータントと呼ばれる存在が誕生していた。そして、マリナーもそのミュータントの一人だったのである。

人々はミュータントを恐れ、マリナーに襲いかかる。そして、マリナーを狭い牢獄の中に閉じ込めてしまうのだった。しかし、そんな時だった。環礁に、招かれざる客がやってきた。それは、略奪者集団、『スモーカーズ』だった。

ウォーターワールドのあらすじ【承】

スモーカーズの狙いは、環礁に暮らす少女、エノーラだった。実は、エノーラの背中には、ドライランドへの地図が刺青されていたのだった。そして、スモーカーズもまた、ドライランドを目指していた。そのため、スモーカーズはエノーラを捕らえようと環礁にやってきたのだ。

しかし、環礁の人も簡単にエノーラを手渡しなどはしない。人々はスモーカーズに応戦するが、凶暴な力を持つスモーカーズは、次々と環礁を破壊していくのだった。

未だ牢に繋がれたままのマリナーの前に、二人の人物が立ちはだかる。その人物はエノーラと、エノーラを我が子のように可愛がってきたヘレンという女性だった。二人は、マリナーにとある提案を持ちかける。マリナーをここから逃がす代わりに、自分達と共に環礁を脱出する、というものだった。マリナーはその提案を飲み、3人はなんとか環礁を脱出するのだった。その際、3人はスモーカーズのボスであるディーコンに深手を負わせるのだった。

ウォーターワールドのあらすじ【転】

ディーコンはマリナー達によって片目を失い、3人に復讐を誓う。その頃、3人は広い大海原を航海していた。そんなマリナー達に、ディーコンの手の者が次々と襲いかかる。なぜ自分達がこうも襲われるのか、マリナーは事情を知らずにいた。エノーラの刺青が原因であることを知れば、マリナーはエノーラを切り捨てると思い、ヘレンが伝えていなかったためだった。

しかし、マリナーはある時真実を知ってしまう。そして、ドライランドなどこの世のどこにもないということを、ヘレンとエノーラに冷たく言い放つのだった。そんな時だった。再びディーコン一味が彼らの前に現れる。そして、とうとう、彼らはエノーラを拉致してみせたのだった。

そして、マリナーの船も焼かれてしまい、ヘレンとマリナーは窮地に立たされる。そんな時助けに現れたのが、まだ数人生き残っていた環礁の仲間だった。彼らはあの戦いをなんとか生き延び、気球に乗ってここまでやってきたのだった。

ウォーターワールドのあらすじ【結】

ここで、予想外の行動をとったのはマリナーだった。マリナーは旅の始め、エノーラを鬱陶しく思っていたにも関わらず、真っ先に彼女を助け出すために動き出したのだった。無邪気なエノーラと触れ合っているうちに、長く一人だったエノーラの冷たい心が溶かされていたのだ。

そして、エノーラもまた、マリナーが助けに来てくれると信じていた。マリナーはディーコン達のいる場所へ向かうと、激しい爆発を起こし、その隙にエノーラを助け出したのだった。そして、戦いの最中とうとうディーコンは命を落とす。

一方、エノーラを助け出したマリナーは、エノーラの背中の刺青を見て、その謎を解いたのだった。そして、彼らはドライランドへと向かう。その地図の示す場所に、確かにドライランドは存在した。一行はドライランドの実在に喜ぶが、マリナーだけは戸惑いを隠せずにいた。彼は只の人間ではなく、新種の人間、ミュータントである。そんな彼の身体は、最早陸地には馴染めなくなっていたのである。そうして、皆をドライランドへと導いた英雄は、一人海の中に帰っていくのだった。

この記事をシェアする