『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2014年のアメリカ映画、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の続編。監督はアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ、出演は前作に続きクリス・エヴァンス。

あらすじ

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』のあらすじを紹介します。

夜明け前の街をひとり黙々とランニングする男の横を“左から失礼”と言いながら追い抜いていく。そしてまた左から失礼・・そしてまた左から失礼、3度も追い抜かれた男はようやく相手がキャプテン・アメリカことスティーヴ・ロジャースだと気付いた。この時代にまだ慣れないというキャプテンに男はサムと名乗り、マービン・ゲイの1972年“トラブル・マン”1枚で全てが分かるさとアドバイスする。それを律儀にメモするキャプテンのもとに緊急任務の一報が入り相棒のナターシャが迎えに来た。

インド洋にてシールドの船“レムリア・スター”が海賊たちに乗っ取られた。敵は25人、首謀者はフランスの元工作員G・バトロック要求は15億ドル。キャプテン達は対作戦部隊S.T.R.I.K.Eと共に救出作戦を行った。人質は救出できたもののナターシャが合流しない、バトロックと戦っていたキャプテンはデータの抜き取り作業をしているナターシャを見つけ長官に抗議に行く。どうして騙したと詰め寄るキャプテンにナターシャは人質救出ではない別の任務だったのだと答える。互いに信頼してこそ軍隊は機能するのだと言うキャプテンに長官はある場所についてくるように促した。

そこは“インサイド・ベイ”インサイト計画の拠点だった、スタークが旧型のヘリキャリアを改良して作った新型ヘリキャリアと衛星をリンクした防衛システムを構築するのだという。キャプテンには話さなかったが長官はこの計画に疑問を持っていてナターシャに情報を収集させていたのだ。長官はピアーズの元に行き計画の延期を願い出てこれを了承されるも謎の集団に襲撃されてしまうのだった。

評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2014年4月19日
  • 上映時間:136分
  • ジャンル:アクション、SF
  • 監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
  • キャスト:クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、コビー・スマルダース etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

誰も信用するな

フューリー長官は謎の集団に襲撃された後キャプテンの部屋へ潜伏します。それをかぎつけた敵にフューリー長官は重傷を負わされますがその時キャプテンにUSBメモリを渡しながら“誰も信用するな”と言い残します。現代の生活・価値観、そしてスパイの世界に馴染めないキャプテンは困惑しますが長官の最後の言葉を肝に銘じた彼はピアーズの要求を跳ね除け逃亡犯として追われるようになります。

隣の部屋の綺麗な看護師の女性はキャプテンの護衛を任されたシードのエージェントだったり長官が実は・・・と色々どんでんがえしがあって楽しませてくれます。

ヒドラの作戦

死んだと思われていたドイツの科学者アーニム・ゾラは1972年に不治の病にかかってしまいます。そのため天才的な頭脳を救うため6万mに及ぶテープに移したのです。ゾラはヒドラの計画を邪魔する者・将来そうなる可能性のあるものを見つけ出すプログラムを作りだしました。そのプログラムを使って見つけた者を殺すためのシステムがインサイト計画だったのです。ヒドラは“人類に自由は委ねられない”という信念のもとに活動し、人類が自ら安全と引き換えに自由を手放すことを選択させるためにこのような計画を立てたのです。

まとめ

ヒーローが派手に活躍するだけの映画だと思っていたのにキャプテン・アメリカことスティーヴ・ロジャースの葛藤が丁寧に描かれていてキャプテン・アメリカの世界観にすんなり入る事ができました。彼の価値観は純朴で人を信用する古き良き時代のままなのに周りはそうではないという危うさ、そしてフューリー長官の“誰も信用するな”という言葉を肝に銘じて変わっていくように見えて敵となった幼馴染であり親友のバッキーを信頼し続けるという一途さに心打たれます。

クレジットが流れたあとその続編を感じさせるシーンがながれますが2016年に続編が公開される予定のようなので今からとても楽しみです。(ちなみにそこで不思議な物体が映りますがアベンジャーズのロキの杖なのだそうです。)

Amazon 映画『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』の商品を見てみる

関連作品

次作 シビル・ウォー キャプテン・アメリカ
前作 キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー