女性アクション映画のおすすめランキング10選

闘う最強の女性アクション映画を観て、スカッとしませんか?女性なら共感し、男性なら憧れる女性アクション映画。何度も不死身のように甦り、どんな困難にも負けない!そんなおすすめ10作品をランキングで紹介します。

女性が主役の映画って、意外に少ないのですが、ランキングで紹介するのは、タイトルを見ただけで主人公の名前が浮かんでくる作品です。過去に1度観た事がある作品でも、今見直すと元気&勇気が湧いてきますよ。

例えば、「バイオ・ハザード」シリーズのアリスや「エイリアン」のリプリーなど不死身のヒロインが大活躍!恋愛や絆の深さを描いた物語にも心揺さぶられるハズ。時代は強い女性を必要としているのかも。

アクションだけでなく、ファッションにも注目です。遠い宇宙じゃなくても、日々闘い続ける女の子達へ。世界を変えるのは私。

第1位 バイオハザード

注目ポイント&見所

アリス役のミラ・ジョボビッチ主演のゾンビ・ホラー・アクション。初めて観た時の衝撃が忘れられない!現在までにシリーズ5作が作られているが、第1作目がおすすめ。ゾンビの大群にギョッとするけど、何故か笑えるのがいい。
なによりも、ミラのアクションにキレがあって何体ゾンビが現れようと大丈夫。ゲームや脱出劇が好きな人なら間違いなくハマるでしょう。ミラ以外にも、レイン役を演じるミシェル・ロドリゲスのアクションも爽快でかっこいい!
少し気持ち悪いシーンもあるので注意。シリーズ6作めも楽しみ。

⇒バイオハザードのあらすじとネタバレ感想

第2位 エイリアン

注目ポイント&見所

航海士リプリー役、シガニー・ウィーバー主演のSFアクション。宇宙船ノストロモ号で唯一生き残ったリプリーの不死身な活躍が見どころ。リドリー・スコット監督の映像美と異世界を舞台にした物語に魅了されます。
強いリプリーに憧れる女の子も多い。ホラーとしてよりもSFとして観ると、宇宙船のデザインなど凝っていて楽しめます。心理的な恐怖と緊張感にノック・アウト寸前!ぜひ大画面で体験して下さい。
「エイリアン」シリーズは4作まで作られ、それぞれ監督が違うのでその違いも含めて観ると面白い。

⇒エイリアンのあらすじとネタバレ感想

第3位 ターミネーター2

注目ポイント&見所

サラ・コナー役、リンダ・ハミルトン主演のSFアクション。未来から来たターミネーター(T-800)と共に戦い、息子ジョン・コナーを守るという物語。ターミネーターの活躍も面白いが、サラの母性愛と強さに痺れます。
精神病棟からの脱出シーンや親子の再会シーンなどが見どころ。息子ジョン役のエドワード・ファーロングのイケメンぶりも素敵。「ターミネーター」シリーズは、テレビドラマを含めると6作が作られています。
最新作「ターミネーター 新機動(ジェネシス)」が2015年7月から公開中です。

⇒ターミネーター2のあらすじとネタバレ感想

第4位 トゥームレイダー

注目ポイント&見所

ララ・クラフト役、アンジェリーナ・ジョリー主演の冒険アクション。失踪した父の行方を探すなかで、古代の秘宝を見つけ、父との絆を取り戻す物語。世界各地を飛び回り、華麗なアクションが見どころ。
アレックス役で、007のボンドを演じるダニエル・クレイグとの共演にも注目して下さい。またロボットと格闘するシーンではコミカルな演技が笑えます。アンジェリーナの演技は、低評価なのですが、人気ゲームが原作とあって物語のスリルあふれる展開&アクションが見逃せない!
アンジェリーナのファンでなくても一見の価値があります。

⇒トゥームレイダーのあらすじとネタバレ感想

第5位 シン・シティ 復讐の女神

注目ポイント&見所

「デスペラード」(95)のロバート・ロドリゲス監督が描く「シンシティ」、9年ぶりの新作。復讐をテーマに前作と同様、モノクロとカラーの組み合わされた独特の映像美で魅せます。ハードボイルドなアクションが見どころ。ナンシー役のジェシカ・アルバなど前作からの配役でぐいぐい引きつけます。
前作「シンシティ」と併せてご覧下さい。タランティーノ監督作など”オタク映画作家”が好きな人なら観てソンはないでしょう。前作ほどの勢いはないものの、熱くなれる作品。エバ・グリーンの演技にも注目して下さい。

⇒シン・シティ 復讐の女神のあらすじとネタバレ感想

第6位 キル・ビル

注目ポイント&見所

パルプフィクション」(94)のクィンティン・タランティーノの監督によるアクション映画。日本趣味が随所に散りばめられ、変な日本語も飛び交う世界。ユマ・サーマンのコミック的カッコよさにやられます!オタク映画として、楽しむべし。ユマ・サーマン以外では、ルーシー・リューの演技にも注目。
日本人では、栗山千明が参戦!日本文化のごった煮と美しい女性たちのアクションが見どころ。”やっちぃまいな!”の掛け声1つで世界が暴力と血に染まります!スカッとした気分になりたい時、おすすめ。

⇒キル・ビルのあらすじとネタバレ感想

第7位 フィフス・エレメント

注目ポイント&見所

「レオン」(94)のリュック・ベッソン監督が描く近未来SF。地球を救うヒロイン・リールー役をミラ・ジョボビッチが美しく演じています。共演は、ゲイリー・オールドマンやブルース・ウィルスなどとても豪華。ビルから飛び降りるシーンは何度観ても気持ちがいい。ポップでスタイリッシュな映像美にも注目。
単純に笑えて楽しめる作品です。ヒロイン・リールーの存在感や際立つ美しさなど見どころがいっぱい。激しく闘うというよりも華麗に舞っているかの様です。リュック・ベッソンの世界に酔える1作。

⇒フィフス・エレメントのあらすじとネタバレ感想

第8位 ダイバージェント

注目ポイント&見所

「ダイバー・ジェント」とは、”異端者”の意味。主人公ベアトリスは、性格で5つのグループ、”勇敢・無欲・平和・高潔・博学”に分けられる儀式で、5つに属さない”異端者”に選ばれてしまう。生き残りを賭けて、勇敢のグループに入り名前もトリスと変え闘う物語。トリスを演じる、シャイリーン・ウッドリーの演技に注目。
またフォー役のテオ・ジェームズがイケメンで人気急上昇中。ライトノベルや「ハンガーゲーム」が好きな人におすすめ。ケイト・ウィンスレットの悪役もいい。

⇒ダイバージェントのあらすじとネタバレ感想

第9位 キック・アス ジャスティス・フォーエバー

注目ポイント&見所

「X-MEN:ファーストジェネレーション」(11)のマシュー・ボーン監督が人気コミックを映画化した「キックアス」の2作目。主人公デイブの前に現れたヒットガールを演じるのが、クロエ・グレース・モレッツ。1作目では幼い少女だが、2作目では本格的に活躍を始めます。少女の成長とアクションが見どころ。クロエのかわいさにハマる人が続出なんです!
共演者は、ニコラス・ケイジ、アーロン・ジョンソンなど。観ると、何の才能がなくてもヒーローになれるような気がするから不思議。「キック・アス」の1作目も併せてご覧下さい。

⇒キック・アス ジャスティス・フォーエバーのあらすじとネタバレ感想

第10位 チャーリーズ・エンジェル

注目ポイント&見所

ドリュー・バリモアが主演&製作した、元気な女の子ムービー。3人のエンジェルを演じる、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、そしてルーシー・リューのキュートでおバカな魅力全開です!アクションのセンスはなんとも言い難いが、徹底して笑えるシーンが多くて楽しい。やっぱり元気な女の子が世界を回すのです。3人のボス、チャーリーの正体も誰なのか気になりますね。
物語の筋は気にせず、3人の女の子パワー&アクションに癒されて下さい。元気になりたい時、思いっきりはじけたい時におすすめ。

⇒チャーリーズ・エンジェルのあらすじとネタバレ感想

まとめ

関連ランキング

アクション映画のおすすめランキング21選(洋画)
面白いアクション映画のおすすめランキング10選
バイクアクション映画のおすすめランキング12選
ガンアクション映画のおすすめランキング10選

⇒ランキング一覧はこちら