『タイタンの逆襲(2012)』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2012年のアメリカ映画、2010年「タイタンの戦い」の続編。監督は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマン、出演は前作に引き続きサム・ワーシントン。

あらすじ

タイタンの逆襲(2010)』のあらすじを紹介します。

妻イオは死に息子ヘレイオスと2人で漁師として暮らしていたペルセウス。息子は善い神になりたいと父親に言うがそんな神はいない、人間として暮らしてくんだと諭していた。

そんなある日のこと突然ゼウスが会いにやってきた、“助けが欲しい”と。人々が神に祈らなくなったせいで力が弱まりタルタロスの壁が崩れ始めていたのだった。壁が崩れてしまうとタイタン(巨神)であるクロノスが甦り世界は地獄と化してしまう、だから力を貸してくれと頼むゼウスにペルセウスは息子のそばにいたいからと断ってしまう。

結局ゼウスはひとりでポセイドンと息子アレスの元へと行きタルタロスの壁へと向かった。途中ハデスと会い壁への道を開けてほしいと頼むがハデスとアレスは突如反旗を翻しポセイドンがやられゼウスは捕まってしまう。

その頃突如現れたキメラに村が襲われていた、ペルセウスは隠していた剣と鎧を身につけ応戦し何とか倒した。どういう状況なのか知るため息子を連れ神殿に行きゼウスを呼びだすがやってきたのは傷ついたポセイドンだった。ポセイドンはアレスとハデスが寝返ったためゼウスが捕まっている事、自分の息子半神アゲノールと共に堕ちた神ヘパイストスを探し出せと言い残して砂となり消えてしまった。

ペルセウスはアゲノールを探しにアンドロメダが治める国へと向かうのだった。

評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2012年4月21日
  • 上映時間:99分
  • ジャンル:アクション、ファンタジー
  • 監督:ジョナサン・リーベスマン
  • キャスト:サム・ワーシントン、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ、エドガー・ラミレス、トビー・ケベル etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『タイタンの逆襲(2012)』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

肉親同士の争い

タルタロスに囚われている巨神クロノスはゼウス・ポセイドン・ハデスの父親です。クロノス自身が父ウーラノスを倒して王権を奪取しており、自らもまた子どもによって殺されると予言されたクロノスは子どもが生まれる度に飲み込んでいたのです。それを唯一免れたのがゼウスであり、子ども達(つまり兄・姉達)を助け出しクロノスをタルタロスに幽閉したことでゼウス達の時代がやってきたのです。

だが騙されて冥界を治める事になったハデス、ペルセウスばかり気にかける父親に激怒し嫉妬していたアレスはゼウスを裏切りクロノス側についてしまいます。肉親同士の争いは太古の昔からずっと続いているのです。

堕ちた神ヘパイストスとは

ヘパイストスとは炎と鍛冶の神で神々の武器を作る神です。物語の中でもゼウス・ポセイドン・ハデスの槍を作ったとされ、この3本の槍を組み合わせた“三重の槍”だけがクロノスを倒すことができる武器なのです。何故堕ちた神かというと以前ゼウスに逆らってハデスについたために追放されたのです。ヘパイストス曰く“昔のハデスはやさしく賢明な人物でゼウスは権力欲の塊だったため”ハデスに味方したのだそうです。

実はこの神はゼウスとヘラの第1子というすごい神様なのですが、醜い容姿のため疎まれ続けるという不遇な神です。

まとめ

タルタロスから出てきたクロノスの存在感が圧倒的すぎて人間がちっぽけで無力な存在に見えました、これが神の目線なのでしょうか。スケールの違いにあんぐり口を開けるしかない兵士たち、気がつけば自分も同じ顔をしていました。神話を視覚化するとこんなにも壮大なお話しなんだと改めて気づくことができます。

最後まで緊迫した雰囲気で物語が進んでいきますが唯一ツンデレなペガサスが笑いを誘ってくれます。前作にも登場した黒いペガサスは飛び方が下手になっていてペルセウスに“まっすぐに飛べ、かっこよく!”と言われてます、確かにものすごくフラフラです。しかもペルセウスにはツン!なのに息子のヘレイオスにはあっという間に懐いたのをみて“俺には冷たい”と呟くのも人間味あふれていていいです。

Amazon 映画『タイタンの逆襲(2012)』の商品を見てみる

関連作品