映画『ヤコブへの手紙』あらすじネタバレ結末と感想

ヤコブへの手紙の概要:2009年制作のフィンランド映画。死刑囚として服役していたレイラが恩赦で釈放となった後、盲目のヤコブ牧師が日課にしている手紙の返信の手伝いをするため田舎村に行き過ごす物語。

ヤコブへの手紙 あらすじネタバレ

ヤコブへの手紙
映画『ヤコブへの手紙』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ヤコブへの手紙 あらすじ【起・承】

レイラは死刑囚である。
しかし恩赦により急遽明日出所となった。
身寄りは姉だけであったが、レイラは出所後姉のところに行く予定は無い。
署長の薦めで、レイラは田舎村のヤコブ牧師のところでお世話になることにした。

ヤコブ牧師は盲目であり、一人で暮らしていた。
様々な場所から牧師宛に相談の手紙が届き、それに返信するのが日課。
しかし彼は目が見えなくなってしまっているので、今までは近所のお婆さんに頼んでいたという。
しかし彼女は老人ホームが決まり去っていった。
レイラの仕事はこの手紙を読むことと、返信することである。
ヤコブに送られてくる手紙は些細な悩みから大きなものまで色々。
彼はそれに丁寧に返信していた。

この村の郵便配達員がいつも手紙を届けに来る。
しかし死刑囚が転がり込んだということで、レイラを不審に思っていた配達員。
ある夜ヤコブの様子を確認しようと家にはいったところを、レイラに泥棒だと勘違いされ追い出される。
このことで揉めた二人。
翌日から手紙が届かなくなった。

ヤコブへの手紙 あらすじ【転・結】

ヤコブは手紙を読むのが楽しみだった。
しかし届かなくなったことで元気を無くしていく。
あまりに弱ったヤコブを見てレイラは出ていこうと決心をする。
そして荷物を持ちタクシーを呼んだ。
だがレイラはやはり出て行くことができなかった。

レイラがまだいてくれた事を素直に喜ぶヤコブ。
それを見たレイラは配達員に手紙を届けない理由を聞いた。
しかし配達員はただ手紙が届かないのだという。
ヤコブの容態は良くなかった。
手紙が生きがいだったのに急に無くなってしまったのだ。

その様子を気にかけたレイラは手紙が届いたことにして、適当に話を作る。
しかしヤコブにはそれが嘘だとばれてしまう。
もう部屋に入るというヤコブにもう1通相談の手紙が来ていると言う。

「私には姉がいる。その姉の旦那は暴力を振るう人間だった。
ある日姉の家に遊びに行った時、姉はいつものように旦那に殴られていた。それも執拗に。許せなくなった私は思わず刺した」
という内容だという。
ヤコブは聞いた。
「差出人はレイラか?」と。
許してくれるかと聞くレイラに
「人間は無理だが神は出来る」と答えた。

そして部屋に入ると何かを持ってきた。
それはレイラの姉からの手紙だった。
自分のせいで殺人犯になった妹を心配しヤコブに長い間相談してきた姉。
ヤコブはそのことを知ってレイラを受け入れたのだった。
その事実に涙するレイラ。

その後ヤコブは役目が終わったかのように静かに亡くなった。
葬儀の手順が済んだ後、レイラは姉に会いに行こうと決めた。

ヤコブへの手紙 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:75分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:クラウス・ハロ
  • キャスト:カーリナ・ハザード、ヘイッキ・ノウシアイネン、ユッカ・ケイノネン、エスコ・ロイネ etc

ヤコブへの手紙 批評・レビュー

映画『ヤコブへの手紙』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

75分の短さが抜群

この物語は難しい。
場所は変わらず田舎村のある一件の家だけ。
ここを舞台に風景はあまり変わらず最後までいく。
最初の30分はどうなることやらいやな予感がした。
絶対に暗くてつまらないだろうと。
しかしタイトルの「ヤコブへの手紙」の意味がわかった時、その気持ちは失せる。
なんて奥の深い人間の話なのだろうと思った。

75分がこの映画の限界である。
これより長いとつまらない感が募り、飽きる。
しかしこれより短いとよくわからない。
映画で75分というのは中々短い方であろう。
内容にマッチするちょうど良い時間を計算した結果、作品の本当の意味がきちんと描けていたように感じる。

ラストの決意のわかりにくさ

最後、ヤコブ牧師が亡くなった時、ここでレイラが姉に会いに行こうと思ったかどうかのはっきりした描写が今でもわからない。
しかしきっと思ったはずである。
もう少しわかりやすいエンディングにすると内容がカッチリはまった感じがする。
わかりにくいラストに芸術性を持たせるだけが作品では無いのだ。

タクシーに乗った演技

初めてレイラの感情の波がわかるシーン。
それがヤコブの家から出て行こうとタクシーを呼んだ時である。
タクシーの中で出て行こうか止めようか、それを悩んでいる演技は絶品だ。
人は悩むとき、少なくとも私はこのようになるなと思った。

このシーンで映画の質が変わった。
ここから本格的に心を攻める作品になっていくのだ。
意味のある重要なシーンの1つである。

ヤコブへの手紙 感想まとめ

フィンランドから届いたタイトルも雰囲気も暗い映画、そんなイメージで鑑賞した作品であった。
しばらくは「やっぱり思った通り」という思いに駆られたが、中盤を過ぎたあたりから目が離せなくなる。
思った以上に内容の濃い人間くさい作品だったのだ。

神に仕えていても人間は平等なのかもしれないと思う人間ドラマ。
制作者側がそこまで考えていたかどうかは知らないが、人間の真実と嘘の意味合い、役割など独特な世界観を見せてくれた映画であった。

Amazon 映画『ヤコブへの手紙』の商品を見てみる