『山猫は眠らない3 決別の照準』あらすじとネタバレ映画批評・評価

山猫は眠らない3 決別の照準の概要:「山猫は眠らない3 決別の照準」(原題:Sniper3)は、2004年のアメリカ映画。監督はルイス・ロッサ。主演は「再会の時」、「プラトーン」等のトム・ベレンジャー。

山猫は眠らない3 決別の照準

山猫は眠らない3 決別の照準 あらすじ

映画『山猫は眠らない3 決別の照準』のあらすじを紹介します。

かつて海兵隊屈指の敏腕スナイパーとして名を馳せたトーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)。怪我での除隊から数年が経つも、その腕と経験を買われ、任務の成功と引き換えに念願の職務復帰を果たしたが、様変わりした海兵隊馴染むことができず、酒浸りの毎日を過ごしていた。ある日、ベケットは若手の政治家であるニールの結婚式に出席する。ニールの父親であるポール(ジョン・ドーマン)は既に他界し、彼はベケットのベトナム時代の戦友であり命の恩人でもあった。生前のポールが息子宛に書いた手紙を読んだベケットは、我が子のようにニールを祝福し、ポールの未亡人であるシドニーと喜びを分かち合う。

やがて国家安全機関(NSA)のエイブリー副局長(デニス・アーント)から、新たな暗殺指令を受けたベケットは、ターゲットである人物の写真に我が目を疑った。その標的は死んだはずの友人ポールだったのだ。ポールは危険人物に変貌を遂げ、ベトナムでイスラム過激派と取引をし、テロ組織の確立を目論んでいるという。ベトナム警察がポールを逮捕して身元が判明すると、アメリカ合衆国政府や、未来の大統領候補と期待されているニールへの悪影響は計り知れない。ベケットは戸惑いながらも任務を承諾する。ベトナムのホーチミンへ飛んだベケットは、ホーチミン警察のクアン刑事(バイロン・マン)と合流する。彼は警察には内密でNSAの諜報員として活動していた。警察はポールを取引現場で逮捕するという計画を立てており、クアンはその情報をベケットに伝えた。逮捕の直前でポールを抹殺するのがベケットの役目である。そして決行の日が訪れた夜、大勢の客に紛れクラブの片隅に陣取るポールの姿に、ベケットの銃口が照準を合わせた。

山猫は眠らない3 決別の照準 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:90分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:P・J・ピース
  • キャスト:トム・ベレンジャー、バイロン・マン、ジョン・ドーマン、デニス・アーント etc

山猫は眠らない3 決別の照準 批評 ※ネタバレ

映画『山猫は眠らない3 決別の照準』について、2つ批評します。※ネタバレあり

あくまでもB級娯楽作品として観るべし

映画好きな人ならば、この作品の設定を見るとフランシス・フォード・コッポラ監督の映画「地獄の黙示録」を思い起こすだろう。ベトナムという土地、そして軍を裏切り地元に潜んで英雄になっているというのは全く同じ設定である。「地獄の黙示録」と違うのは、悪者の親玉になったポールは麻薬のディーラーをしており、テロ組織へ武器援助をしているというところではあるが、それをさておいて、あの大作の二番煎じという設定には、映画ファンとしてはちょっと苦笑いをしてしまうところだ。多分そんな設定はあまり重んじられてなく、主人公のトーマス・ベケットがどれだけ腕の立つスナイパーであるかというのを売りにしている映画であるから、見逃してくれるだろうと思っているに違いない。まぁ、観る側からすると「地獄の黙示録」と比べるつもりはさらさらありませんが。

この作品が1と2の出来の良さに反して劣っているという風評があるようだが、どちらかと言えば批評を受けてしかるべきA級の超大作ではなく、B級テイストで作られている作品なので過大な期待をせず娯楽作品として見ている分には、それほどガッカリ感はない。

武器の使用など細かなディティールにはプロ意識を感じさせる

この手のアクション映画を観るときは、主人公が役をどう演じきっているか、どこまでディティールが描かれているかが重要なカギとなる。この映画は銃が発射される方向やタイミング、メカニカルな調整などの細かい表現など、マニアックなディテールに優れ、武器の使用に関してはプロフェッショナルな制作スタッフだと感じる。なので女性ファンとしては1と2で見せた、男前なトム・ベレンジャーの変貌っ振りに嘆く人も多いのは頷ける。しかしながら超大物俳優の出演も無く、シナリオも監督もそこそこという作品の方が圧倒的に多い中、つまり映画業界もそうそう超大作ばかりを作るわけにはゆかないので、「映画産業」として生きるためにも、作らなければやって食ってゆけないという切磋琢磨の下で制作されており、芸術と商売の間に経ち苦悩しているのある。そういった制作側に敬意を表し、何とか良いところを見つけ出して楽しむというのが娯楽というものへの接し方であろう。

まとめ

この作品は期待されていた新人打者が、3打席2安打で次の打席が犠牲フライだったという感じだろうか。とりあえず得点に結びつき、さあ逆転への足がかりとなったぞという、次への期待感がファンを満足させた。しかし1打席目と2打席目のヒットはしっかりとファンの脳裏に焼き付いたのである。勝ち負けはさておき、些細で部分的な満足感というファン心理が、こういったアクション映画を支えているのである。文句を言われながらも愛されているのっていいですよね。

Amazon 映画『山猫は眠らない3 決別の照準』の商品を見てみる

関連作品