映画『山の郵便配達』あらすじネタバレ結末と感想

山の郵便配達の概要:中国の厳しい山岳地帯で長年郵便配達員を務めてきた父親は、足を悪くして息子に仕事を譲ることにする。父親にとって最後の郵便配達に同行し、息子は多くのことを学んで行く。1999年公開の中国映画。

山の郵便配達 あらすじネタバレ

山の郵便配達
映画『山の郵便配達』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

山の郵便配達 あらすじ【起・承】

1980年代初頭の中国。湖南省西部の山岳地帯で郵便配達員をしてきた父親(トン・ルゥジュン)は過酷な労働により足を悪くし、支局長の勧めで仕事を引退する。24歳になる息子(リィウ・イェ)は父の後を継いで郵便配達員となり、初めての仕事に出る。

ずっと父親の相棒だった愛犬の次男坊は、父親の心情を察して家を出ようとしない。次男坊に促され、父親は息子と最後の配達に出発する。山の郵便配達員は3日かけて120キロの道のりを歩く。そのため父親は息子が幼い頃からほとんど家にいなかった。息子はそんな父親が理解できず、“父さん”と呼んだこともない。親子は気まずさを感じながら、黙々と歩く。

最初の村では長年郵便配達員を務めてくれた父親が引退すると知り、村人たちが集まってくる。村を出る2人を村人たちはいつまでも見送ってくれた。

父親は郵便物を届ける村人の個人的な事情まで熟知しており、目の不自由な老婆には孫からの手紙を直接届けていた。都会で成功した孫はお金を送ってくるが、手紙はいつも白紙だった。父親は孫の帰りを待ちわびる老婆を思いやり、自分で考えた孫の言葉を伝えてきた。老婆は父親のことを誰よりも信用していた。

2人が一泊するトン族の村では結婚式が行われており、息子はトン族の娘と仲良くなる。父親は若い2人の楽しそうな様子を見ながら、昔のことを思い出していた。

山の郵便配達 あらすじ【転・結】

2日目。2人は冷たい川を越えないと先へ進めない場所へ到着する。父親が足を悪くした原因のひとつはこの冷たい水であり、息子は父親をおぶって川を渡る。父親はたくましく成長した息子の背中で、思わず涙を流す。2人で山道を行くうちに、父親へのわだかまりは消え、息子は初めて父親を“父さん”と呼ぶ。

土砂崩れのため道がなくなった場所では、急な崖を登らなくてはならない。父親はこの崖から転落したことがあり、それ以来村人は父親が来る頃になるとロープを持って崖上にいてくれた。父親はどこへ行っても山の人たちに慕われていた。

厳しいがやりがいのある山の郵便配達員という仕事に誇りを持ち、一言も愚痴をこぼさずにそれを続けてきた父親の偉大さを息子は思い知る。最初は不満を漏らしていた息子もこの仕事を続けようと覚悟を決め、今までほとんど村にいなかった父親に村で生活するためのルールを教える。父親は頼もしくなった息子の寝顔を満足そうに見つめていた。

2人は無事に仕事を終え、3日ぶりに母親の待つ家へと帰る。母親は息子にあんなつらい仕事をさせるのはしのびないと感じていたが、翌朝目を覚ました息子は配達物の詰まった重たいリュックを背負い、黙って家を出て行く。次男坊も今回は息子と出発する。父親は無言で息子を見送り、息子は一度も後ろを振り返ろうとはしなかった。

山の郵便配達 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1999年
  • 上映時間:93分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:フォ・ジェンチイ
  • キャスト:トン・ルーチュン、リウ・イエ、ジャオ・シィウリ、ゴォン・イエハン etc

山の郵便配達 批評・レビュー

映画『山の郵便配達』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

父親と息子

山の郵便配達員は3日に1度しか家に帰れない。そのため父親は家族と過ごせる時間が短く、息子のことをよく知らない。息子の方も幼い頃から父親が苦手で、父親のことを“あんた”と呼んでいる。この親子ほど極端ではないにせよ、父親と息子というのはどこか気まずい関係であることは多い。もちろん相手への愛情はあるのだが、接し方がわからないのだ。

本作はそんな親子の心の機微と変化をとても丁寧に描いている。足を悪くした父親へのいたわりの気持ちを素直に表現できなかった息子が、2日目には父親をおぶって川を渡る。父親は息子の背中で黙って涙を流している。込み入った会話はなくとも、2人の心の距離が縮まっていくのがわかる。その後息子は生まれて初めて父親を“父さん”と呼び、父への感謝の気持ちを伝えている。長年家族のために歯を食いしばって働いてきた父親にとって、これ以上の贈り物はないだろう。じわじわと胸に迫る静かで感動的なシーンだ。

山里の人々と犬の次男坊

親子が訪れる山里の風景も美しいが、そこで暮らす人々の素朴な表情がまた素晴らしい。みんな日焼けした顔でニコニコと笑っており、少し照れくさそうな子供たちの様子も可愛い。山深い村で慎ましく暮らす人々の純朴さが、その表情から伝わってくる。

そして本作には父親と息子以外にもう1匹の主役がいる。それが父親の愛犬・次男坊だ。次男坊は大きなシェパードで実に賢い。120キロもの山道を黙々と歩く間、隣に次男坊がいてくれるだけで父親はどれほど心強かっただろう。次男坊は父親の複雑な心情を誰よりも深く理解している心優しい相棒だ。原題を直訳すると「あの山 あの人 あの犬」になるそうで、そのタイトル通り次男坊は物語の中で重要な役割を果たしている。最初の出発では息子に着いて行こうとしなかった次男坊が、最後のシーンでは息子を追いかけて行く。この次男坊の変化は、息子を一人前だと認めた父親の心の変化を表している。とてもうまい演出だ。

山の郵便配達 感想まとめ

父親と息子が2人で郵便配達をする3日間を淡々と追いながら、少しずつ変化していく親子関係を静かに描いた秀作。世代交代していく親子を通して、自分の仕事に誇りを持って生きることの素晴らしさも教えてくれる。不器用で心優しい父親を演じたトン・ルゥジュンと健康的で屈託のない息子を演じたリィウ・イェの静と動のバランスも絶妙だった。盲目の老婆を演じたゴン・イェハンの演技も胸に迫る。

日本人の私が見てもどこか懐かしさを感じるようなしみじみとした味わいのある優しい映画で心が洗われるようだった。

Amazon 映画『山の郵便配達』の商品を見てみる