映画『蘇える金狼(1979)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「蘇える金狼(1979)」のネタバレあらすじ結末

蘇える金狼(1979)の概要:真面目で地味な会社員朝倉は、会社を乗っ取る野望を秘めていた。目的のためなら手段を選ばず、彼は冷徹に知略を巡らせ、使える者は誰でも陥れ、操り、時には殺す。名優松田優作が危険な男を演じるハードボイルドアクション作品。

蘇える金狼の作品概要

蘇える金狼

製作年:1979年
上映時間:131分
ジャンル:アクション、フィルムノワール
監督:村川透
キャスト:松田優作、風吹ジュン、佐藤慶、成田三樹夫 etc

蘇える金狼の登場人物(キャスト)

朝倉哲也(松田優作)
東和油脂経理部勤務の会社員。鍛え上げた強靭な肉体と、冷徹で明晰な頭脳を併せ持つ。普段はメガネをかけ、七三分けのカツラを被り、真面目で謙虚な会社員を演じる。
永井京子(風吹ジュン)
朝倉の上司である小泉の愛人。朝倉に惹かれ、彼のために小泉から聞き出した情報を流す。
小泉(成田三喜夫)
東和油脂経理部部長。会社の不正会計に関わる。京子のパトロン。
金子(小池朝雄)
東和油脂経理部次長。桜井が東和油脂を脅迫するきっかけを作る。
磯川(南原宏治)
市会議員。麻薬の元締めで、暴力団も言いなりになる力を持つ。
桜井光彦(千葉真一)
東洋経済研究所所長である鈴本光明の甥。東和油脂の秘密を握り、それをネタに会社を脅迫する。
石井(岸田森)
東和油脂に雇われた探偵。依頼があれば、脅迫や殺しも厭わない。

蘇える金狼のネタバレあらすじ

映画『蘇える金狼(1979)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

蘇える金狼のあらすじ【起】

雨が降りしきる中、共立銀行の現金運搬係が白バイ隊員に扮するものに射殺され、現金1億円が奪われる。東和油脂経理部でもそのニュースが話題になるが、社員朝倉の足元には風呂敷に包まれた大きな荷物が置かれていた。

一見真面目な朝倉だが、会社の後に通うボクシングジムでは鍛え上げられた肉体をのぞかせ、ジムの人間にはプロにならないか誘われるほど腕が見込まれている。帰宅後、大きな荷物をほどくと、ベッドの上に現金の束が積み重なる。メガネを外し、カツラを取り現金を眺める様はまるで別人だった。

夜の街へ足を運ぶ朝倉は、チンピラに因縁をつけられるが一瞬で叩きのめすと、麻薬の仕入れ先がどこかを問い詰める。聞き出した情報をもとに手掛かりになるクラブへ移動すると、後ろから男に銃を突きつけられ、人気のないビルの一角へ連れ出される。

朝倉は「薬がほしい」という言葉の後に暴力団員の隙を見て形勢逆転する。市会議員の磯川が麻薬取引の胴元だと聞き出した朝倉は、暴力団員に目的の意図を伝える。それは、銀行から強奪した現金の資金洗浄のために麻薬を買うというものだった。

一方、朝倉は東和油脂上層部を探るために、経理部部長小泉の愛人である京子を尾行し、偶然を装い知り合う。食事を共にした朝倉は京子の飲み物に薬物を混入し、足元もおぼつかない京子をホテルに連れ込み一夜を共にする。朝倉は京子に清涼剤だと偽り、薬を与える。

蘇える金狼のあらすじ【承】

麻薬取引の胴元である市議会議員の磯川の自宅へ、朝倉は新聞記者だと偽り、潜り込む。新聞記者ではないことを磯川に見破られた朝倉は、麻薬取引を磯川に持ちかけるが断られる。しかし、ナイフを磯川に突きつけ、麻薬取引の交渉を成立させる。

朝倉を警戒した磯川は、麻薬取引で指定した場所に部下を先回りさせる。しかし、朝倉は軽快な身のこなしで部下を次々と始末していく。船で取引場所に乗りつけた磯川は、朝倉が部下を全て始末したことに気づき、命乞いをする。朝倉は取引は取引だと言い、麻薬の入ったケースだけを持ち去る。

一方、浮気現場の写真をネタに呼び出された金子が、東和経済研究所所長の使いだという桜井に東和油脂の横領行為の証拠を元に脅迫され、5000万円を要求される。会社の不正を表沙汰にしたくない東和油脂上層部は、逆に桜井を脅迫するように興信所の石井に指示する。

しかし、桜井は逆に東和油脂に乗り込み、脅迫した事実を突きつけ2億円を要求する。桜井との交渉は不要だと考えた東和油脂は石井を通じて殺し屋を雇い、桜井とその恋人を葬る。

蘇える金狼のあらすじ【転】

殺しの依頼を逆手に取った石井が、東和油脂に1億円を要求する。東和油脂社長らは石井を消すために、社員の朝倉がボクシングの腕が立つことを知り、白羽の矢を立てる。石井らの殺しを依頼された朝倉は、成功報酬に重役のポジションを約束させる。

石井と殺し屋を始末しに彼らのアジトに向かった朝倉だが、逆に捕らえられる。しかし、彼らが油断したところで3人とも倒し、アジトに火をつけて証拠隠滅する。

朝倉は東和油脂社長の別荘へ招かれるが、その道中で金子に始末されそうになる。金子を簡単に返り討ちにした朝倉は、別荘に集まる重役らに殺しを依頼した証拠を突きつけ、東和油脂の株200万株を要求する。警察を恐れた社長らはその要求を呑む。

大株主になった朝倉は社長宅で社長の娘と出会い、デートを重ねて婚約する。東和社長一族の一員になることも確定し、地位も金もすべて手に入れた朝倉は狂喜乱舞する。

蘇える金狼のあらすじ【結】

京子はずっと朝倉のために、愛人の小泉から東和の情報を聞き出してきた。しかし、同時に朝倉からもらう薬に依存し、小泉ともども薬漬けにされていた。それでも朝倉を愛した京子だったが、朝倉から多量の薬を売りつけられ喜んでいる小泉の姿を見て、絶望する。

鐘が鳴り響く石造りの廃墟を二人で歩いていたが、抱きしめられた京子は朝倉を刺し、朝倉は驚いた顔で京子の首を絞める。京子が息絶えた後、朝倉は本当に手に入れたかったものを失ったがごとく、悲しみに溢れた叫び声をあげ、こと切れた京子のそばで泣き崩れる。

京子の亡骸を虚ろな瞳で眺めながら、朝倉は京子に渡すはずだった飛行機の搭乗券を破り捨てる。

致命傷を負った朝倉はフラフラになりながら飛行機に乗る。血の気が引いている顔色から添乗員に体調を心配されたが、朦朧とした意識の中で意味不明なことをつぶやき続ける。そして、「木星には何時に着くんだよ」という言葉を最後に彼は息絶える。

Amazon 映画『蘇える金狼(1979)』の商品を見てみる