映画『夜がまた来る』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「夜がまた来る」のネタバレあらすじ結末

夜がまた来るの概要:ヤクザ組織への潜入捜査中に亡くなった夫のために復讐を誓った女。やがて、そのヤクザ組織の男と恋に落ちていく。そして辿り着いた衝撃の真実。鬼才石井隆監督・脚本のヤクザ映画。

夜がまた来るの作品概要

夜がまた来る

公開日:1994年
上映時間:108分
ジャンル:アクション、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:石井隆
キャスト:夏川結衣、根津甚八、寺田農、椎名桔平 etc

夜がまた来るの登場人物(キャスト)

土屋名美(夏川結衣)
未亡人。警察官だった夫の土屋満が潜入捜査の際に殺され、復讐を誓い池島組に近づく。途中、出会った池島組の村木と恋に落ちる。復讐のためなら身体を売るほど意志が強いが、すぐに自殺未遂をする弱さも持っている。
村木哲郎(根津甚八)
池島組の組員。満よりも先に先に潜入捜査をしている警察官。名美の存在を知り、何度も助けるうちに恋に落ちる。自らの身を守るため、止むを得ず満を殺す。名美に殺される。クールで男気のある男。
池島政信(寺田農)
池島組の会長。薬とセックスが好きで、名美の正体を知らずに娼婦として関係を持つ。最終的に村木に殺される。ピンチのときに命乞いをするなど、女々しい部分がある。
柴田一哉(椎名桔平)
池島組の組員。池島を慕う若い青年。村木とは意見が合わずに衝突することもある。
土屋満(永島敏行)
名美の夫で潜入捜査官。潜入中に殉職する。

夜がまた来るのネタバレあらすじ

映画『夜がまた来る』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

夜がまた来るのあらすじ【起】

土屋名美と土屋満が部屋で別れを惜しんでいる。満は麻薬Gメンとして池島組に潜入捜査へと向かうことになっていた。行かないで欲しいという名美を、満は強く抱きしめる。そして二人は激しく求め合う。

満は何者かに銃殺されてしまう。満の遺体は横浜港で発見される。しかし、殉職どころか汚職を疑われた満は退職金すら貰えないでいた。

満の葬儀の日、名美の自宅に池島組の組員達が押し入ってくる。組員は、盗まれたシャブを探しに来たのだ。部屋を荒らした挙句、組員達は名美をレイプして去って行く。あまりの屈辱に、名美は自らの手首を切って自殺を図る。

一命を取りとめた名美は、病院のベッドの上で目を覚ます。世間からのバッシングを受けながらも、満を殺したのが池島組の人間だと疑わない名美は復讐を誓う。

ある駐車場で、池島組の組長である池島政信を待ち伏せする名美。名美が包丁を片手に襲いかかろうとした瞬間、池島組の村木哲郎という男が止めに入る。すると別の場所から、見知らぬ男が池島に向かって発砲する。池島組の組員たちがどうにかその男を始末する。村木は名美に、これ以上池島には近づくなと忠告して組員達と共に去って行く。

夜がまた来るのあらすじ【承】

池島を殺すことに失敗した名美は、入水自殺を図る。しかし、そこへ再び村木が現れて助ける。今度池島の前に姿を現したら素性をバラすと捨て台詞を吐き、村木は去って行く。

ミツルという源氏名でホステスになった名美は、客とホステスという立場で池島に再会する。その場には村木の姿もあった。村木は再び名美に注意をする。しかし酔いつぶれた名美は、そのまま池島の部屋へと向かう。

名美と共に薬とセックスを楽しんだ池田。さらには手下の柴田という男にまで、名美とセックスするよう命令する。その夜、池島が寝ている隙に逃げ出そうとした名美を、柴田が止めに入る。そして、池島の情婦になるよう言われる。

ある夜、池島と一緒に寝ていた名美は突然ナイフを取り出して池島を襲う。池島を刺した名美だったが、殺すことには失敗してしまった。異変に気付いた柴田が池島を助け、今度は名美が捕まってしまう。名美を警察のスパイではないかと疑う柴田は、名美を拷問する。

夜がまた来るのあらすじ【転】

柴田が名美を拷問しているとき、村木と池田が現れる。村木は裏工作をして名美の素性を隠し、村木を陥れようとする。しかし、それに失敗した村木は指を切り落とすことになってしまう。その根性を見た池島は、名美を殺さずにどこかに売り飛ばせと柴田に命令する。

名美は場末のスナックに売られてしまった。名美は、薬とセックスに溺れる悲惨な生活を送っていた。そこへ村木がやってくる。村木は名美に、一緒に逃げようと言う。しかし、薬に溺れた名美は村木の言うことを聞かず、シャブをくれと叫んで暴れるだけだった。

村木は名美を自分の部屋に匿い、介抱する。暴れまわって暴言を吐き、薬の禁断症状に苦しむ名美を村木は文句一つ言わずに面倒をみる。

名美の介抱に徐々に疲れていく村木だったが、ようやく名美が正常に戻り始める。部屋を片付け、体を洗いたいと言う名美。力の無くなった名美は、村木に背中を拭いてもらう。触れ合った二人の距離は徐々に縮まっていく。

夜がまた来るのあらすじ【結】

名美は村木に、銃の撃ち方を教えて欲しいと頼む。奈美の意志の強さに村木は感服し、奈美に銃の撃ち方を教える。そしてその日、二人は激しく求め合う。

池島が賭博をやっている現場に警察のガサ入れが入る。村木は、池島が屋上に逃げるよう誘導する。一人で屋上に向かった池島の前に、銃を持った名美が現れる。夫の濡れ衣を晴らすために来たと言う名美だが、何も知らないと言う池島。銃を奪った池島が名美に襲いかかる。池島が、満を殺した本当の犯人を言おうとしたとき、村木が現れて池島を撃ち殺す。村木は警察の人間だったのだ。

逃げ出す二人の前に柴田が立ちはだかる。村木は柴田を銃で撃つが、柴田も刀で応戦してくる。壮絶な死闘が繰り広げられる中、村木の落とした銃を拾った名美が柴田を撃とうする。しかし、名美はその銃が満のものだということに気づく。村木は柴田をどうにか殺し、名美のもとへと歩み寄る。

村木は名美に全てを打ち明ける。村木は潜入捜査のために薬をやり、女を抱いた。しかし、それは全て捜査のためだという正義感があった。しかし、ヤクザに染まっていく村木を同じ潜入捜査官である満は看過できないでいた。素性がバレるのを恐れた村木は満を殺したのだ。

名美は全てを聞いたあと、村木を銃で撃つ。名美は、その場で泣き崩れる。

Amazon 映画『夜がまた来る』の商品を見てみる