映画『容疑者 室井慎次』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「容疑者 室井慎次」のネタバレあらすじ結末

容疑者 室井慎次の概要:大人気ドラマシリーズ『踊る大捜査線』の中心人物、室井慎次を主人公に描いたスピンオフ作品。青島とは犬猿の仲である室井だが、その心の中にある正義の心は本物。お馴染みのキャラクターも多数登場する。

容疑者 室井慎次の作品概要

容疑者 室井慎次

公開日:2005年
上映時間:117分
ジャンル:サスペンス
監督:君塚良一
キャスト:柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人 etc

容疑者 室井慎次の登場人物(キャスト)

室井慎次(柳葉敏郎)
警視庁に勤める厳格な管理官。心の中に抱く正義は本物。
沖田仁美(真矢ミキ)
警視庁刑事部捜査第一課管理官。室井の味方をする。
灰島秀樹(矢嶋智人)
警察の不正を暴くことに執念を燃やす弁護士。
小原久美子(田中麗奈)
室井の弁護を勤めることになった若き弁護士。警察に良い思いを持っていない。
桜井杏子(木内晶子)
突然捜査線上にあがってきた女性。
神村誠一郎(山崎樹範)
新宿で起きた殺人事件の被疑者として取り調べを受けていた警官。

容疑者 室井慎次のネタバレあらすじ

映画『容疑者 室井慎次』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

容疑者 室井慎次のあらすじ【起】

室井慎次は、滅多に笑うこともない厳格で理性的な刑事である。情熱に突き動かされるタイプの青島とは何かとぶつかることも多かったが、二人とも心に宿す正義の心は本物であった。そして現在、室井は警視庁の管理官という重要なポストにつき、日々正義のために職務を全うしていた。

室井が現在担当しているのは新宿で発生した殺人事件。室井はその事件の捜査本部長を担当していた。しかしなんと、その事件の捜査中、室井は特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯という罪に問われ逮捕されてしまうのだった。当時、被疑者として捜査上に浮かび上がっていたのは現役の警察官だった。その警察官、神村は何故か取り調べ中に脱走、そして途中運悪く車に轢かれ命を落としてしまったのだ。

被疑者が警察官ということもあり、一刻も早く事件にカタをつけたかった警察上層部は、犯行を神村のものと断定づけ捜査をうち切ろうとする。しかし、室井はこのことに納得がいかなかった。まだ確実な証拠もないまま神村を犯人と断定するのは時期尚早と考えたのである。

容疑者 室井慎次のあらすじ【承】

室井は独自に調査を進めていた。そして、今迄明らかになっていなかった神村と被害者の共通点に気がつくのだった。室井はこの共通点をもとに、事件捜査を再開しようとする。しかしその時、東京地方検察庁から検察官がやってきて、室井に容疑を突きつけてきたのである。

室井を告発したのは、亡くなった神村の母親だった。彼女は、神村に対して不当な取り調べがされたのではないか、つまり上村が逃げ出すほどの暴力的な行為を室井たちが働いていたのではないかという疑問を抱いていたのだ。そして彼女がこのような疑問を持ち告発に至るまでは、一人の弁護士の存在が関係していた。

その男の名前は灰島秀樹、法律事務所の所長を務めるほどの有能な弁護士で、彼は警察に対して大きな不信感を抱いていた。そして、その不正を暴くために灰島は室井をどんどん追い詰めていくのだった。灰島は自分の目的のためには手段を選ばない人間で、室井の自殺した元恋人の話まで持ち出し、室井を陥れていく。

容疑者 室井慎次のあらすじ【転】

逮捕された室井は暫くして釈放される。しかし灰島の猛攻に会い、結果的に室井は停職処分をくらってしまうのだった。しかし、室井を追い詰めようとする人間がいる一方で、室井を助けようとする人間もいた。警視庁刑事部捜査第一課管理官という役職につく、沖田仁美もその一人である。

沖田は室井を助けるべく、一人の弁護士に室井の弁護を依頼した。その弁護士の名前は小原、まだ弁護士としての経験は浅いが、確かな正義感を心の中に持っている女性だった。彼女は過去の出来事から警察に対して嫌悪感を抱いていたものの、室井と関わるうちに、この人なら信用してもいいかもしれない、と室井に対して心を開いていくようになる。

一方、室井は自らの立場が危うくなりながらも、まだ事件の真相を突き止めることを諦めてはいなかった。そんな室井を信用する部下たちも、室井と共に独自に捜査を続けていた。しかし、灰島はそんな室井たちの行動をことごとく邪魔するのだった。

容疑者 室井慎次のあらすじ【結】

そして、室井にとって敵は灰島だけではなかった。ちょうどその頃、警察内では警察庁と警視庁による派閥争いが行われていたのだ。そしてその関係で、室井は警察の上層部にまでも邪魔をされることになる。

しかし、室井、そして室井を救うために奔走していた刑事たちの捜査によって、事態は急展開を迎えることとなる。とある一人の女性が、捜査線上に浮かんできたのである。彼女の名前は桜井杏子。そして、警察の読み通り彼女こそが新宿で起こっていた事件の真犯人だった。桜井は、今回の被疑者と三角関係にあり、その関係性が拗れたことにより彼の殺人を計画したのだ。そして神村はその事実を知りつつも、黙秘を貫いていたのだった。

こうして事件は解決した。室井への疑いも晴れ、彼は無事自由の身となる。灰島も、渋々室井への告訴を取り下げた。これだけ大きな騒動の中心となってしまった室井は、辞職をしなければいけないだろうと腹を括っていた。しかし、そんな彼の元に広島県警へ異動命令が下るのだった。

Amazon 映画『容疑者 室井慎次』の商品を見てみる