映画『夢売るふたり』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「夢売るふたり」のネタバレあらすじ結末

夢売るふたりの概要:小料理屋を営んでいた夫婦だったが、火事でお店を失ってしまう。そんな二人が思いついたのは、寂しい女性に結婚という夢を売ることでお金を借りることだった。結婚詐欺を繰り返す夫婦の物語。

夢売るふたりの作品情報

夢売るふたり

製作年:2012年
上映時間:137分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:西川美和
キャスト:松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽 etc

夢売るふたりの登場人物(キャスト)

市澤里子(松たか子)
貫也の妻で、小料理屋「いちざわ」の女将。火事で店を失くし、夫にも裏切られる。夫に結婚詐欺をさせることで、お店再建の資金を得ることを画策する。徐々に手口が陰湿になり、再び夫に裏切られる。元々は献身的な良き妻。
市澤貫也(阿部サダヲ)
里子の夫で、小料理屋「いちさわ」の板前。妻を裏切ったことをきっかけに、結婚詐欺をさせられる。板前としてのプライドが高く、素直で嘘のつけない性格。
棚橋咲月(田中麗奈)
独身で実家暮らしの女。結婚できないことを妹に非難される。貫也に出会い、惹かれていく。結局騙されて、探偵を雇って貫也を追いつめる。大人しい性格。
睦島玲子(鈴木砂羽)
「いちさわ」の常連客。不倫相手から縁を切られ、やけをおこす。勢いで貫也と関係を持ってしまう。貫也を殴る代わりに、不倫相手からもらった手切れ金を渡す。気の強い性格。
太田紀代(安藤玉恵)
風俗嬢。男に貢ぐ癖があり、前夫にもお金をむしり取られている。貫也と話が合い、お金を渡そうとする。カナダへ留学したいという目標がある。
木下滝子(木村多江)
ハローワークで働くシングルマザー。貫也と再会し、息子共々貫也に心を許していく。父と息子と三人で暮らし。
皆川ひとみ(江原由夏)
ウェイトリフティングの選手。お見合いパーティーで里子に会い、貫也を紹介されて騙される。自身の見た目にコンプレックスを抱いている。
岡山晃一朗(やべきょうすけ)
貫也の友人。火事の現場に居合わせており、被害を受ける。病院のベッドで意識朦朧とする中でも、貫也を励まそうとする。

夢売るふたりのネタバレあらすじ

映画『夢売るふたり』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

夢売るふたりのあらすじ【起】

早朝の青果市場。夫婦で小料理屋を営んでいる市澤貫也と里子の二人が、手分けをして仕入れをしている。

いつものように店を営業していた二人。店は賑わい、二人は忙しく働いていた。しかし、少し目を離した隙に、焼き鳥を焼いていた火がメニューの短冊に着火してしまう。そして、お店はそのまま全焼してしまう。

馴染みで、火事の当日にお店で飲んでいた岡山晃一朗は病院に運ばれてしまう。晃一朗を見舞いに行った貫也夫婦。晃一朗の妻から、時間をあけずにお店を始めた方がいいとアドバイスを受ける。

財産の尽きた夫婦は、アルバイトに出て再出発を図る。里子はラーメン屋で、貫也は日本料理屋で板前を始めた。しかし、料理人のプライドがある貫也は、魚を雑に扱う板長と揉めてクビになってしまう。

貫也は、お店が全焼したことを友人に言い出せずにいた。さらに、真面目に働く里子に愚痴をこぼすようになる。

その頃、貫也のお店の馴染みだった睦島玲子という女が、事故にあった不倫相手を見舞うために病院にいた。しかし、医者だった不倫相手の弟が、玲子に手切れ金を渡す。

夢売るふたりのあらすじ【承】

酔いつぶれた玲子は、駅のホームで同じく酔っていた貫也に出くわす。お互いの寂しさを埋めるかのように、二人は関係を持ってしまう。

貫也は玲子に、里子が不憫でならないと語る。話を聞いた玲子は、一発殴る代わりに手切れ金を貫也に渡す。

貫也を一晩中探し回っていた里子のもとに、お金を持って喜んでいる貫也が帰ってくる。友人が貸してくれたこのお金で店を始めようと喜んでいる貫也だったが、すぐに嘘だとバレてしまう。怒った里子は貫也を非難する。そして、ある企みを思いつく。

都内の高級料亭で働き出した貫也達。お店で食事を摂っていた棚橋咲月は、妹に結婚しないことを非難されていた。里子は白い手拭いを貫也に渡し、貫也は咲月が流した涙をその手ぬぐいで拭く。里子の思いついた企みとは、玲子のように寂しい思いをしている女を見つけ、結婚という夢を与えることでお金を巻き上げるという企みだった。

同時に複数の女性を騙していた貫也達。咲月も同様に上手く騙されていた。そして、お金を巻き上げられるのだった。咲月が店に行くと、貫也達はすでにお店を辞めていた。

夢売るふたりのあらすじ【転】

貫也達は、騙した女から取ったお金の借用書を貼っていた。それを見て、いつか倍にして返そうと二人は誓う。

再び資金集めのために働き始め、詐欺を企む貫也達。しかし、今度の店はお客が少なくてターゲットが見つからない。そこで里子は、お見合いパーティーに参加して新たなターゲットを探す。

お見合いで会った皆川ひとみという女に近づく里子。彼女はウェイトリフティングの選手だった。兄だと偽って、ひとみと貫也を引き合わせた里子。その場で里子は貫也に、ひとみの姿が見苦しく、貫也がかわいそうだと言い出す。貫也はそれに怒り、そんなことを考える里子の方が気の毒だと突きかえす。

順調にひとみを騙す貫也達。里子は、自分たちのお店でひとみに自分が病気だと嘘をつく。そんな姿を見て、貫也はシャレになってないと里子を非難する。シャレになってないのは私達だと言い返す里子。まだまだ足りないと言う里子に、その足りないはお金じゃなくて腹いせだと貫也は言い返す。

それでもひとみからお金を借りようとした貫也。しかし、医療制度に詳しかったひとみに嘘が通用せず、誤魔化すために怒ってその場を逃げ去る。ひとみは、私は怪物じゃないと言って貫也が去っていくのを見つめている。

以前に出会った、デリバリーヘルスをしている紀代のもとへと向かった貫也。紀代はカナダへと留学するためにお金を貯めていたが、すぐに貫也にお金を渡そうとする。紀代は、前の夫からお金をむしり取られており、お金を渡すことに抵抗がないかのようだった。そこへ前の夫が訪ねてくる。話し合いの末に前の夫は去り、紀代は貫也にお金を渡す。

夢売るふたりのあらすじ【結】

物件も見つけ、新しいお店への準備が進む貫也達。その頃、ひとみが足を怪我してしまう。病院へお見舞いへと行った貫也。そこには、ひとみから里子の手術代として300万円が用意されていた。

次のターゲットを、木下滝子という女に決めた貫也。その頃、咲月が堂島という探偵を雇って貫也のことを調べていた。

滝子のもとへ行ったきり、お店に帰ってこなかった貫也。翌日、里子は滝子のもとを訪れる。そこには、工場の一員として働く貫也の姿があった。雨の中、里子はその場を去る。そして道端で玲子を見つけ、一礼される。

貫也が滝子の息子である恵太と料理をしているときに、咲月を連れた堂島が訪れてくる。修羅場になったところで、恵太が堂島の背中を刺してしまう。

幾月か経ち、恵太の罪を被った貫也は傷害罪で刑務所に入っていた。ひとみはウェイトリフティングの指導者になり、紀代のもとには前の夫が姿を現す。咲月は一人暮らしを始め、恵太と滝子は元の生活に戻っていた。玲子のもとには、市澤のマークの入った現金入りの封筒が届けられる。

里子は魚市場で働くようになり、貫也は刑務所内の食事を作る係に割り当てられる。二人が働く空からは、カモメの鳴き声が聞こえる。

この記事をシェアする