映画『湯を沸かすほどの熱い愛』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』のネタバレあらすじ結末

湯を沸かすほどの熱い愛の概要:末期ガンと宣告されたヒロイン。彼女は残された時を使って、バラバラになった家族をその深い愛情で結び直す。彼女の愛は周囲をも巻き込んで、彼らの心を救うのだった。家族をテーマに描かれた作品。主演、宮沢りえの深い演技力に涙が止まらない。

湯を沸かすほどの熱い愛の作品概要

湯を沸かすほどの熱い愛

公開日:2016年
上映時間:125分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:中野量太
キャスト:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎 etc

湯を沸かすほどの熱い愛の登場人物(キャスト)

幸野双葉(宮沢りえ)
深い愛情を持った女性。夫の失踪後、娘をパートで働きながら養っている。しっかりと先を見通す目を持ち、耐え忍ぶ強い心を持っている。末期ガンと宣告される。赤が好き。
幸野安澄(杉咲花)
双葉の娘で高校生。控えめで忍耐強い性格。実母は酒巻君江。ろうあ者である君江と話せるように、双葉から手話を習わされている。学校でいじめられている。
幸野一浩(オダギリジョー)
双葉の夫。1年前に失踪。飄々としてお人好し。厄介事を拾ってしまう性質がある。高校を中退して、実家の銭湯を継いでいる。
向井拓海(松坂桃李)
大企業の御曹司だが、その家庭事情は複雑。現実逃避の為に、旅をするバックパッカーだった。旅の報告の為、銭湯へ立ち寄ったのをきっかけに、住み込みで働き始める。好青年。
片瀬鮎子(伊藤蒼)
一浩の浮気相手の子供。母親は別の男と姿を消している。9歳の女の子。
酒巻君江(篠原ゆき子)
一浩の元妻。阿澄の実母でろうあ者。産んだばかりの子供を育てられず、離婚している。
滝本(駿河太郎)
探偵。幼い娘と2人暮らし。妻は娘を出産後、脳出血で亡くなっている。

湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレあらすじ

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじ【起】

幸野双葉と娘の安澄は現在、2人暮らし。夫で父でもある幸野一浩は1年前に失踪しており、それまで経営していた銭湯は現在、休業状態。高校生の安澄を養う為、双葉はパートに出て働いていた。母は娘が学校でいじめられている事を心配しながらも、見守りつつ支えていた。

そんなある日、双葉はパート中に意識を消失して倒れる。病院で検査すると、膵臓ガンを病巣にガンが全身に転移している事が分かった。末期ガンである。双葉は酷く落ち込み、銭湯の浴槽で1人、膝を抱えて泣いた。
辺りが暗くなった頃、心配した娘から電話が来る。双葉は決意を新たに、立ち上がった。

探偵の滝本を雇って失踪した夫を捜索すると、案外すぐに見つかった。一浩は隣町で暮らしているらしい。一浩が住むアパートを訪ねた双葉。料理の途中で出て来たらしい夫からお玉を奪い返して、思わず殴ってしまった。彼女は一浩に自分があと2、3カ月しか生きられない事を告白。夫は帰宅を決意した。

一浩は鮎子という9歳の女の子を連れて帰って来た。久しぶりに家族揃って囲んだ食卓は、何とも気まずい雰囲気。一浩は阿澄に事情を説明した。過去の浮気相手と久々に会った一浩は、相手の娘を押しつけられ、仕方なく面倒を見ていたと言う。何というお人好しか。阿澄は父に呆れ返った。

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじ【承】

翌朝、食卓に揃った3人に双葉が宣言。銭湯の営業を再開する事にしたのだ。銭湯の仕事は家族4人、全員でやる事。一家を牛耳る母の言葉は絶対だった。
銭湯を掃除して、営業再開のチラシをご近所へ配る。綺麗になった浴場を見た双葉は、清々しい笑顔を浮かべた。

順調に進んでいるかのような日々だったが、双葉の病状は着実に悪化。一浩は医師から妻の状態を聞いた。今後は緩和ケアを重点的に行う方針だそうだ。一浩は自分のせいだと苦悩する。
別の病院へ行こうと言う夫に、妻は決意を語った。少しの延命の為に、生きる意味を見失うのは嫌。自分には、どうしてもやらなければならない事が、まだあるのだと。

阿澄のいじめは継続中。双葉は娘の将来を考えていた。
翌朝、登校を巡って娘と母が言い合いをする。だが、安澄は昼前になって、無くした制服の代わりに体操服を着て学校へ行く。そして、母の言葉を思い出し、クラスに制服を返せと訴えた。制服を着て無事に帰った阿澄を玄関先で待っていた双葉は、勇気を労い抱き締めた。

そんなある日、双葉は鮎子が釣銭を盗むのを目撃。その日の夜、鮎子が行方不明になる。今日が彼女の誕生日だと気付いた双葉は、一浩からアパートの鍵を奪って部屋へ向かった。アパートに辿り着くと、玄関先にしゃがみ込む鮎子を発見。立った拍子に、我慢していたのか失禁してしまう鮎子。双葉は何も言わずに、娘を抱き締める。阿澄と双葉は鮎子を連れて家へ帰った。
翌朝、朝食時に鮎子が泣きながら、この家にいたいと話す。家族は笑って幼い娘を受け入れた。

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじ【転】

双葉は娘2人を連れて、短い旅行へ出る事にした。銭湯は一浩が何とかしてくれる。女3人は、うきうきと車に乗り込み出発した。
昼食を摂ろうとした駐車場で、バックパッカーの向井を同乗させる事にした3人。好青年の向井は娘2人とも、すぐに仲良くなった。

双葉は接していく内、向井の嘘を見抜き彼の事情を聞く。彼の家庭はとても複雑だった。逃避行で旅を続ける向井に、双葉ははっきりと本音を語る。次のパーキングで青年を降ろした。双葉は彼を抱き締めて次の目標を示す。向井はその熱い心を受け止めて、前向きに生きる事にした。

1泊目の深夜、双葉がトイレで吐血。病状は深刻を極めていたが、彼女はそれでも病を隠して旅を続ける。
3人は昼食で立ち寄った店で、タカアシガニを頬張った。その店で働くろうあ者、酒巻君江に帰り際、平手を食らわす双葉。

双葉は安澄に真実を明かす。一浩は昔、酒巻君江と結婚していた。阿澄は一浩と君江の子供だったのだ。君江はろうあ者である為に、赤ん坊の声が聞こえず育てられなかった。母は阿澄に実母と過ごせと言い、号泣する娘を置いて行ってしまう。
毎年、君江から送られる蟹の謎をようやく知った阿澄。
双葉はいつか実の娘が君江と話せるよう、阿澄に手話を習わせていたのだった。実母と娘は双葉の思いやりに、溢れる涙が止まらなかった。

夕方、阿澄を迎えに来た双葉。鮎子を迎えに行かせた彼女は1人、車中で疲れたと呟き意識を失う。緊急搬送先の病院へ。一浩が駆け付けた時には深夜を回っていた。
意識が戻った双葉は、娘達に自分の母親の事を語る。双葉の母親は、鮎子と同じように娘を置いて行った。結局、今も迎えは来ない。迎えはきっと、自分が死んだ時に来るのだろう。
姉妹は、これからは母の前では、絶対に泣かないと固く約束した。

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじ【結】

双葉の元に、探偵の滝本と娘が見舞いに来る。双葉は自分の母親の調査を滝本に頼んでいた。調査結果を報告していると、急に母に会いたいと言い出す双葉。
双葉の母親は別の家庭を築いていたが、母親と思われる女性は娘の存在を否定。それでも一目姿を見たいと、玄関先から母親の姿を眺める。そして、双葉は玄関先にあった小さな置物を、家に投げ入れてしまった。

双葉の痛みは日々、熾烈を極めていく。そんなある日、バックパッカーの向井が、銭湯を訪ねて来る。双葉の言いつけ通り、旅を終えて来たらしい。そこへ、君江も到着。複雑な心境の一浩だったが、食卓に揃った人々へ土下座をして協力を仰いだ。

夜、阿澄からのメールを見た双葉は、促される通りに病室のベランダへ出る。そこには、滝本と娘、向井と一浩、2人の娘達と君江がピラミッドを作っていた。これが、今の一浩の精一杯の気持ちらしい。人は支え合って生きている。だから安心して欲しいと、夫は泣きながら叫ぶのだった。

2カ月後、向井は銭湯に住み込みで働き、娘達は交代で番台を務めている。この頃にはもう、強い痛み止めのせいで、双葉の意識は朦朧とし身体も動かせず、辛うじて息をしているような状態だった。阿澄は泣きながら無理矢理に笑顔を見せ、反応を示した双葉に言葉をかける。それを聞いた双葉は、涙を流し微かに笑った。それが、彼女の最後の姿だった。

葬式は銭湯の浴場で行われた。双葉が深い愛情と広い心で繋いだ絆は、きっとこれから何があっても切れないだろう。双葉は銭湯の煙となって、空へと舞い上がるのだった。

Amazon 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の商品を見てみる