映画『座頭市物語』のネタバレあらすじ結末

座頭市物語の概要:子母沢寛の短編「座頭市物語」を原案としているが、内容も座頭市のキャラクター設定もほぼオリジナル。勝新太郎が盲目ながら迫力の立ち回りを見せる座頭市を熱演して、映画は大ヒットした。これにより座頭市はシリーズ化され、勝新の代表作となる。

座頭市物語の作品概要

座頭市物語

公開日:1962年
上映時間:96分
ジャンル:時代劇
監督:三隅研次
キャスト:勝新太郎、万里昌代、島田竜三、三田村元 etc

座頭市物語の登場人物(キャスト)

座頭市(勝新太郎)
盲目のヤクザで居合いの達人。表稼業は旅按摩。研ぎ澄まされた感覚を持ち、人間を読む力も鋭い。渡世の義理を大事にしている。
平手造酒(天知茂)
江戸から流れてきた浪人者で笹川の繁造一家に用心棒として雇われている。労咳を患っているが、剣の腕は立つ。釣りと酒を好む。
おたね(万里昌代)
助五郎の子分蓼吉の妹。父親と小さなおでん屋を営んでいる。蓼吉の兄貴分の女だったが、ヤクザを嫌って別れた。勝気だが気の優しい娘。
飯岡助五郎(柳永二郎)
下総飯岡の貸元。腹黒いヤクザの親分。市とは日光参詣に出かけた先で知り合った。
笹川繁造(島田竜三)
笹川の繁造と呼ばれるヤクザの親分。助五郎の一家と対立している。助五郎より頭がいい。

座頭市物語のネタバレあらすじ

映画『座頭市物語』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

座頭市物語のあらすじ【起】

座頭の市は按摩をしながら全国を渡り歩いている。春の頃、下総飯岡にたどり着いた市は以前旅先で知り合った貸元の助五郎親分を訪ねる。助五郎は留守で、市は子分たちの集まる雑魚部屋へ通される。市は丁半博打の胴をとらせてもらい、助五郎の子分たちを試してみる。盲目の自分を騙そうとした子分たちの様子から、これでは助五郎も大した親分ではないと判断した市はすぐに帰ろうとする。しかし助五郎が帰って来て市を引き止める。

助五郎は日光で市の居合いの凄さを見ており、市の腕が自分の役に立つだろうと考えていた。子分の蓼吉に市の世話をさせ丁重にもてなすが、内心では盲目の市をバカにしていた。

その夜、妹のおたねが蓼吉を訪ねてくる。蓼吉はお咲という娘を妊娠させたまま放置していた。おたねはそんな兄を責めるが、性根の腐った蓼吉は相手にしない。

翌朝、ため池へ釣りに出かけた市は笹川の繁造一家の用心棒をしている浪人の平手と知り合う。平手は労咳を患っており、市にはそれがすぐにわかる。剣の達人である平手は市を只者ではないと感じる。

座頭市物語のあらすじ【承】

最近勢いのある繁造は助五郎のシマを狙っていた。両者は対立を深め、近いうちに出入りになるだろうと子分たちは噂し合っていた。助五郎一家より人数の少ない繁造一家にとって腕の立つ用心棒の平手は最大の切り札であり、繁造は平手を客人扱いでもてなしていた。

助五郎は子分を集めて出入りになった時の相談をする。そこで市の話題が出て、助五郎も子分たちと一緒になって市を笑い者にする。それを市は密かに後列で聞いていた。市は助五郎の前に進み出て、火のついた蝋燭を放り投げて真二つに切り捨てる。一同は市の居合いを目の当たりにして静まり返ってしまう。

助五郎は子分の前では虚勢をはるが、市にはどうしても出入りの助太刀をして欲しかった。3両払うという助五郎に市は8両出すならもう少しいてもいいと強気に出る。助五郎は面白くなかったが、出入りの時に残りの5両を支払う約束をして市に3両を渡す。

その夜、市は蓼吉が女と会って来たことを察する。そして翌日、ため池にお咲の水死体が上がる。お咲の訃報を知らせに来たおたねに、蓼吉は“お咲が自分の子を身ごもっていたことは秘密にしてくれ”と頼み込む。お咲は自ら身投げしたと思われていた。

座頭市物語のあらすじ【転】

ため池へ釣りに来た市は再び平手と出会い、酒に誘われる。平手は宿にしている浄勝寺へ市を招き、静かに酒を酌み交わす。市と平手は不思議と心が通じ合い、互いに親近感を持つ。市は平手のような人がヤクザの用心棒などするべきではないと考えていた。

そこへ繁造が子分たちを連れて出入りの相談にやってくる。市は空気を察してすぐに帰るが、市が助五郎一家の用心棒だと聞いて、子分たちが市の後を追う。平手は繁造を誘い、この勝負を見届けにいく。市はあっという間に子分たちを斬り捨ててしまい、平手も繁造も市の凄腕に息を飲む。

翌日、市は蓼吉に平手への使いを頼む。ずる賢い蓼吉はお礼用の酒代に市から預かった金をごまかし、使いは下っ端の猪助に行かせる。何も知らない猪助は浄勝寺で繁造の子分に捕まり、袋叩きにされる。猪助の死体は助五郎一家の賭場へ笹と一緒に置かれており、これは笹川からの果たし状だと助五郎の子分たちはいきり立つ。

おたねは他のヤクザ者とは違う市の誠実な人柄に好意を持つようになっていた。蓼吉の兄貴分にしつこく迫られているところを市に助けてもらい、おたねは市に惚れ込む。市もまたおたねを愛おしく感じていた。

座頭市物語のあらすじ【結】

平手が大量に吐血して倒れたと聞きつけ、助五郎は笹川へ果たし状を送る。平手がいないなら人数で勝る飯岡が断然有利で、助五郎は急に強気になって市を追い出す。

飯岡は大勢で笹川の陣地へ向かっていた。迎え撃つ繁造は勝手をよく知った笹川の狭い集落に敵をおびき寄せ、頭を使って数に対抗しようとしていた。さらに繁造は平手にわざと鉄砲を見せ、これで市を撃つのだと言いに行く。繁造の目論見通り、平手は自分が行くから市に鉄砲は使うなと無理をして起き上がる。市は寺の小僧から平手が自分のために死を覚悟して出入りへ向かったことを聞き、決戦の場へ急ぐ。

決戦は繁造の作戦が功を奏し、笹川有利で進んでいた。助五郎は蓼吉と集落の中を逃げ回る。そこへ市が駆けつけ、平手は市に一対一の真剣勝負を申し込む。凄腕同士の勝負は激戦となるが、最後は市の刀が平手を仕留める。平手は市に斬られるなら本望だと言って絶命し、市はそんな平手の死を痛む。

平手がいなくなって活気付いた飯岡は笹川に勝利し、助五郎は生き残った子分たちと祝杯をあげる。市は亡くなった者へ何の情も示さない助五郎に憤怒し、盃と酒樽を叩き割って去って行く。市は浄勝寺の小僧に弔い代と平手の命を奪った刀を託し、1年後には供養に戻ると約束して旅立つ。その様子を蓼吉が物陰から見ていた。

市が刀を持たないのをいいことに蓼吉は後方から市に襲いかかるが、泥川へ突き落とされ、そのまま沈んでしまう。市の女房になる決心をしたおたねは街道で市を待つが、市はわざと街道を外れて道のない山を越えていた。

Amazon 映画『座頭市物語』の商品を見てみる

関連作品

次作 続・座頭市物語