映画『ゼブラーマン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ゼブラーマン」のネタバレあらすじ結末

ゼブラーマンの概要:冴えない中年男性が、憧れの特撮ヒーローに変身して街を救う、コメディタッチのヒーロー映画。哀川翔主演作品が100作目となるのを記念して製作された。宮藤官九郎脚本、三池崇監督作品。

ゼブラーマンの作品情報

ゼブラーマン

製作年:2003年
上映時間:115分
ジャンル:SF、アクション
監督:三池崇史
キャスト:哀川翔、鈴木京香、渡部篤郎、大杉漣 etc

ゼブラーマンの登場人物(キャスト)

市川新市 / ゼブラーマン(哀川翔)
小学校教諭の孤独な中年。学校では生徒に嫌われ、家庭でも家族に距離を置かれている。幼い頃放送されていた、ゼブラーマンという特撮ヒーローに今も憧れている。
及川(渡部篤郎)
防衛庁の役人。市川の住む街に潜む、地球外生命体の調査を行う。
瀬川(近藤公園)
防衛庁の役人。及川の部下。及川と共に、地球外生命体の調査を行う。
教頭(大杉漣)
市川の働く小学校の教頭。生徒の安全や、街の平和を気にしている。
市川一輝(三島圭将)
市川の息子。小学生で、市川が働く小学校に通っている。市川が原因で学校でいじめられている。
浅野可奈(鈴木京香)
浅野晋平の母親。シングルマザーで、看護婦として働いている。車いすの息子を、他の生徒と同じように教育するよう、市川に頼む。
浅野晋平(安河内ナオキ)
市川の働く小学校に転校してきた、車いすの少年。父親の飛び降り自殺を目撃してから、歩けなくなった。ゼブラーマンのファン。
柄本明(カニ男)
市川の住む街で通り魔を繰り返す、謎の男。目が緑色に光る。

ゼブラーマンのネタバレあらすじ

映画『ゼブラーマン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ゼブラーマンのあらすじ【起】

市川は小学校で教師をする冴えない中年。学校では生徒に嫌われている。更に、妻は不倫、娘は援助交際、息子の一輝は市川が原因でいじめられている。唯一のストレス発散方法は、幼い頃の憧れのヒーロー・ゼブラーマンになりきること。自作のコスチュームを身にまとい、自室でアクションを行っている。

その頃日本には、地球外生命体の存在が噂されはじめていた。そこで、防衛庁で会議が行われ、及川と瀬川が調査を命じられる。及川と瀬川は、市川の住む街で潜入捜査を始める。
潜入先のアパートで、地球外生命体を感知するレーダーを用いると、そのレーダーは常に反応を示していた。

市川の小学校に、車いすの少年浅野が転校してくる。浅野の母親に頼まれ、市川は、浅野と過ごす時間が多くなった。

浅野と話すうち、彼もまた市川と同じく、ゼブラーマンが好きなことがわかる。市川は浅野に、現在がゼブラーマンの舞台となった2010年であることを教えられる。更に市川は、主人公が市川と同じく、小学校の教師であることに気付く。

ゼブラーマンのあらすじ【承】

ある夜市川は、浅野に自作のゼブラーマンコスチュームを見せたくなる。浅野の家に着く前に、ゼブラーマンの格好をした市川は、女性を襲うカニ男に遭遇する。

カニ男は市川を見ると、襲い掛かってきた。市川はカニ男との戦いの中で、自分が超人的な動きができるようになっていることに気付く。

カニ男を退治すると、市川は走り去る。その市川の姿を、浅野が目撃していた。しかし、それが市川だとは気付かず、ゼブラーマンがいたと信じる。

現場に駆け付けた及川と瀬川は、カニの被り物と、頭部に大きな穴が開き、そこに緑色の液体が溜まった異形の男を発見する。二人は緑色の液体を採取し、持ち帰る。

及川と瀬川は、現場にいた浅野の話を聞きに、度々小学校を訪れる。しかし浅野は、二人にゼブラーマンの話をしない。教頭だけが、街の現状に危機を感じ焦っていた。

カニ男と戦って以来、市川は街に現れる不審な人間と戦うようになる。ゼブラーマンの存在は、街の噂となり、及川達の知るところとなる。

小学校の使われなくなった体育館では、倉庫下から緑色の液体があふれ出ている。教頭がその体育館をテープで隙間なく封鎖している。

ゼブラーマンのあらすじ【転】

街に緑色の目をした子供たち現れ、金属バットを持って街を破壊し始める。子供たちの中に、一輝もいた。ゼブラーマンの格好で駆け付けた市川は、一輝の姿に驚き、一輝だけを連れ出す。

一輝は緑色の液体を吐き出すと、元に戻った。そのことで、市川は自分が戦っている相手が人間ではないことに気付く。

その頃、浅野の母親が働く病院では、緑色の赤ちゃんが生まれ、パニックになっていた。
緑色の赤ちゃんを産んだ母親の目は、緑色に光っていた。

瀬川も、自らが採取した緑色の液体に寄生されてしまう。

街の異変を知り、教頭は封鎖していた体育館に入る。そこはすでに緑色の液体で満ちていた。教頭は液体に引きずり込まれ、死んでしまう。

市川は教頭に託された鍵を持ち、教頭のアパートを訪ねる。そこは、及川と瀬川が潜入捜査するアパートの隣室だった。アパートにあったゼブラーマンの脚本と、寄生された瀬川の証言から、市川と及川は、教頭の正体を知る。

教頭は、地球侵略を狙うエイリアンの一人だったが、クーデターを起こし宇宙船を墜落させた人物だった。墜落後はゼブラーマンの脚本を通して人類に警告し、その後墜落現場の小学校に勤務しながら、他のエイリアンを見張っていたのだった。

ゼブラーマンの脚本を読んだ市川は、ゼブラーマンは最終回に、飛べないせいで負けることを知る。これまでの戦いで、できると信じることで様々な動きを身に着けてきた市川は、飛ぶための訓練を始める。

ゼブラーマンのあらすじ【結】

街では、エイリアンに寄生される人間が、更に増加していた。そこで防衛庁は、市川の住む地域に中性子爆弾を投下することを決める。寄生された人間を見分けることができないため、住民に知らせず、住民ごと消滅させる作戦にでる。

体育館の様子を見に行った浅野が、エイリアンに捕まってしまう。市川は、ゼブラーマンのコスチュームを着て、浅野を助けに向かう。

体育館には、たくさんの小さな緑色のエイリアンがいた。浅野を助けるため、市川はエイリアンと戦う。エイリアンは、倒すほど合体して大きくなる。それでも諦めずにいると、市川は本物のゼブラーマンに変身する。

ゼブラーマンとなった市川は、浅野をエイリアンから取り返し、小学校の中を逃げる。
逃げ回った末、二人は屋上にたどり着く。浅野からの応援を受け、ついにゼブラーマンは空を飛ぶ。

ゼブラーマンは、浅野を校舎の外にいた母親に託し、再びエイリアンと対峙する。エイリアンは校舎の数倍の大きさにまで巨大化していた。そこでゼブラーマンは空を飛びながらエイリアンと戦う。

ゼブラーマンは、必殺技を使うことで、エイリアンを倒すことに成功する。エイリアンを倒したことで、中性子爆弾の投下も免れることができた。ゼブラーマンによって、街の平和は守られたのだった。

この記事をシェアする