映画「ゼロの未来」恋と友情に目覚めよ!テリー・ギリアム監督最新作

ゼロの未来の概要:近未来を舞台にコンピューターの天才コーエンが人生の謎に挑む!愛とは友情とは、希望にあふれた未来を生きるために飛べ!「未来世紀ブラジル」を超えた名作の誕生を予感するテリーギリアム監督最新作。

ゼロの未来 みどころ

ゼロの未来
映画『ゼロの未来』の見どころを紹介します。

「未来世紀ブラジル」を超えた?

鬼才テリー・ギリアム監督の最新作「ゼロの未来」は近未来ヒューマンドラマらしい。あの迷作「未来世紀ブラジル」のおバカ&ファンタジー路線を継承しつつ暴走しているのだろうか?それとも真面目に人生を論じるのか?

おバカで憎めない映画が好きです。悲しい時見ると笑えるから。テリー・ギリアム監督がインタビューで「秋葉原でカルチャーショックを受けた!」と話していたが、どんな衝撃だったのだろう。

彼が着ぐるみを着て、はしゃいでいたとしても驚かないと思う。ちょっと不真面目に観るのがテリー・ギリアム作品を楽しむコツです。

曲者ぞろいの俳優たち

今回の主人公は、天才だけどひこもりの青年です。その役を悪役でおなじみのクリストフ・ヴァルツが演じています。彼は、「ジャンゴ繋がれざる者」(12)の賞金稼ぎの役や「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(11)でも悪役を演じ、2度のアカデミー助演男優賞を受賞しています。

気弱そうな役が合うのか?大丈夫です。実力派俳優なので、観ていくうちに自然となじんでいきます。注目はヒロイン役のメラニー・ティエリーです。「海の上のピアニスト」で可憐なヒロインを演じていたのが懐かしく、主人公をどう振り回すのか楽しみです。

まだまだ個性的な俳優がいますよ。ハリーポッターシリーズでルービン先生役を演じた、デヴィット・シューリスです。ジョビー役を演じるのですが、変わり者の役をさせたら本当に上手です。主人公とのからみに注目して下さい。

また、この映画の鍵となる、人物を演じるのがボブ役のルーカス・ヘジッスです。個性豊かな俳優たちの競演に大注目です!

美術に注目!

テリー・ギリアム監督は、元アニメーターだけあって本当に絵が上手です。絵を描くことでアイデアが生まれ、物語が動きだすのだそうです。一見奇抜に見える建物や人物の装飾でも、よく計算されていて不思議と懐かしい近未来を表現しています。

秋葉原で感じたイメージが美術に反映されているのかもしれません。これまで体験したことのないを美術を通して垣間見る、映画ならではの醍醐味です。

アニメーター対決!テリー・ギリアムVSティム・バートン

ここで、アニメーター出身として、テリー・ギリアムとティム・バートンの世界を比較してみたいと思います。共通点はアニメーターとしての高い美術スキルとブラック・ジョーク(ティム・バートンはブラック・ユーモア)の効かせ方、アイデアの膨らみがすごい点が挙げられるでしょう。

特異な点は、破壊と構築です。テリー・ギリアムは徹底的に破壊する場面が多く、イマジネーションが膨らみすぎて制御不能となっているが、ティム・バートンは構築、すなわち原作やオリジナルから独自の世界観を拡大させることに成功しています。

その違いが面白いと思いませんか。加えて、人物の表現にもパターンがあり、主人公がいつもまきこまれ型で大きな事件が起きるのを待っているように見えるのです。ありきたりの未来ではなく斬新な未来が見たい!「ゼロの未来」は期待十分に楽しませてくれます。

テリー・ギリアム監督 破天荒な魅力

「未来世紀ブラジル」(1985)や「21モンキーズ」(1996)、「Drパルナサスの鏡」(09)が代表作で近未来を舞台にしたSFやファンタジーを描いています。カルト的な人気があり、映画も制作現場でもクレイジーという監督です。

予算や表現の事で納得いくまで、映画会社やスタッフと争うので大変です。今回は大丈夫だったのでしょうか。心配になります。映画以外の活動として、「モンテパイソン」というコメディ集団に所属し、コントを追求中です。

BBCの「空飛ぶモンティパイソン」というお笑い番組で人気となり、一度解散するも、再結成しています。テリー・ギリアムファンなら知っていることだけど、まだ観ていない人がいたら一度ご覧下さい。きわどいネタに卒倒するかも!

次回作として、準備中の「ドンキホーテを殺した男」がありますが、まだ未完成といういわく付の作品です。どうなるか分からない、そんな素晴らしい未来へ期待を込めて。

まとめ

近未来。コンピューターの天才、コーエン・レスは「ゼロの定理」を解くべく一人籠って研究を続けていた。そんなコーエンは友人に誘われてパーティに参加し、そこで美しい女性ベインズリーと出会う。ベインズリーとの恋や「ゼロの定理」の謎を知るボブとの交流を通して、人生とは何か、愛とは、友情とはと深く考えはじめる、普遍性をテーマにした物語です。

誰もが共感する内容と個性豊かな登場人物、きらびやかな未来の世界と見所満載です。落ち込んでいる時見れば、励まされると思いますよ。

テリー・ギリアム節といったブラック・ジョークや社会批判もちりばめられており、飽きさせない映画になっています。この映画が「未来世紀ブラジル」を超えた名作かどうかは観て判断して下さい。

実に前向き思考の映画です。曲者ぞろいの俳優たちでしか表現できない心の厚みがあります。一人ではなく友人や家族と一緒に見よう!

Amazon 映画『ゼロの未来』の商品を見てみる