映画『絶体×絶命』あらすじネタバレ結末と感想

絶体×絶命の概要:骨髄移植しか生きる望みのない息子を持った刑事が、ようやく探し当てた唯一のドナーは凶悪殺人犯だった。マイケル・キートンとアンディ・ガルシアが共演した1998年公開のアメリカ映画。

絶体×絶命 あらすじネタバレ

絶体×絶命
映画『絶体×絶命』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

絶体×絶命 あらすじ【起・承】

サンフランシスコ市警のフランク・コナー刑事(アンディ・ガルシア)は妻を亡くし、男手一つで9歳になる息子のマットを育てていた。しかしマットは白血病が再発し、骨髄移植をしなければ命は助からないと宣告される。

フランクはFBIの極秘データから骨髄の適合者を探す。唯一見つかった適合者はピーター・マッケイブ(マイケル・キートン)という凶悪殺人犯だった。それでもフランクは息子のため、ドナーになってくれるようマッケイブに頼む。

マッケイブは刑務所での待遇向上を条件にドナーになることを約束する。移植手術は厳重な警備体制が整ったサンフランシスコ病院で行われることになる。IQ150のマッケイブは密かに脱獄計画を練り、病院へ移送される。

マックの主治医であるサマンサ・ホーキンス医師(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は勇敢な女医で、極悪犯のマッケイブを恐れることなく移植準備を開始する。しかしマッケイブは抗麻薬剤を飲み麻酔が効かないよう準備しており、ベッドから脱出。多くの人を傷つけながら病院内を逃げまわる。

マッケイブが死ねば骨髄移植は不可能となり、それはマックの死を意味する。フランクはマッケイブを追いながら、彼が殺されないよう守る必要もあった。そのためフランクは警察からの指令を無視して、単独でマッケイブを追う。

絶体×絶命 あらすじ【転・結】

マッケイブは旧館の管制室に人質をとって立てこもり、逃亡するためのヘリを要求する。移植準備のため免疫力を失っていたマックも旧館の感染症病棟へ移されており、フランクはサマンサとともに旧館への移動を試みていた。

フランクは監視カメラと無線でマッケイブと交渉し、逃亡を手助けする約束で旧館に入れてもらう。管制室の天井裏には警察の特殊部隊が侵入し、マッケイブを射殺しようと狙っていたが、それに気づいたマッケイブによって逆に射殺されてしまう。

マッケイブは自分の身を守るため、マックを人質にして逃走し始める。フランクは取り残されていたマックを保護し、すぐにマッケイブを追いかける。マッケイブは壁を破壊して排気室からマンホールの蓋を開けて外へ逃走する。すでに外は明るくなっていた。

マッケイブが青いトラックを奪って逃走していることがわかり、フランクはパトカーを奪ってそのあとを追う。可動式の橋までマッケイブを追いつめ、上司の命令と偽って橋を可動させる。さらに警察のヘリが2人に近づいていた。それでも逃走しようとするマッケイブを止めるため、フランクは彼の足を撃つ。そのはずみでマッケイブは川へ落下するが、フランクがすぐに救出して一命を取り留める。

フランクの執念が実って移植手術は無事に成功し、マックは順調に回復していた。集中治療室のマッケイブはまだ懲りずに脱走しようと銃を手にしていた。

絶体×絶命 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1998年
  • 上映時間:101分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:バーベット・シュローダー
  • キャスト:マイケル・キートン、アンディ・ガルシア、マーシャ・ゲイ・ハーデン、エリック・キング etc

絶体×絶命 批評・レビュー

映画『絶体×絶命』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

気持ちはわかるけれど…

刑事をしている主人公の息子が白血病で、唯一のドナーが凶悪殺人犯だったら…。確かにこの設定は面白い。しかもドナーのマッケイブは刑務所内でも人を殺しているという筋金入りの凶悪犯で、常に脱獄の機会をうかがっている。

それでもフランクは息子の命を助けるまで絶対に諦めないという信念を持っており、周囲もその熱意に負けてこの特例を認めるわけだが、病院は大変なことになってしまう。マッケイブによって人が火だるまにされ、警官は撃たれ、病院はパニックに陥る。父親として息子を助けたいフランクの気持ちはわかる。わかるけれど、息子のために一体何人の人が犠牲になったのか…。それを思うと、絶対にマッケイブを殺させまいとするフランクの行動に疑問を感じてしまう。息子が助かれば、他人は死んでもいいのか?

せめてフランクがどこかで“息子のためにこれ以上の犠牲は出せない”という葛藤をしてくれたら多少は印象も変わったが、最後までそこはスルーだった。いくらアクションがメインでも、もう少し人間が描けていないと感情移入するのは難しい。

全体にツメが甘い

おそらくテーマは“最後まで諦めずに闘う”ということなので、フランクもマッケイブもとにかく諦めない。マッケイブはひたすら逃走しようとするし、フランクはマッケイブを生け捕りにするためどこまでも追いかける。

病院で繰り広げられるアクションはそれなりに面白い。単に銃を持っての追いかけっこではなく、メスや硫酸入りの注射や麻酔ガスなどの武器をマッケイブに使わせ、病院という特殊な空間を上手く利用していた。フランクがマッケイブを殺せないという設定も効いてはいたが、ちょっと警察の対応がゆるすぎる。フランクとマッケイブの攻防がメインとはいえ、もう少し警察も2人を追い込まないとアクションシーン全般が迫力不足だ。

さらにマックは“菌に感染すれば数時間で死ぬこともある”と宣告されていたのに、無菌室から出てマッケイブに連れ回されても普通だった。“あれ?結構元気そうやん”と感じた人も多いのではないだろうか。いや、元気ならそれでいいんだけど。何か全体にツメが甘いので、どうも夢中にはなりきれない。

絶体×絶命 感想まとめ

設定はとても面白いのだが、そこを消化しきれていない。マイケル・キートンもアンディ・ガルシアも悪くはなかったのに、これといってひっかかるものがない。それはひとえに、アクションに力を注ぎすぎてキャラクター作りがおざなりになってしまったせいだろう。マッケイブもフランクもどこか中途半端な印象を受ける。いくらアクションが良くても(アクションも最高にいいとは思えないが)それだけでは飽きる。

ただ、最後に子供が助かったのは良かった。これで死なれたりしたら猛烈に胸糞悪い。話は雑だが、適度な娯楽映画としては及第点といったところか。

Amazon 映画『絶体×絶命』の商品を見てみる