映画『地獄の英雄』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「地獄の英雄」のネタバレあらすじ結末

地獄の英雄の概要:スクープ記事を狙っていた新聞記者は、洞窟内で男が生き埋めになっている現場に遭遇し、ドラマチックな救出劇を自ら演出し始める。巨匠ビリー・ワイルダー監督が、「不幸なニュースほどよく売れる」という新聞の法則を使い、人間の浅ましさを鋭く描き出す。

地獄の英雄の作品概要

地獄の英雄

公開日:1951年
上映時間:112分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ビリー・ワイルダー
キャスト:カーク・ダグラス、リチャード・ベネディクト、ジャン・スターリング、ボブ・アーサー etc

地獄の英雄の登場人物(キャスト)

チャールズ・テータム(カーク・ダグラス)
数々の大手新聞社で働いた経験のある敏腕記者。腕はいいが、すぐに問題を起こして解雇になる。一文無しとなってニューメキシコ州のアルパカーキに流れ着き、小さな新聞社に雇ってもらう。再起のチャンスを待っている。
レオ・ミノーザ(リチャード・ベネディクト)
ニューメキシコのエスクデロという小さな町で、両親と妻のロレインとともに交易所を営んでいる。先住民の墓だった洞窟へ入り、岩盤崩落事故で洞窟内に閉じ込められてしまう。
ロレイン・ミノーザ(ジャン・スターリング)
レオの妻。酒場で働いていた派手な女性で、贅沢ができると思ってレオと結婚した。しかし思惑が外れ、レオとは別れたがっている。もうすぐ結婚して5年になる。

地獄の英雄のネタバレあらすじ

映画『地獄の英雄』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

地獄の英雄のあらすじ【起】

1951年のアメリカ。ニューヨークやシカゴなどの大手新聞社を転々としてきた新聞記者のチャールズ・テータムは、落ちぶれてニューメキシコ州のアルパカーキという小さな田舎町に行き着く。チャールズはそこで「アルパカーキ・サン紙」という地方新聞社のオフィスを見つけ、社長のブートに自分を売り込む。

チャールズは仕事のできる男だったが、傲慢な性格や酒癖の悪さが災いし、新聞社を解雇されてきた。それでも自分の腕には自信を持っており、いつか大スクープを掴んで、再起するつもりでいた。温厚で誠実なブートは、一文無しだというチャールズを雇ってやる。

チャールズがサン紙で働き始めて1年が過ぎた。都会で暮らしてきたチャールズは、何も起こらない退屈な田舎町にうんざりしており、ストレスを溜めていた。ブートは、少しは気分転換になるだろうと考え、若手社員のハービーと一緒にチャールズをエスクデロでのヘビ狩りの取材へ行かせる。

エスクデロは先住民地区のあるかなりの田舎町で、給油のため立ち寄った交易所も閑散としていた。店内には誰もおらず、奥の部屋では老女が一心に祈りを捧げている。おかしなところだと思っていると、チャーリーたちの目の前を、パトカーが走り去っていく。チャーリーはとりあえず、先住民地区へ入ったパトカーを追いかける。

途中で会ったロレインという女性の話によると、彼女の夫のレオがこの先の洞窟に入り、岩盤崩落事故に巻き込まれ、洞窟内に閉じ込められているらしい。チャールズはスクープになるかもしれないと考え、洞窟前へ急ぐ。

この洞窟がある山は、先住民が「7羽のハゲワシの山」と呼んでいる聖なる山で、先住民は悪霊の祟りを恐れ、決して洞窟内には入らない。その話を聞いたチャーリーは、面白い記事になりそうだと考え、自ら名乗りを上げて、洞窟内のレオに会いにいく。

地獄の英雄のあらすじ【承】

真っ暗な洞窟を進むと、崩れた岩の奥に閉じ込められた状態のレオがいた。レオの下半身は土砂で埋まっており、全体の地盤が緩いので、下手に動くとさらなる崩落を招く危険があった。しかし大きな怪我はなく、レオは元気そうだった。

ここは昔の先住民が墓場にしていた洞窟で、遺体と一緒にツボが埋められていた。金になるツボ目当てで洞窟に入ったレオは、先住民の霊の祟りかもしれないと話す。チャールズは今までの経験上、このニュースは群衆の関心を引くと確信する。レオはそんなチャールズの企みも知らず、危険を顧みずに洞窟内へ来てくれたチャーリーに感謝する。

チャーリーはブートに“明日の一面はこのネタでいく”と連絡し、すぐに記事を書き始める。チャーリーの頭の中には、群衆が喜ぶレオ救出劇のシナリオがすでに出来上がっていた。

翌日。ここでの退屈な貧乏暮らしに嫌気がさしていたロレインは、家出を企てる。しかしチャーリーは悲しみにくれる妻の記事を今朝の新聞に書いており、ロレインに逃げられると困る。チャーリーは、“人が集まるので、金儲けができる”とロレインを引き留める。チャーリーの言葉通り、今朝の新聞を見た家族が、さっそくトレーラーでやってくる。それを見て、ロレインも家出を思いとどまる。

この事故を一目見ようという野次馬は続々と集まり、交易所は大繁盛する。欲深いロレインは、先住民地区の入り口で、入場料まで取り始める。

チャールズはすぐに建設業者や医者を呼び、救出劇の演出を始める。ヘビ狩りの邪魔をされて不機嫌だった保安官も、“協力すれば次の選挙にも勝てる”とチャーズルに言いくるめられ、その気になる。チャールズは、保安官を英雄に仕立て上げる代わりに、他のマスコミを洞窟内に入れないという取引をして、記事の独占権を確保する。

地獄の英雄のあらすじ【転】

建設業者の責任者スモレットは、緩い岩壁に防護壁を築いてから岩を取り除き、レオを救うつもりだった。この方法だと、16時間ほどでレオを救出できる。しかしチャールズは、1週間はこのネタで独占記事を書きたいと考えており、あえて時間のかかる方法を推奨する。それは山頂からドリルで穴を掘るという方法だった。スモレットは“レオが7日間も洞窟の中にいることになる”と言って反対するが、チャールズと保安官に押し切られてしまう。

ロレインはやり手で非情なチャールズに魅力を感じ、彼を誘惑する。しかしチャールズは、彼女を殴ってわざと悲しい表情をさせる。

3日目。ドリルで山を掘り進む作業が始まる。洞窟前にはテントやトレーラーが並び、ラジオの生中継まで始まる。

ニューヨークやシカゴから来た大手新聞社の記者たちは、チャールズだけが洞窟に入れることに抗議する。保安官を味方につけているチャールズは、強気の姿勢を崩さず、サン紙を辞めてフリーとなり、大手新聞社に独占記事を売り込むつもりでいた。

レオのところへ行くチャールズを、集まった群衆たちは歓声をあげて見送る。チャールズはスター気取りでいい気になっていたが、洞窟内のレオは苦痛と孤独に耐えていた。

金曜日はレオとロレインの結婚5周年の記念日で、レオはどうしてもそれまでに外へ出たがっていた。レオはチャールズを心から信頼できる親友だと思い込んでおり、チャールズになんでも話す。チャールズはそんなレオに対して、罪悪感を感じ始める。

それでもチャールズは、このチャンスを諦める気にはなれず、ブートの忠告も無視して、ニューヨークの新聞社に記事を売ることにする。チャールズの条件は、毎日1000ドルの報酬と新聞社への就職だった。編集長は腹を立てるが、独占記事欲しさにその条件を呑む。

地獄の英雄のあらすじ【結】

洞窟前はますます賑やかになり、レオの歌を作ってその楽譜を売るバンドや、特別列車までが走り出す。集まった群衆は一種の観光気分でこのお祭り騒ぎを楽しみ、金儲け目当ての商売人たちを喜ばせていた。そんなバカ騒ぎを、レオの両親は悲しい気分で見つめる。

罪悪感に苦しみ始めたチャールズは、酒浸りになっていく。ロレインは夫の無事など全く祈っておらず、チャールズを追ってニューヨークへ行くつもりでいた。

生き埋めになって129時間が経過し、レオは衰弱していく。医者は、レオが肺炎にかかっており、12時間以内に病院へ運ばなければ助からないと判断する。レオも自分の死期を悟り、神父を呼んで欲しいとチャールズに頼む。

チャールズは防護壁を作る方法に戻すと言い出し、保安官と大喧嘩になる。しかしドリルの振動で壁がボロボロになっており、今更防護壁は作れないことがわかる。スモレットは、自分の忠告を聞かなかったチャールズや保安官を非難する。

金曜の朝。チャールズは記事も書かずに洞窟内のレオを励ましていた。死期の迫ったレオは、ロレインのクローゼットに隠した贈り物の話をする。チャールズは急いでロレインの部屋へ向かう。

ロレインはレオが用意した毛皮の襟巻きを床に投げ捨て、チャールズに迫る。チャールズは心底ロレインが憎くなり、襟巻きで彼女の首を絞める。ロレインはハサミでチャールズの腹を刺して反撃する。チャールズは怪我を負ったまま教会へ向かう。

チャールズはレオのために神父を洞窟内へ連れていく。レオは神父に懺悔し、ついに息絶える。

チャールズは山頂から群衆に向かってレオが死んだことを伝え、この騒ぎの終わりを告げる。ロレインは群衆に紛れて家を出て行く。後には、息子を心配し続けていた老夫婦だけが残される。

チャールズは酔っ払い、ニューヨークの新聞社に“記者が6日間男を生き埋めにしたという特ダネ記事を渡してやる”と電話をするが、全く相手にされない。腹の怪我を放置したままサン紙のオフィスへ戻ったチャールズは、“俺は日給1000ドルの記者だ、タダで雇えるぞ”と言い残し、その場に崩れ落ちて絶命する。

Amazon 映画『地獄の英雄』の商品を見てみる