映画『自殺サークル』あらすじとネタバレ感想

自殺サークルの概要:園子温監督の、2002年に公開されたパニックムービー。社会問題になりつつあった集団自殺をテーマに、謎の自殺の連鎖とそれを追う刑事や恋人を自殺で亡くした女子高生の姿を描いた。

自殺サークル あらすじ

自殺サークル
映画『自殺サークル』のあらすじを紹介します。

新宿駅のプラットホームから、54人の女子高生たちが手をつなぎ、線路に飛び込んで集団自殺を遂げた。
その直後、夜勤をしていたもう2人の看護師が突然の自殺。
そこに残されていたスポーツバッグには、集団自殺した女子高生のものを含んだ皮膚で作られたロープ状のものが入っていた。

警察が事件と事故のどちらで処理していいのか混乱する中、警察に“コーモリ”という人物から一本の電話が入り、自殺予告をしているサイトの存在が告げられる。
そしてとある高校で再び集団自殺が起こり、彼らは「自殺クラブ」という言葉を残した。

自殺の連鎖が続く中、黒田刑事の息子が「廃墟ドットコム」という謎のサイトの存在を見つけ、その後自殺予告の電話がかかってくる。
黒田は事件と判断し捜査を開始するが、帰宅すると彼の家族が自殺していた。
再び電話を受け「あなたとあなたの関係は?」と問われた黒田もまた自殺する。

コーモリの通報で「自殺クラブ」のサイトを運営していたジェネシスという男が逮捕されるが、彼は自殺をけしかけた犯人ではなかった。
恋人を自殺で失った女子高生ミツコが偶然、人気アイドルグループ「デザート」に隠された謎を紐解き、指定された場所に向かうと多くの子供たちに「あなたとあなたの関係は?」と聞かれる。
その後、警察の元には新たな自殺予告が届いてた。

自殺サークル 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2002年
  • 上映時間:99分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス
  • 監督:園子温
  • キャスト:石橋凌、永瀬正敏、さとう珠緒、宝生舞 etc

自殺サークル ネタバレ批評

映画『自殺サークル』について、感想批評です。※ネタバレあり

大風呂敷を広げただけのストーリー

54人の女子高生の集団自殺という血みどろのショッキングなシーンから始まる作品。
集団自殺とインターネットの危険性を絡めながら進むストーリーはどんどん広がり、大風呂敷を広げきった形で終わる物語。
「ちょっとコンビニに行ってくる」というような軽さで自殺してしまう登場人物たちが恐ろしく不気味で、洗脳なのか、テロ行為なのか、単なる自殺なのか、最後まで明らかにならない。

サブリミナルでも行っているかのように何度も入り込む「デザート」のMVや「廃墟ドットコム」の画面上の点滅、子供の声での電話「あなたとあなたの関係は?」という言葉の意味もわかることなく、謎が増えるだけ増えていく。
そして平均年齢12歳のアイドルグループ「デザート」の会場に行き着いたミツコが出会う子供の集団と、質問に即答した彼女が皮膚を取られても自殺しなかった理由も、全く謎で放り投げて終わるのだ。

ブラックユーモアたっぷりの園子温ワールド

作中のアイドルグループ「デザート」が終盤に解散を発表し、「勝手に生きろ」と叫んで終わると言うエンディングは奇妙な感覚を覚えさせる。
54人の女子高生の集団自殺シーンをはじめとしたグロテスクなシーンの多さと、これでもかという程使われる大量の血のりはすさまじい。

高校生の屋上からの飛び降りの後の、「耳が引っかかって取れない」という台詞には、もはやブラックジョークのようなテンポも感じられる。
黒田宛の電話で告げられた自殺予告を阻止しようとする警察の様子と共に、「ここで飛べ!」と書かれたカードを掲げる人物が何度も登場し、同時多発的な自殺が発生する演出もブラックだ。
ミツコが子供たちに連れられて向かった地下のシーンでの、トンネルの中に敷き詰められたヒヨコと謎の仮面の男性の存在、ピンクや黄色といったカラフルで子供っぽい色彩は異様だ。
ROLLYが演じた、集団自殺をけしかけていると思われた「自殺サークル」サイトの運営者、ジェネシスのMVのような演出もまたブラックユーモアたっぷりで、集団自殺をテーマにしているが暗くなり過ぎない作品になっている。

自殺サークル 感想まとめ

広げられるだけ広げた大風呂敷のストーリーが展開され、納まる事など考えられていない作品。
続編であり前日譚でもある「紀子の食卓」で、全てではないがいくつかの謎が明らかになっているため、本作で納得できない場合はその映画も見ることを勧めたい。

主要キャストの豪華さと、中盤で自殺する黒田刑事役の石橋凌や妻役の余貴美子といった大物俳優のいなくなり方も驚くほど潔い。
園子温監督の「愛のむきだし」や「紀子の食卓」にも通じる鳥とカルトというポイントが、本作でも“トンネルのヒヨコ”と“子供たちのカルト”という形で表現されており、園監督の作品独特の世界観が垣間見える。
グロテスクなシーンもあり、集団自殺というタブーにも似たテーマを描いてるため、見た後に何かを考えるよりも作品の世界に翻弄されるだけされたほうが楽しめる作品だ。

Amazon 映画『自殺サークル』の商品を見てみる