映画『自虐の詩』のネタバレあらすじ結末

自虐の詩の概要:「前略、お母ちゃん。いつも私は不幸でした。」いつも不幸なゆきえは酔っぱらいの元ヤクザ、イサオと暮らしていた。そんな2人に子供ができた!ゆきえは小さな幸せを手にすることができるのか?大阪の下町を舞台にした爆笑ラブストーリー。

自虐の詩の作品概要

自虐の詩

公開日:2007年
上映時間:115分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:堤幸彦
キャスト:中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀 etc

自虐の詩の登場人物(キャスト)

森田ゆきえ(中谷美紀)
ずっと不幸だけど、小さな幸せをいつも願っている。お酒を飲み暴れるイサオとボロアパートで暮らす。元シャブ中の娼婦。イサオの子供を身ごもるが、事故にあってしまう。
葉山イサオ(阿部寛)
仕事をしないで飲んでばかり。無口で不器用な元ヤクザ。シャブ中だったゆきえを助けた過去を持つ。
父親は東京の有名なヤクザで、大阪の組長から何度もスカウトされる。
ラーメン屋の店主(遠藤憲一)
ゆきえのバイト先のラーメン屋店主。ゆきえに恋心を抱いている。飲んでばかりのイサオを見かねてゆきえにプロポーズするが、振られてしまう。
大家さん(カルーセル麻紀)
ゆきえとイサオの部屋の隣に住む大家さん。ゆきえを常に心配している。
熊本さん(丸岡知恵)
中学時代の同級生。ゆきえと同じく家が貧乏だった。

自虐の詩のネタバレあらすじ

映画『自虐の詩』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

自虐の詩のあらすじ【起】

「前略、お母ちゃん。何故私を産んだんですか?」
寂れた田舎町で、 ぼろぼろのジャージの少女が新聞配達をしている。ふと新聞を読んでいたら、そこに父親がの顔があった。急いで家に帰ると、ちょうど警察に連行されるところだった。
「お母ちゃん。 いつも私は不幸でした。」

大阪の商店街で人だかりができていた。血まみれでパンチパーマの男が倒れている。
その男には小指がなかった。
「ゆきえちゃん!イサオさんが!」
警察にかけこむゆきえ(中谷美紀)。そこには先ほどの、血まみれでパンチパーマの男が霊安室で寝ていた。また、酔っぱらって喧嘩をし、警察にお世話になっていた。

大人になった少女は、古びたぼろアパートでイサオ(阿部寛)と暮らしていた。
ある日ゆきえは大家さんにお金を借りていた。イサオがゆきえの給料袋をまるごと盗んだのだ。
「ちゃぶ台ひっくり返すの36回目や!ひどい男やなー。」
給料が入って、ゆきえはイサオに美味しいものを食べさせようとした。しかし、怒りっぽいイサオは、ちゃぶ台ごとひっくり返したのだった。
「あのひとね、ああ見えていいとこあるんだから。」

自虐の詩のあらすじ【承】

喫茶店で仲間とだらだらするイサオは、寒さに震えながら出前を運ぶゆきえを見てしまった。窓を新聞紙で隠して思いっきり目をそらした。
「おい、弁当。明日から、仕事。」
思ったことがあったのか、イサオは仕事に出ると言い出した。大喜びしてイサオに抱きつくゆきえ。筑前煮、卵焼き、紅じゃけ。上機嫌で豪華なお弁当を作り始めた。

交通整理のバイトをはじめたイサオは先輩に怒鳴られていた。イサオは全く仕事ができなかった。そこにヤクザ時代の知り合いが、高級そうなベンツで通りがかる。
「おまえほんとにあのブスのためにヤクザやめたの?あの女、昔・・・・・・」
ゆきえは息をきらせながら警察にかけこむ。いさおは暴言を吐いた2人組をぼこぼこに殴って、警察に連れて行かれていた。
「おまえはこの世界で生きる男や。悪いようにはせえへん。」
イサオは、評判を聞きつけた大阪の組長にスカウトされていた。うまくいかないイサオの心は揺れていた。

ゆきえはバイト先のラーメン屋に出勤した。ラーメン屋の店主はゆきえのことが好きで、
プロポーズをしたが断られてしまっていた。
「この人うちのお父さんです!!!」
ラーメン屋の奥から出てきた謎のおじさん。彼は18年の刑期を終えて出所した、ゆきえの父親だった。

自虐の詩のあらすじ【転】

パチンコで勝って酔っぱらったイサオは、仲間とゆきえのラーメン屋になだれこむ。しかし、運悪く父親とはちあわせになってしまう。揉み合いになる2人にゆきえが叫んだ。
「赤ちゃんができたの!!!!!」
ある日、ゆきえは産婦人科にいた。
「おめでとうございます。3ヶ月ですよ。」
イサオは札束をゆきえに押し付け、無言で店を飛び出してしまった。

空を見上げて悩むイサオのもとに、ヤクザの組長が現れた。
「おまえには一流のヤクザの血が流れとる。あの親父の血が。 腹くくれ。」
ゆきえはまた語りかける。
「前略、お母ちゃん。私は本当にこの子を産んでいいのでしょうか?」

大家さんが大阪の街を必死に走る。イサオを見つけて胸ぐらを掴み、叫ぶ。
「ゆきえちゃんが!意識不明の重体や!あんたの子供が!死にかけとるんや!」
ゆきえは配達の途中で、歩道橋の上から落ちる事故にあっていた。いさおは病院へ走る。人を、自転車を、看板を、なぎ倒しながら。

自虐の詩のあらすじ【結】

ゆきえは夢を見ていた。

「貧乏!」
ばかにされながら、友達と弁当を食べるゆきえ。
内職をしているところに、父親は女を連れて帰ってきた。
「貧乏!」
一方父親も新しい嫁にばかにされていた。どうしても結婚したい父親は銀行強盗を計画した。原因は、新しい母親のせいだったのだ。父親が逮捕されたせいで、ゆきえは孤立した。でも、友達の熊本さんはゆきえに、
「近ぐさいても、遠ぐさいても、あんたのこと忘れね。」
「嬉しいときも、悲しいどきも、あんたと友達でいっから。」
「ずっと友達でいっから。」

手術は続く。血は全く止まらない。

「気持ち悪い!シャブ中!」
ゆきえは昔、誰にでも1000円でやらせる有名な娼婦だった。イサオはそんなゆきえが好きでいつも見守っていた。薔薇を送り、客からゆきえを守り、でも絶対に手は出さなかった。
「愛しています。ここを出て一緒に暮らしましょう。」
更生施設から出てきたゆきえを、ヤクザを辞めたイサオが待っていた。海を2人で見つめながら言った。
「また、来ましょうね。」

目を覚ましたゆきえのまわりには、ゆきえを心配そうに見つめるイサオ、大家さん、父親、イサオの友達がいた。
イサオは涙を流しながらゆきえに言った。
「海に行こうな、3人で。」

「前略、お母ちゃん。この世は、幸も功も不幸もないのかもしれません。でも、意味はあるのです。」
海で幸せそうな夫婦が寄り添っていた。手には産まれたばかりの命が、笑っていた。

Amazon 映画『自虐の詩』の商品を見てみる