映画『藁の楯 わらのたて』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「藁の楯 わらのたて」のネタバレあらすじ結末

藁の楯 わらのたての概要:『ビー・バップ・ハイスクール』を発表した漫画家、きうちかずひろが初めて小説家として発表した作品。藤原竜也の狂気じみた演技が素晴らしく、名優・山崎努の迫力も必見。

藁の楯 わらのたての作品概要

藁の楯 わらのたて

公開日:2013年
上映時間:125分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:三池崇史
キャスト:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀 etc

藁の楯 わらのたての登場人物(キャスト)

銘苅一基(大沢たかお)
長年SPとして勤めているベテランで、今回清丸の護衛に選抜される。
白岩篤子(松嶋菜々子)
銘苅の部下で、仕事に対して誠実なSP。一児の母親でもある。
奥村武(岸谷五朗)
銘苅や白岩と同様に清丸のSPの1人として選抜された、捜査一課の刑事。
清丸国秀(藤原竜也)
幼女を暴行しては殺害する凶悪犯。今回殺した相手の遺族によって、10億円の懸賞首となる。
蜷川隆興(山崎努)
孫を清丸に殺された資産家。清丸を確実に殺害するために、彼に10億の懸賞金をかける。

藁の楯 わらのたてのネタバレあらすじ

映画『藁の楯 わらのたて』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

藁の楯 わらのたてのあらすじ【起】

7歳という年若い少女が殺され、そして用水路に捨てられるという忌まわしい事件が起こりました。警察は、容疑者として清丸国秀という男を捜査線上にあげます。清丸は、8年前にも一度少女を暴行しそして殺害したという罪で実刑を受けており、つい先日出所したばかりの男です。しかし出所後の清丸の行方は一切掴めず、警察の捜査は難航していました。

そんな膠着状態を大きく動かす出来事が起こります。きっかけは殺された少女の祖父、蜷川という人物でした。蜷川は大変な資産家で、富も権力も持ち合わせている人物でした。そして蜷川は事件から3ヶ月が経過した頃、新聞社に「清丸国秀を殺してくれた人間に10億円お支払いします」という広告を大々的に掲載したのでした。

10億円という巨額の富に、今迄清丸を匿っていた田中という男がまず清丸を殺そうと試みます。激しい揉み合いの末、何とか清丸は逃げ切る事に成功しますが、このままでは自分の命が危ない、と何と福岡南署に自首したのでした。

藁の楯 わらのたてのあらすじ【承】

未遂に終わりましたが清丸を先陣切って殺そうとした田中に対して、蜷川は1億円支払うと確約します。その事で、市民はもし清丸を殺せば本当に10億円手に入るという確証を得たのです。その為、例え警察署内にいたとしても清丸は絶対に安全とは言い切れない状況となったのでした。

そして、福岡南署よりもより設備の整っている場所へと清丸を移送する事となりました。しかしその移送中にも、いつ清丸殺害を企む市民の手が伸びるかわかりません。そこで警察は、護送中の犯罪者、清丸に5人のSPをつけるという異例の決断を下すのでした。そしてその複雑な役回りに、銘苅やその部下である白岩達が任命されます。

福岡南署を出発した一行でしたが、どこに暗殺者が紛れているか分かりません。元々乗車予定であった飛行機は、整備士が清丸を殺害する為飛行機の調整をいじったことが判明し、空路という手段は絶たれました。そこで一行は、大型の護送車に乗り込み、地道に高速道路を移動する事となりました。

藁の楯 わらのたてのあらすじ【転】

しかし、そんな彼らを追っ手が見逃すはずもありません。清丸と銘苅達を乗せた護送車は、ニトロを載せたタンクローリーから突撃を食らいます。そして何と、その混乱に乗じて護送車に乗り合わせていた機動隊員が清丸に銃口を向けます。とうとう警察の身内内からも清丸の命を狙うものが出たのでした。

咄嗟に身を呈して清丸を庇った銘苅は被弾しますが、防弾チョッキを着用していた為九死に一生を得ます。新幹線に乗り換えた一行でしたが、何故か箝口令を敷いているにもかかわらず居場所が漏れてしまいます。そして次の刺客として現れたヤクザとの抗争の中で、護衛の1人、神箸刑事が命を落としてしまいました。

さらに、清丸を渡さなければ子供を殺す、と何の罪もない子供を人質にする人間まで現れました。その行為が許せなかった関谷刑事は、その男を射殺、責任を取って事件から降りました。何とか目的地まで近づいていた一行でしたが、誰かが線路に障害物を設置した為、徒歩での移動を余儀なくされました。

藁の楯 わらのたてのあらすじ【結】

途中、車を手に入れた一行でしたが、もう1人の護衛、警視庁捜査一課に所属する奥村刑事が実は今まで腕に仕込んだマイクロチップを使い自分達の居場所を漏らしていたことが判明します。そして残りのSPは、銘苅と白岩のみとなってしまいました。

その途中、自分の息子の悪行に耐えかねた清丸の母親が自殺したというニュースが飛び込んできます。流石の清丸もこれにはショックを受けますが、その矢先突如白岩に襲いかかり彼女を殺してしまいました。その殺害理由は、幼女が好きな清丸曰く「白岩がおばさんくさかったから」でした。必死に湧き上がってくる怒りを堪えながら、銘苅は目的地まで清丸を搬送しました。

しかし警視庁の前では、この騒ぎを引き起こした本人とも言える蜷川が清丸を殺害する為待ち受けていました。しかし蜷川の刀を奪った清丸が、反対に蜷川に牙をむきます。しかし銘苅が身を呈し蜷川を庇ったおかげで、彼は何とか一命を取り留めます。そして白岩や神箸などの刑事が命を賭して守った清丸は、裁判で死刑が言い渡されました。そして清丸は、「どうせ死ぬなら、もっとやっておけばよかった」と言い放つのでした。

藁の楯 わらのたての解説・レビュー

藤原竜也のクズっぷりがすごい!

一番の見どころといっても過言ではないのが藤原竜也演じる清丸のクズっぷりである。ロリコンの性犯罪者で、過去に何度も罪を犯している男。そして逃亡するも、命が惜しくて自ら警察に助けを求める情けなさ。
警視庁へ移送する道中でも、「この男を守る必要があるのか」と思えるほどどうしようもない言動を繰り返し、とうとう白岩を殺してまで逃げようとするのである。
最終的には死刑となるが、「こんなことになるならもっとイタズラすればよかった」と笑う始末である。
観客からすれば気持ちいいくらいのクズである。

藤原竜也と言えばクズの役、というイメージはもはや定着してしまっている。『デスノート』ですでにその片鱗は見えているが、『カイジ』からそのイメージがついてまわり始めたと言えるだろう。そういう役柄が求められるというのは才能があるが故だろう。
今回の役、清丸も藤原竜也以外考えられない。

ツッコミどころが多すぎる

作りが甘いのでは?と思える部分が多々あった。
まず、なぜSPは命を狙われることが分かっていながら防弾チョッキを着ていなかったのか。どんなに生え抜きのSPであっても、防弾チョッキくらい着るのではないか。ストーリーの進行上必要な死だったとしても、あり得ない設定だと思う。どうしても死ぬ必要があるならもっと他の方法を考えるべきだったと思う。
また、白岩のスキの多さにも驚いた。容疑者を取り逃がし、そしてつまらない罠にはまって殺されてしまう。防弾チョッキの件にしろ、この人たち、本当に生え抜きのSPか?と呆れてしまうほどの意識の甘さである。
ラスト、蜷川と清丸が対峙する場面でも、かなりの間清丸は野放しのままで、普通なら絶対逃げられる。

藁の楯 わらのたての感想まとめ

とにかく違和感だらけのストーリーで、設定の面白さだけ見て楽しみにしていると少々裏切られるが、これ以上ないほどのクズ・藤原竜也と、かっこよく任務を遂行する大沢たかおを堪能するにはとてもいい映画である。
また、途中で登場するタクシー運転手の余貴美子が良かった。清丸の警護に一役買ってくれた心強い人物でもあり、殺伐とした映画の雰囲気を明るく和らげて一休みさせてくれる存在でもあった。
突飛な設定だけに、フィクションとして観ると面白いが、もしこれが現実に起こったらどうなるかを考えると恐ろしい。実際あり得ない話でもないので、考えさせる内容でもあった。
ハリウッドでリメイクされるという話もあるので、その際はどう改善されるかも気になるところである。

Amazon 映画『藁の楯 わらのたて』の商品を見てみる