8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『キラー・トーナメント』あらすじとネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『キラー・トーナメント』の概要:2014年制作のニュージーランド映画(原題:CONTRACT KILLERS)。日本では劇場未公開作品で、世界最強の殺し屋を決めるサバイバルを描いたアクション映画である。

スポンサーリンク

映画『キラー・トーナメント』 作品情報

キラー・トーナメント

  • 製作年:2014年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:マシュー・ジョン・ピアソン
  • キャスト:ジェームズ・トレヴェナ=ブラウン、レニー・カタルド、ロブ・ヤング、トニー・マッカイヴァー etc

映画『キラー・トーナメント』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『キラー・トーナメント』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ×
dTV×
TELASA×
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット×
Netflix×

※動画の配信情報は2021年5月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『キラー・トーナメント』 評価

  • 点数:55点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

映画『キラー・トーナメント』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『キラー・トーナメント』のあらすじを紹介します。

悪党たちに復讐を誓ったマーシャルは、セバスチャンという男と知り合い裏稼業の道を歩み出す。
その2年後のことだった。
ある闇の組織は中国人の殺し屋リー・サンを雇った。
彼はその筋では世界最強と恐れられている殺し屋だったのだ。
そして組織の敵になりうると考えられた殺し屋たちが、偽の仕事依頼で集められ殺されていく。

主人公マーシャルもまた彼のターゲットとして狙われていたのだが、何とか逃げ出し仲介役のドリオの元まで逃げ切った。
そこにいたドリオの姪と恋に落ちたマーシャル。
そしてリーと再会し、再び命の取り合いというゲームが開始されたのだった。

映画『キラー・トーナメント』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『キラー・トーナメント』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

銃撃戦と格闘技のみの映画

殺し屋メインの映画だけに、それはもう格闘技と銃撃戦の繰り返し。
この手のシーンが好きな人には迫力もあり、これでもかというくらいの戦いシーンになっている。
しかしこのような描写が得意ではない人にとってはただの暴力描写の多い映画で、非常に興味の薄いものであるかもしれない。
ただ間違いなく銃撃戦のシーンの迫力とクオリティーは確かで、楽しみたい人にはうってつけの映画である。

誰にも感情移入ができない殺人映画

殺し屋対殺し屋という作風だから仕方ないのだが、全く誰にも感情移入ができないまま終わってしまう映画。
こんな映画は近年珍しい。
主役のマーシャルは妻と子を殺害された復讐に燃えているわけだが、彼にさえ全く何の同情もできない。
苦痛といえば苦痛である映画であり、映画の作風としては好き嫌いがはっきり分かれる映画である。

格闘アクションは香港風

ガンプレイこそ迫力満点で面白いものの、格闘シーンはいまいち。
というのもかなり香港アクション風なのである。
最強殺し屋が中国人だからなのか?
まるで香港映画を見ているかのような決まったカンフーアクションで、少々残念である。
もはや素手のアクションなんていらないのではないだろうか?とさえ思う。
主人公の見た目はなよっとしていてヤワだが、トータルしてアクション映画好きにはオススメの
本である。


モヤモヤした気持ちをスカッとさせたい時にぴったりな今作。殺し屋対殺し屋と言う、間違いないテーマなので安心してみることができます。
銃撃戦やカンフーっぽいインファイトはとにかく見応えがありました。むしろ、作品のほとんどがそういうシーンなので暴力的な描写が苦手な方にはオススメできません。
余計なストーリーが無い分、途中で飽きてしまう方もいるかもしれませんが、一つ一つのアクションが意外と丁寧に作り込まれているので、そういった所に注目して見ると、より楽しめると思います。(女性 30代)

映画『キラー・トーナメント』 まとめ

殺し屋対殺し屋というなんともCMになりやすいテーマである。
しかもスタイリッシュなBGMや主題歌がついて格好よく演出した映像が目に見えるようだ。
見てみると当たり前だが強い者同士のアクションシーンが多く、何だか疲れ気味の時に見る映画ではないような気がする。
しかしそれほどヴァイオレンスというわけでもなく、時間つぶしにはみやすい作りであり男性ウケするかもしれない。
この手の映画は主として男性アクション映画ファンが多いのが特徴で、あまり女性が好ましい映画ではない。
しかしあまり不可のないシーンが多い映画であるからカップルやファミリーで鑑賞するのにもオススメであることは間違いない。
機会があれば見ても良いだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました