映画『銀河鉄道の夜』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『銀河鉄道の夜』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『銀河鉄道の夜』の概要:宮沢賢治の同名童話を杉井ギザブロー監督が長編アニメーションとして映画化した作品。原作の世界観を忠実に再現した芸術性の高い作品で、数ある長編アニメーションの中でも屈指の名作。細野晴臣による音楽も素晴らしい。

スポンサーリンク

映画『銀河鉄道の夜』の作品情報

銀河鉄道の夜

製作年:1985年
上映時間:107分
ジャンル:アニメ、ファンタジー
監督:杉井ギサブロー
キャスト:田中真弓、坂本千夏、堀絢子、納谷悟朗 etc

映画『銀河鉄道の夜』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『銀河鉄道の夜』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ×
dTV×
TELASA×
TSUTAYA DISCAS×
ビデオマーケット×
Netflix×

※動画の配信情報は2022年5月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『銀河鉄道の夜』の登場人物(キャスト)

ジョバンニ(田中真弓)
思春期頃の少年で、今は病気の母親と2人で暮らしている。漁師をしている父親は、北の海へ行ったままなかなか帰ってこず、ジョバンニがアルバイトをして家計を支えている。そのことで意地悪な同級生から悪口を言われている。カンパネルラのことが大好き。
カンパネルラ(坂本千夏)
ジョバンニの同級生であり親友。裕福な家庭に育ち、クラスでも人気者だが、どことなく影がある。仲間外れにされているジョバンニのことを気にかけている。優しい心の持ち主で、川へ落ちた友人のザネリを助け、自らが犠牲となる。

映画『銀河鉄道の夜』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『銀河鉄道の夜』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『銀河鉄道の夜』のあらすじ【起】

ジョバンニは、学校で銀河について勉強する。先生に“銀河は何でできているか”と質問されるが、ジョバンニは何も答えられない。次に当てられたカンパネルラも、ジョバンニに同情してか、何も答えなかった。

ジョバンニとカンパネルラの父親は親友同士で、2人も以前はよく遊んでいた。しかし最近ジョバンニは、北極の海へ出たまま帰らない父親の代わりにアルバイトをしており、友人と遊ぶ時間がない。同級生のザネリは、“ジョバンニのお父さんはラッコを密漁して牢屋に入れられている”と言って、ジョバンニをからかう。

今日は星祭りの日で、みんなは川へ流すカラスウリを獲りに行く相談をする。仲間はずれのジョバンニは、ひとりぼっちでバイト先の活版印刷所へ向かう。カンパネルラは、そんなジョバンニのことを気の毒そうに見ていた。

仕事を終えてバイト代をもらったジョバンニは、雑貨屋でパンと角砂糖を購入する。ジョバンニの母親は病気で寝ており、角砂糖は母親が飲む牛乳に入れてあげるつもりだった。

帰宅したジョバンニは、母親の牛乳が届いていないことに気づく。ジョバンニは夕食を食べながら、病床の母親と父親について話す。ジョバンニは父親がもうすぐ帰って来ると信じていた。ジョバンニは、母親の牛乳を取りに行きがてら、星祭りを見てくることにする。

町は星祭りを楽しむ人々で溢れていた。ジョバンニは、牛乳のことを思い出し、町外れにある牧場へ向かう。しかし牧場には老婆しかおらず、牛乳はもらえなかった。ジョバンニは仕方なく町へ戻る。

町の広場では人々が輪になって踊り、星祭りを祝っていた。その中にはザネリやカンパネルラもいたが、ジョバンニは踊りの輪に加わらず、ひとりで丘に登る。満天の星が輝く夜空を見ながら考え事をしていたジョバンニは、強い光を放ちながら汽車がこちらへ向かってくるのを見る。汽車はジョバンニの前で停車した。

映画『銀河鉄道の夜』のあらすじ【承】

汽車に乗り込んだジョバンニの前に、カンパネルラがやって来る。カンパネルラの体は濡れており、銀河ステーションでもらったという銀河の地図を持っていた。ジョバンニは、大好きなカンパネルラと2人でいられることに喜びを感じる。

汽車は天の野原を通過し、夜空を走る。カンパネルラは、お母さんが自分を許してくれるかどうかをしきりに気にしていた。ジョバンニには、カンパネルラがどうしてそんなことを考えるのかがよくわからなかった。

11時ちょうどに白鳥のステーションに到着し、2人は汽車を降りて駅構内を歩いてみる。駅には誰もおらず、とても静かだった。長い廊下を走ると扉があり、扉の向こうには長い階段があった。その階段は町の広場に通じており、さらに先へ進むと「プリオシン海岸」と呼ばれる海岸に行き着く。海岸にはくるみの実がたくさん落ちていた。

海岸の先にあった化石の採掘現場では、現場監督のおじさんが、ここでは120万年前の化石が出るのだと説明してくれる。出発の時間が迫ってきたので、2人は急いで汽車へ戻る。汽車に戻ると、くるみは風化して消えてしまう。

2人がかけていた座席に、鳥を獲るのが仕事だというおじさんが座り込んでくる。おじさんは食用の鳥を捕まえ、それを売っているらしい。おじさんは捕まえた鷺の足を折って2人にくれる。鷺の足はお菓子のようだった。

さらに隣の席に灯台守のおじさんが現れ、渡り鳥について語る。鳥を獲るおじさんは汽車の外へ出て、手づかみで鷺を捕まえ、袋に放り込んでいく。鷺の群れもおじさんも消えてしまったと思ったら、おじさんは汽車へ戻っていた。

しばらくすると、目の不自由な無線技師がやってくる。彼を助けて無線室まで来たジョバンニとカンパネルラに、無線技士は“さっきから解読できない言葉が聞こえる”と話す。

席に戻った2人に、“その言葉は306番の賛美歌だ”と不思議な老婆が教えてくれる。その賛美歌は、誰かがどこかで天に召される時に聴こえてくるらしい。“それが誰なのかは、アルビレオの観測所でしかわからない”と老婆は語る。

映画『銀河鉄道の夜』のあらすじ【転】

検閲官がやってきて、切符のチェックを始める。ジョバンニのベストのポケットには、見覚えのない切符が入っていた。検閲官や鳥を獲るおじさんは、その切符を見て驚く。それは他の人の切符と違っており、本当の天上へも行けるすごいものらしかった。

もうすぐ鷲のステーションというところで、鳥を獲るおじさんが姿を消す。2人は、おじさんを疎ましく感じていたことを後悔する。

またしばらくして、汽車の中にリンゴの匂いが漂い始める。すると、ジョバンニたちと同じ年頃の少女と幼い弟、そして姉弟の家庭教師の男性が乗り込んでくる。家庭教師は、自分たちが乗っていた大型船が氷山にぶつかって沈んだ時の話をする。家庭教師は他の人を押しのけて生き残るより、子供たちを抱いて冷たい海に沈む道を選んでここへ来たらしい。

灯台守がくれたリンゴを手にして、幼い弟はお母さんのことを思い出す。ジョバンニは、少女と親しげに話すカンパネルラの様子を見て、さみしい気持ちになる。

真っ暗な銀河から突然明るいトウモロコシ畑に出て、汽車は大きな振り子時計のある駅で停車する。どこからともなく新世界交響楽の音楽が聴こえてきて、汽車は程なく出発する。そこである少年を目にした少女は、“あの子を知っている”と話す。同じことを考えていたジョバンニは、それを聞いて嬉しくなる。

再び銀河に戻った汽車の窓から、「サソリの火」と呼ばれる星が見える。少女は、“人の役に立って死にたいと願ったサソリが、あの星になった”と話してくれる。

サザンクロスに近づき、少女たち3人は汽車を降りる準備を始める。サザンクロスは天上に続いているらしく、他の乗客たちもみんなここで下車する。汽車の中には、ジョバンニとカンパネルラだけが残される。

映画『銀河鉄道の夜』の結末・ラスト(ネタバレ)

ジョバンニはなぜか不安になり、“僕たちはどこまでも一緒だね”とカンパネルラに念を押す。カンパネルラは同意してくれるが、目には涙を浮かべていた。

外には「石炭袋」と呼ばれる漆黒の闇が広がっていた。カンパネルラは“その先に野原があって母親が見える”と語るが、ジョバンニには何も見えない。ジョバンニが窓の外を見ている隙にカンパネルラは席を立ち、ジョバンニに別れを告げて汽車の外へ出ていく。ジョバンニは必死で後を追おうとするが、どうしてもドアが開かない。カンパネルラは、“さようなら、ジョバンニ”と呟いて消えていく。ひとりぼっちになったジョバンニは、涙をこぼしてカンパネルラの名前を叫ぶ。

と同時に、ジョバンニは丘の上で目を覚ます。しばらくぼんやりしていたジョバンニは、自分の帰りを待つ母親のことを思い出し、牧場で牛乳をもらって家へ急ぐ。

帰り道、同級生が“カンパネルラがザネリを救おうとして川へ落ち、そのまま見つからない”と教えてくれる。それを聞いたジョバンニは、全速力で川へと走る。川岸には、捜索の様子を見守る多くの人がいた。

カンパネルラが川へ落ちてから45分が経過し、カンパネルラのお父さんは息子の生存を諦める。捜索中止の笛が鳴り響き、ジョバンニは涙を流す。お父さんはそんなジョバンニに声をかけてくれ、“君のお父さんはもうすぐ帰るはずだ”と話してくれる。

ジョバンニは夜空を見上げ、銀河鉄道の旅のことを思い出す。カンパネルラが今どこにいるのかは、ジョバンニだけが知っていた。ジョバンニは、あのサソリのように、みんなの幸せのためなら自分の体を何度焼かれてもかまわないと思う。そして心の中で“どこまでも一緒に行くよ”とカンパネルラに語りかけるのだった。

映画『銀河鉄道の夜』の感想・評価・レビュー

子供の頃に観て、心が凍ったような感覚を覚えたが、その直感は当たっていたようだ。
カムパネルラは母親からの愛情を感じずに過ごしていたのかもしれない。
一人旅立っていく姿が哀しく胸を打つ。
年相応のいたずら心も無く、淡々と達観したような表情を浮かべるカムパネルラが、とても悲しかった。
児童文学ではあるが文章で読むと難解なので、入門書として最適な作品だと思う。(女性 30代)


ジョバンニとカンパネルラが共に銀河鉄道に乗って旅をする宮沢賢治の代表作のアニメ化。この映画は猫を擬人化したのが特徴である。
宮沢賢治の独特な世界観を忠実に再現し、終始「何となく不思議な」感覚になるのだ。心地よくもあり、少し不安でもある……ちょうど夢を見ているような感覚だ。
そして、最後にはちょっぴり寂しい気分になるのだが、ただ立ち止まるのではなく、自然と前向きになれるのだ。
心が洗われる映画。細野晴臣が手がけた音楽も素晴らしい。(男性 40代)


子どもの頃、芸術鑑賞会でこの『銀河鉄道の夜』の人形劇を鑑賞しました。小学校低学年だった私には少し難しいストーリーでしたが、キャラクターが可愛らしくて夜空がとても綺麗だったのを覚えています。
大人になって鑑賞した今作。何を感じるのが正解かはわかりませんが、私は「自分」というものをしっかり持って生きていくことの大切さを教えてもらった気がします。
私の子供にも、そのまた子供にも永遠に受け継がれて欲しい素敵な作品でした。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファンタジー映画アニメ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました