映画『スノーホワイト 氷の王国』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「スノーホワイト 氷の王国」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

スノーホワイト 氷の王国の概要:前作、「スノーホワイト」でスノーホワイトと激しい戦いを繰り広げた魔女、ラヴェンナ。そんな彼女には、実は妹がいたのです。妹、フレイヤと今回対峙するのは前回スノーホワイトを支えたハンターのエリック。戦いの行方はいかに。

スノーホワイト 氷の王国の作品情報

スノーホワイト 氷の王国

製作年:2016年
上映時間:114分
ジャンル:アクション、SF、ファンタジー
監督:セドリック・ニコラス=トロイアン
キャスト:クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、エミリー・ブラント、ニック・フロスト etc

スノーホワイト 氷の王国の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『スノーホワイト 氷の王国』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

スノーホワイト 氷の王国の登場人物(キャスト)

エリック(クリス・ヘムズワース)
前作でスノーホワイトと共に戦ったハンター。今作では彼の過去の因縁が明らかになる。
ラヴェンナ(シャリーズ・セロン)
前回スノーホワイトとエリックに敗れた魔女。死んだと思われていたが…。
サラ(ジェシカ・チャステイン)
かつてエリックと恋仲にあった女性。とある理由からエリックと引き離される。
フレイヤ(エミリー・ブラント)
ラヴェンナの妹。愛を禁忌とする、氷の王国の女王。

スノーホワイト 氷の王国のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『スノーホワイト 氷の王国』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

スノーホワイト 氷の王国のあらすじ【起】

スノーホワイトに討ち滅ぼされた魔女、ラヴェンナにはフレイヤという大切な一人の妹がいました。今は昔、まだラヴェンナとフレイヤが共に暮らしていた頃、フレイヤは一人の人間の男と恋に落ちます。そしてフレイヤは、その男との間に可愛らしい娘を設けました。しかしある日、その男が娘を殺そうと襲い掛かったのです。

その事件以来、フレイヤは愛とは幻想であると信じ、愛の存在しない氷の王国を作り出したのでした。彼女は自分の王国を守るために、近くの村から子供達を攫ってきました。そして彼等に戦いを叩き込み、強力な軍隊を作り上げました。その中でも一際優秀だった兵士が、前作でスノーホワイトと共に戦ったエリック、そしてエリックと恋仲にあったサラです。

しかしこの王国では愛は禁忌とされています。彼等は自分たちの愛を貫くために、密かに王国から抜け出す決意をしました。しかし、フレイヤは彼等の企みに気づいていました。フレイヤは彼等が互いを裏切ったような幻覚を見せ、サラをエリックの前で殺してしまうのでした。

スノーホワイト 氷の王国のあらすじ【承】

それから7年後、エリックは「ラヴェンナの鏡を盗み出して欲しい」という依頼を受ける事になりました。その鏡をフレイヤが手に入れれば、益々彼女の力が強くなることが目に見えていたからです。彼は二人のドワーフと共に鏡を探す旅へと出発しました。

しかし何と、その旅路の途中、エリックは死んだと思っていたサラとの再会を果たすのです。サラは今でも、氷の王国のハンターとして働いていました。サラが生きていたことを素直に喜ぶエリックでしたが、サラはそんなエリックに刀を向けます。その理由は、フレイヤがあの時サラに見せていた幻覚にありました。サラはその幻覚で、エリックが自分を裏切り一人だけ逃げ出したというビジョンを見させられていたのです。

エリックは変わらぬ愛をサラに証明するため、この7年間肌身離さず持ち歩いていたペンダントを彼女に見せました。そのペンダントは、かつてサラがエリックに贈ったものでした。それでも警戒を崩さないサラでしたが、エリックも共に行動する内に、再び彼に恋心を抱き始めます。

スノーホワイト 氷の王国のあらすじ【転】

サラも、自分の自由を奪い、更にエリックとの仲を引き裂かれた事からフレイヤに対して恨みを持っています。サラ、そしてその道中で出会った二人の女性のドワーフも鏡探しの旅に加わり、計5名となった一行は更に前へ進みます。

しかし、何とフレイヤ本人が彼等の前に姿を現したのです。実は、サラはエリックを殺すためにフレイヤが送り込んでいたのです。フレイヤの命令通り、サラはエリックの心臓に弓をいりました。しかしフレイヤが去った頃、死んだと思われたエリックが立ち上がったのです。フレイヤはエリックが首からかけているペンダントに向けて矢を放ったのです。

エリックは盗まれた鏡、そして再びフレイヤについていったサラを取り戻すべく氷の王国に侵入することとしました。一方、鏡を手に入れたフレイヤは鏡に向かって語りかけます。すると信じられない事に、鏡の中からラヴェンナが出てきたのでした。死んだと思われていたラヴェンナは、鏡の中で何とか生き延びていたのでした。

スノーホワイト 氷の王国の結末・ラスト(ネタバレ)

王国にたどり着いたエリックは、サラ、そしてかつての仲間達と共にフレイヤとラヴェンナに対峙します。激しい戦いを繰り広げる二人でしたが、その途中、フレイヤが衝撃の事実を知る事になります。実はフレイヤの娘を殺したのは、夫ではなくラヴェンナだったのです。ラヴェンナは最愛の妹を取り戻すため、そして鏡が予言した「フレイヤの娘がいずれラヴェンナより美しくなる」という予言を打ち砕くため、フレイヤの娘に手をかけたのでした。

怒ったフレイヤはラヴェンナに襲いかかりますが、恐ろしい魔力を持ったラヴェンナには歯が立ちません。しかしフレイヤは最後の力を振り絞って、ラヴェンナの現在の拠り所となっている鏡を凍らせます。その隙を見逃さず、エリックが鏡に向かって斧を投げつけ鏡を破壊しました。絶叫と共に、ラヴェンナは姿を消しました。

そしてフレイヤは、自分が作った軍隊、彼女にとっての家族に囲まれていました。そして、愛の暖かさを思い出しながらフレイヤはこの世を去ったのでした。

スノーホワイト 氷の王国の感想・評価・レビュー

「白雪姫」を大胆にアレンジしたファンタジーアクション作品の第二弾。本作では復活した女王ラヴェンナと、その妹フレイアたちにハンター・エリックが挑む姿を描く。

本作はエリックに主眼を置かれており彼の過去が明かされその中でラヴェンナたちとの因縁が明らかになる。バトルシーンはアクロバティックな演出を多用し前作からパワーアップしている。エリックとサラが最後に再び想いを通わせるのとは対象にラヴェンナの想いから人生を狂わされてしまうフレイアが印象的だった。(男性 20代)


前作でも活躍した、マイティソー役でも有名なクリス・ヘムズワースと、エミリー・ブラントが対峙するといった内容。実はその展開もラヴェンナの思惑通りの展開だったというオチ。自らの立ち位置を危ぶむあまり、自らの妹すら手に掛けてしまう冷酷さは前作に引き続き、なかなかに恐ろしい。少し物悲しいようなエンディングだが、納得は出来るので良い。(男性 30代)

関連作品

前作 スノーホワイト