映画『96時間』あらすじネタバレ結末と感想

96時間の概要:誘拐された娘を救うために奮闘する、元CIA工作員の男を描いた2009年公開のフランス映画。リュック・ベッソンが製作・脚本として作品に関わっている。リーアム・ニーソン主演。

96時間 あらすじネタバレ

96時間
映画『96時間』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

96時間 あらすじ【起・承】

元CIA工作員のブライアン(リーアム・ニーソン)は、離婚した元妻レノーアと暮らしている愛娘キムを見守るため、現役を引退してキムたちの近くに部屋を借りて生活を送っていた。

キムの17歳の誕生日。プレゼントを持って祝いに行くブライアンだったが、レノーアの再婚相手で現在のキムの父親であるスチュアートに懐いているキムの姿を見て寂しさを感じる。

そんな中、現在も親交がある現役時代の仲間に仕事に誘われたブライアンは、人気歌手シーラの警護をすることになる。

コンサート後、刃物を持った男に襲われるシーラを守ったブライアンは、お礼にと、歌手を目指すキムのためにボイストレーナーやマネージャーをシーラに紹介してもらう。

後日、キムにランチに誘われたブライアンは喜んで向かうが、彼女の目的を知って落胆する。友人のアマンダとフランス旅行に行きたいキムは、未成年者が海外旅行に行くために必要な実父のサインが欲しかったのだった。

危険な仕事を経験してきたブライアンはキムの身を案じ、到着時と毎晩の就寝前に電話することを条件に旅行を許し、サインをして彼女を見送る。

到着した時間になっても電話がないことに不安を感じたブライアンはキムに何度も電話をする。その頃キムは空港でピーターという男と出会い、旅費節約のために彼とタクシーに相乗りしてアマンダの従姉妹の部屋に向かっていた。

ピーターに部屋まで送り届けてもらったキムは、アマンダの従姉妹が旅行に出ていて不在であることを知る。そして、ブライアンからの電話に気づく。

浴室でブライアンと電話をしていたキムは、リビングにいるアマンダが謎の男たちに誘拐される瞬間を窓から目撃する。

空港で出会った男に部屋を知られたことを聞いたブライアンはキムも誘拐されることを確信し、会話内容の録音を始めて彼女に指示を出す。

ブライアンの指示でベッドの下に隠れたキムは男から引きずり出されながらも、その男の特徴を大声でブライアンに伝える。

必ず見つけ出して殺し、娘を誘拐したことを後悔させると電話口の男を脅すブライアン。だが、男は「グッドラック」とだけ言い残して電話を切る。

96時間 あらすじ【転・結】

キムを救うことを決意したブライアンは元同僚に録音した音声の解析と情報分析を依頼し、相手がアルバニア人の犯罪組織であること、そして、若い女性の人身売買を専門にしていることを知る。

過去の事件の統計から割り出された救助までの猶予は96時間。

早速フランスへと向かい調査を始めたブライアンは、キムが空港で出会ったピーターという男が組織の人間で、若い女性との接触の役割を担っていることを知る。

キムたちの時と同じ手口で女性に接触していたピーターを捕らえて情報を入手しようとするブライアンだったが、隙を見て逃走したピーターは車に轢かれて死んでしまう。

ブライアンは他の情報を元に、組織が売春を行っている場所へと向かう。そこでは薬漬けにされた若い女性たちが体を売っていた。

その中で、キムのジャケットを持っている女性を見つけたブライアンは彼女を連れ出してその場から逃げる。

薬漬けにされて意識が朦朧としているその女性からキムの情報を入手するため、現役時代に利用していたホテルに宿泊して彼女の体内にある薬物の中和をするブライアン。

翌朝、症状が回復した女性は、誘拐されて怯えていた時にキムからジャケットを貸してもらったことをブライアンに伝え、キムと出会った組織のアジトを教える。

フランスの公安に勤めている元同僚の名刺を持っていたブライアンは彼になりすまして組織のアジトに乗り込み、争うことなく中心部まで辿り着く。そして、電話口で「グッドラック」と言った男を見つけたブライアンはその男を倒して他の構成員たちと戦闘を始める。

構成員たちを全て倒したブライアンだったが、そこにキムの姿はなく、薬物の過剰投与で命を落としたアマンダの遺体だけが残っていた。

キムを誘拐した男を生かしておいたブライアンは彼を拷問してキムの居場所を聞き出す。彼女は若いという理由から薬物を投与されずに高価格で競売にかけられていた。

キムを追い、彼女を購入した男の船に乗り込むブライアン。苦戦しながらも敵を倒した彼はついにキムを見つけて助け出す。

後日、歌のレッスンを受けさせるためサプライズでシーラの自宅へキムを連れて行くブライアン。キムの顔には笑顔が戻っていた。

96時間 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:93分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:ピエール・モレル
  • キャスト:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、ジョン・グライス etc

96時間 批評・レビュー

映画『96時間』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

パパ・アルティメイタム

レオン』の監督や『トランスポーター』シリーズの製作など、これまで様々なフランス製アクション映画を生み出してきたリュック・ベッソンが、本作で「世界一敵に回したくないパパ」を誕生させてしまった。

その後シリーズ化され続編2作が作られた本作(続編は評判悪かった)の見所は、なんと言ってもリーアム・ニーソン演じるブライアンパパの容赦ない追い詰めっぷり。

CIAで身に付けた能力をフルに活かして単身で敵地に乗り込み敵を倒していくのだが、もう強すぎて笑ってしまう。娘を危険に晒した相手は容赦なく殺す。

グッドラックなんて言っている場合じゃないよ。早く逃げなさい。早く謝って娘を返しなさい。

ブライアンパパの異常な強さには笑ってしまうけど、アルバニア人の人身売買が妙にリアルで、日常生活のどこにでも危険が潜んでいることを痛感させられた。

カーアクションはもう・・・

この手のアクション映画に欠かせないものとなっているカーアクション。
早回しとカットのつなぎでスピード感を演出して、『ボーン』シリーズを意識したようなカーアクションになっているのだが、既視感が拭えなくて正直見る気にならなかった。

こういったカーアクションが欧米では人気なのか、慣習的に必ず使われる。

でも物語の設定が新鮮で面白かったから、慣習的なカーアクションなんて必要ないのに。

物語もアクションも撮影技法も突き詰めて徹底的に革新を追い求めていたら、もしかしたらもっと面白い作品になっていたかもしれない。でもアクション映画でそんなリスクを冒す制作会社なんてないか。

96時間 感想まとめ

クリストファー・ノーラン監督も言っていたのだが、リーアム・ニーソンの話す言葉は全てが真実に聞こえる。

彼が話しているだけで画面に説得力がでてくる。だから、電話で誘拐犯を脅す時も、落ち着いた口調なのに迫力があって良かった。「ああ、この人は本当にやるな」と思わせてくれる。

ドラマ『LOST』でわがままなお嬢様のシャノン役だったマギー・グレイスが演じるキムも良かった。助かった後に母親のもとに駆け寄る姿は本当に17歳の少女のようで驚かされた。

Amazon 映画『96時間』の商品を見てみる

関連作品

次作 96時間 リベンジ