「アフター・アース」のネタバレあらすじ結末

アフター・アースの概要:人類が居住不可能となった地球から去って1000年。レンジャー総司令官とその息子が事故により地球へ不時着。父と子の絆が試されることになる。トラウマを克服し、勇敢な戦士へと成長する息子と、それを見守る父子の姿が描かれている。

アフター・アースの作品概要

アフター・アース

製作年:2003年
上映時間:100分
ジャンル:SF、アクション、アドベンチャー
監督:M・ナイト・シャマラン
キャスト:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス、ソフィー・オコネドー、ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツ etc

アフター・アースの登場人物(キャスト)

キタイ・レイジ(ジェイデン・スミス)
13歳の少年。レンジャー総司令官である父に憧れているが、幼い頃アーサに襲われ姉を失ったことがトラウマとなり、恐怖に打ち勝てずにいる。
サイファ・レイジ(ウィル・スミス)
キタイの父親でレンジャー総司令官。アーサに感知されないゴーストで伝説級の英雄。賢明で冷静沈着。的確な指示と判断力を持つ。家族を深く愛しているが、娘をアーサから救えなかったことを深く悔いている。
ファイア・レイジ(ソフィー・オコネドー)
キタイの母親でサイファの妻。父と子の擦れ違いを目の当たりにし、夫へと的確なアドバイスをする。一家を支える内助の功。

アフター・アースのネタバレあらすじ

映画『アフター・アース』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アフター・アースのあらすじ【起】

住めない環境となってしまった地球から脱出した人類は、惑星ノヴァ・プライムへの移住計画を立てた。しかし、ノヴァ・プライムには異星人がすでに居住しており、突然やって来た人類に脅威を覚え“アーサ”という怪物を放つ。アーサには目が無い代わりに、人間の恐怖心を嗅ぎ取る能力があった。怪物に襲撃された人類は再び絶滅の危機に瀕し、地球を脱出する際に編成したレンジャーを頼ることにした。

1000年後。レンジャーの総司令官サイファ・レイジは、アーサに恐怖を覚えない強靭な心の持ち主だった。故に彼は怪物に感知されず倒すことができる。サイファは人類初の“ゴースト”と呼ばれ、救世主となったのだった。

ノヴァ・プライムの人間居住区。サイファの息子キタイは13歳。彼は父親と同じレンジャーを目指していた。しかし、とある理由から力を発揮できず、試験に落第してしまう。
任務を終えて久方ぶりに帰宅する父親へ、昇進したと報告したかったが、結果は散々であった

数年前、人間居住区にアーサの襲撃があった。その時、キタイはまだ幼く、アーサに襲われる姉を救うことができず、恐怖に震えているだけだった。その時の恐怖は、トラウマとなって胸の奥に巣食ってしまう。そのせいでキタイは、ゴーストになることができず、レンジャーにも昇進できないでいた。

家族にとっての最大の悲劇は、父と子の関係を歪めてしまう。父は娘を救うことができなかった後悔に苛まれ、恐怖を打ち消せない息子へ時に強く当たってしまう。そんな父子の様子を見てきた母であり妻でもあるファイアは、サイファにアドバイスをする。
サイファは次の任務を最後に家族のため、レンジャーを引退しようと考えていた。故に、キタイとの関係修復も含め、次の任務に息子も同行させることにした。

しかし、その途中で宇宙船が隕石群に巻き込まれ機体を損傷。慌ててワープした先には、人類が捨てたはずの地球があった。宇宙船は次のワープに耐えられそうになく、サイファは仕方なく地球へと着陸することにする。だが、地球圏内へ突入最中に機体が大破してしまう。

アフター・アースのあらすじ【承】

座席に座ってしっかりとベルトをしていたキタイ。幸い身体は無傷であった。彼はバラバラになった宇宙船内で、重傷を負った父親を発見する。どうやら助かったのは2人だけのようだ。
意識が戻ったサイファは宇宙船に残った機能を使い、状況を把握。救助要請信号を送ろうとする。しかし、自分達がいる機体前方部の発信器は破損しており使えなかった。残るは機体後方部にある発信器だが、現在位置から100キロほど離れた場所に墜落していた。

五体満足で助かったのは息子のキタイだけ。このままここにいても助けは来ない上に2人、共に死ぬだけである。サイファは必要な物を息子に持たせ、状況説明をしてキタイを送り出した。

宇宙船には訓練用のアーサが1体、機体後方部に乗っていた。そのアーサがどうなったか、可能性は3つある。墜落時に死んだか。傷ついて檻の中にいるか。最悪の場合、檻から逃げ出して生き延びているかである。息子はまだ13歳。加えて姉を失った時の恐怖を腹の底に抱えている。心配ではあるが、こうするしか助かる術はない。サイファは細心の注意を払って、キタイのバックアップをするのであった。

かつて人が住んでいた地球は、1000年という時を経て太古へと戻ったようだった。恐らくは生物も進化を遂げている。昼夜の温度差も激しく、夜はあらゆるものが凍り付くほどの寒さになる。
出発してすぐ、キタイは森で猿と遭遇。しかし、彼は突然のことでパニックになり、総司令官の命令を聞かずに攻撃してしまう。猿は群れで行動する生き物である。キタイは猿の群れに囲まれてしまう。サイファは地形のナビをして息子を逃がしたが、キタイ自身それどころではなく、恐怖のせいでパニック状態。どうにか宥めて落ち着かせた。

だが、キタイは逃げる途中で毒ヒルに寄生される。毒はたちまち息子の身体を侵し、視界や感覚をマヒさせる。サイファは叱咤して解毒剤を打たせた。そんな息子を側で助けることができない父とて辛いのである。

アフター・アースのあらすじ【転】

解毒までの間、横になって休んでいると急激に気温が低下。地熱地点まで進まなければ、凍え死んでしまう。キタイがそこへ到達するまで50分。その間にサイファは、骨折した左大腿部のバイパス手術を自力で行った。脳裏に浮かぶのは、幸せだった頃の家族の記憶だ。

地熱地点へ到達したキタイ。呼吸薬を確認して愕然となる。残り5つの内、猿に追われた際に2つが破損していたのだ。彼は父にそのことを報告しなかった。
その夜は、サイファが恐怖心を克服しゴーストになったきっかけを聞いた。

翌日も森の中を走り続けるキタイ。バックアップをするサイファだったが、自力でやったバイパス手術は失敗していた。それでも彼は億面にも出さずに息子を助ける。途中で猿が大量に虐殺されている場面に遭遇。アーサがやった可能性が出てくる。川に到達した後はまっすぐに進んできたが、そこで道が途切れ絶壁となっていた。

サイファはキタイに持ち物を確認させる。そこで、呼吸薬が残り2つしかないことが判明。サイファは呼吸薬の再計算とルートの再計算をする。最短ルートでも呼吸薬が2つ以上は必要だった。ぎりぎりで間に合うか、間に合わないか。サイファは熟考した結果、帰還命令を出した。

しかし、キタイは姉を失った時のことを思い出し、進むことを主張。父子の意見が対立する。キタイは、臆病者は父親の方だと怒鳴り、崖から身を投じた。その姿を大鷲が捉え、キタイを襲う。彼は大鷲に捕らえられ巣に運ばれてしまった。

意識が戻ると、大鷲の巣にサーベルタイガーに類似した獣が卵を盗みに来る。キタイはどうにかそれらを躱して、巣から逃亡した。父親に無事を報告しようと通信を試みたが、通信機が破損。総司令官の完璧なバックアップとアドバイスは、もう得られない。
その頃、サイファはキタイを必死になって無人探査機で探していた。最悪なことに、息子の発見はできないのに、アーサの痕跡を発見してしまう。

キタイはその後、たった1人で道を進んだ。動物を避け、食物連鎖を目にして地下を流れるマグマを目にした。そうして、父との会話を思い出し、機体後方部があると思われる地点までの距離を自力で計算。

アフター・アースのあらすじ【結】

最後の呼吸薬を服用したキタイ。川を下るために筏を作った。サバイバルにも大分慣れてきた様子だ。一休みした際、夢に姉が出てきて弟を必死に起こそうとする。キタイがはっとして起きた時、川の凍結が始まっていた。休み過ぎたのだ。

寒さに耐えつつ進む間に木々が凍り始める。キタイは地熱地点へ到達できずに倒れてしまう。そんな彼を何者かが救助。意識が戻ると草の中に埋もれていた。外に出てみると大鷲が彼を守るように抱き、息絶えている。卵を守ろうとしたキタイに恩義を感じ、助けてくれたのだった。

呼吸薬はもうない。キタイは息苦しさに喘ぎつつも進み続け、とうとう機体後方部の墜落地点へと到達した。急いで呼吸薬を確保。そして、武器を入手しアーサの檻を確認した。だが、そこにアーサはいなかった。最悪の事態である。
キタイは残された機体から通信機器を入手し、父親に無事を報告した。しかし、通信機器は一方通行でサイファの声は届かない。

機体後方部墜落地点の真上にイオン層があるようで、通信が阻害されているようだった。それでも映像や声はサイファに届くのだ。父の声は届かないが、サイファは必死に息子へと道を示し続ける。やがて、その声が届いたかのようにキタイが動き出した。

近くに火山が見える。山頂へ向かえば、通信が可能となるはずだ。キタイはアーサに怯えつつも山へ登頂。しかし、彼の恐怖を嗅ぎ付けてアーサが後を追いかける。そして、とうとうキタイは捕捉され、洞窟に入ったところで襲撃されてしまう。

キタイがどうにか逃亡に成功し、地下水脈へ落下した時、サイファの意識が途切れる。
地下水脈で逃亡に成功したかと思われたが、アーサは懲りずにキタイへと襲い掛かった。岩の隙間を登って外へ。通信が可能となる地点を発見するも、アーサに捕まってしまい負傷してしまうキタイ。彼は死の間際に立ち、姉と父の言葉を思い出した。

舞い落ちる火山灰の中、キタイはとうとうゴーストとなり、アーサへと立ち向かう。彼は冷静に対峙し、奴を倒した。その雄姿を父は薄れる意識の中、じっと見つめる。そうして、キタイは救助要請を発信した。

すぐさま救助がやって来て、父の元へ向かったキタイ。サイファは死の間際から助かり、息子へと敬礼する。そして、父子は熱く抱擁し帰路に就くのだった。

Amazon 映画『アフター・アース』の商品を見てみる