映画『ベイマックス』のネタバレあらすじ結末

ベイマックスの概要:ウォルト・ディズニー作品の54番目にあたる長編アニメーション映画。原題はディズニー初となるMARVEL作品で、『ビッグ・ヒーロー・シックス』。アニメーション部門でアカデミー賞も受賞した。

ベイマックスの作品概要

ベイマックス

公開日:2014年
上映時間:102分
ジャンル:アニメ、ヒューマンドラマ、SF
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
キャスト:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン etc

ベイマックスの登場人物(キャスト)

ベイマックス(スコット・アツィット)
タダシが作った最期に作成したケアロボット。兄の死によって傷ついたヒロの心をケアする為に起動。
ヒロ・ハマダ(ライアン・ポッター)
14歳の天才少年。その才能を目的なく持て余していたが、兄とその友人の助けもあり、飛び級で大学へと進学する。
タダシ(ダニエル・ヘニー)
ヒロの兄。大学生で、こちらも秀才。ベイマックスを作った張本人で、火災に巻き込まれ死亡する。
ロバート・キャラハン教授(ジェームズ・クロムウェル)
タダシの所属する大学の教授。ロボット研究の第一人者で、ヒロにとって憧れの存在。

ベイマックスのネタバレあらすじ

映画『ベイマックス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ベイマックスのあらすじ【起】

ヒロはサンフランソウキョウという近未来都市に住む14歳の少年です。早くに両親を亡くした彼は、叔母のキャスト兄のタダシの3人で生活していました。このヒロという少年、一見普通の少年ですが、実は高校を飛び級で卒業した天才少年でもありました。

しかしヒロは何かにその才能と情熱を傾けるわけでもなく、目標もなくロボットいじりをする毎日を送っていました。そんなヒロを心配し、タダシは自分の通う大学へとヒロを連れて行きました。ヒロほどではありませんがタダシも十分に秀才だったので、タダシが所属する研究所には多くの個性豊かな、そして才能に溢れた学生が在籍しています。また、ヒロの憧れるロボット発明の第一人者でもあるロバート・キャラハン教授も教鞭をとっていました。

ヒロはその魅力的な世界に心揺さぶられ、その大学に入学を決意します。キャラハン教授が提示した入学の条件は一つ、博士を驚かせるような発明を、発表会で提示する事。そこでヒロは、タダシの助言を得ながら、マイクロボットという独自の小さなロボットを作り上げます。

ベイマックスのあらすじ【承】

一つ一つは小さいマイクロボットですが、頭に装着した制御装置によってマイクロボットと操作者の神経を連携させ、一つ一つのマイクロボットを集合させたり個別に動かしたりと、幅広い用途に対応できる優れものでした。ヒロの発明品は教授だけでなく他の採点者の目にも止まり、タダシと仲間たちが見守る中、ヒロの大学入学が無事決定しました。

しかし、その直後発表会場が突如大火災に見舞われます。なんとか避難するヒロとタダシでしたが、逃げた先にキャラハン教授の姿がありませんでした。タダシは教授を助ける為火の中へと戻り、そして二度と帰って来ませんでした。タダシを失ったショックで、ヒロは折角入学が決定した大学にも通わず家にこもっていました。

しかしそんな時、突如タダシが作っていたベイマックスというロボットが動き出します。ベイマックスは人を助ける為のケアロボットで、傷ついているヒロの為に起動したのです。そんな時、ヒロの手元に唯一残ったマイクロボットが何処かへ向かい動き出しました。他は全て焼け落ちた筈であるマイクロボットの動きに疑問を持ち、ヒロはその示す方向へと向かいます。

ベイマックスのあらすじ【転】

すると、何ととある郊外の工場でマイクロボットが量産されていたのです。覗き込んでいたベイマックスとヒロは、その場にいたマスクをした男に追われ慌ててその場から逃げ出します。マイクロボットの製造方法は、製作者であるヒロしか知りません。

製造方法がわかる方法といえばマイクロボットを解析するしかありませんが、既に他のマイクロボットは燃え尽きている筈です。どうやってその技術が盗まれたのか、ヒロはその後を追う事にしました。しかしそんなヒロの前に、再び仮面の男が現れます。窮地に追いやられるヒロでしたが、そこにベイマックスが連絡していたタダシの4人の仲間達が助けに現れます。

作戦会議の末、彼らは自分達の知識と技術を用い特殊なスーツを作成し、その仮面の男と対峙することを決意しました。そしてとある島にいるその仮面の男に接触し、その仮面を奪い取る事に成功しました。その素顔は何と、火の中で死んだはずのキャラハン教授でした。教授は会場に火をつけ、その混乱の中マイクロボットを盗む事に成功していたのです。

ベイマックスのあらすじ【結】

つまり、キャラハン教授は自分を助けに戻ったタダシを見殺しにして、自分だけマイクロボットの力を使い生き延びていたのでした。キャラハン教授には、クレイテックという大会社の実験に協力し、娘を異次元空間へと飛ばされてしまったという過去がありました。娘を取り戻す為、

そしてクレイテック社に復讐をする為、教授はマイクロボットを手に入れたかったのです。その場から逃げ出した教授は、クレイテック社に現れます。ヒロと仲間達は自分達の発明品を武器に教授と熾烈な争いを繰り広げます。そして教授の娘を奪った異次元装置を起動させると、異次元の世界で教授の身体を包むマイクロボットを次々と剥がして行きます。しかし異次元世界で、ヒロのスーツのパワーがダウンしてしまいます。そんな時、ベイマックスがヒロと娘を掴み、ロケットパンチで2人を現実世界へと戻しますが、ベイマックスは異次元へと取り残されてしまいました。

ベイマックスを失ったショックに暮れるヒロでしたが、ベイマックスの手の中には自分のデータが書き込まれたデータチップが握られていました。そのチップをもとに、ヒロはベイマックスを復活させるのでした。

Amazon 映画『ベイマックス』の商品を見てみる

関連作品

参考 他のウォルト・ディズニー作品