ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ

ヒューマンドラマ映画一覧

「超高速!参勤交代 リターンズ」のネタバレあらすじ結末と感想

超高速!参勤交代 リターンズの概要:湯長谷藩主の内藤政醇は参勤が無事に終わり、娶ることを決めたお咲を伴って城に帰ることにした。だが、その道中、湯長谷で一揆が起こったと報告を受ける。内藤達は目付が行くまでに、一揆を治める必要があった。

「妻が恋した夏」のネタバレあらすじ結末と感想

妻が恋した夏の概要:真夏のある日、妻は帰らぬ人となる。だが、悲しみに暮れる間もなく、浩二には信じられない事実が突きつけられる。妻が自分ではない相手の子供を妊娠していた。それは、妻かおりにとって、決して忘れることのできない大切な人との短くも温かな夏のひと時。

「太陽の帝国(1987)」のネタバレあらすじ結末と感想

太陽の帝国(1987)の概要:時は第二次世界大戦のさなか。日本軍の侵攻によって両親とはぐれ、強制収容所に入れられた英国人少年が、食事も十分に与えられない過酷な生活で、希望を忘れず、力強く生きてゆく姿を描く。英国のSF作家、J・G・バラードの半自伝的小説を、スティーヴン・スピルバーグが映画化した作品。伊武雅刀、ガッツ石松らの日本人俳優も出演している。

「アイム・ノット・ゼア」のネタバレあらすじ結末と感想

アイム・ノット・ゼアの概要:6人の俳優が、さまざまな時代のボブ・ディランのイメージを再現する異色映画。中でも、女優のケイト・ブランシェットが自分を「僕」と呼び、フォークシンガーとして苦悩している時代のディランを好演している。監督は、1950年代のアメリカを再現した『エデンより彼方に』などを手掛けたトッド・ヘインズ。

「母と暮せば」のネタバレあらすじ結末と感想

母と暮せばの概要:広島、長崎、沖縄をテーマにした「戦後命の三部作」という井上ひさしの構想を、名匠・山田洋次が引き継ぎ、長崎をテーマに制作された作品。主演は吉永小百合と二宮和也。原爆で死んだ息子が、生き残った母の元に亡霊となって現れ、1人寂しく暮らしていた母にもひと時の幸せが訪れたかに思えたのだが……。松竹創立120周年記念作品で、第89回アカデミー賞・外国語映画賞部門の日本代表作品。

「地獄の黙示録」のネタバレあらすじ結末と感想

地獄の黙示録の概要:ベトナム戦争のさなか、ウィラード大尉は、ジャングルの奥地に自分の王国を築いたアメリカ軍将校、カーツ大佐の暗殺を命じられる。哨戒艇で4人の部下と共に川を遡り、戦争による人々の狂乱ぶりを目の当たりにしながら、王国にたどり着いたウィラードが見たものは…。『ゴッドファーザー』シリーズの後、フランシス・フォード・コッポラが自らの資産をつぎ込んで作り上げたと言われる一大戦争巨編。

「ドラフト・デイ」のネタバレあらすじ結末と感想

ドラフト・デイの概要:毎年大盛り上がりを見せるNFL、プロアメリカンフットボール選手の指名会議、通称ドラフト・デイ。ブラウンズのゼネラルマネージャーサニーは、最高のチームにするにはどうすれば良いのか頭を悩ませる。一体どこのチームが優秀な選手を獲得するのか、各チームとの頭脳戦に目が離せない。

「先生を流産させる会」のネタバレあらすじ結末と感想

先生を流産させる会の概要:2009年、愛知県で中学生が妊娠した先生を流産させる衝撃的な事件が起きる。実話を元に制作された今作は、劇場公開初日から満員の大盛況。幼い少女から、妊娠できる身体に変化していく多感な時期の女生徒と向き合うサワコ先生。お腹に宿る命に、おぞましい悪意が忍び寄っていく。

「博士と私の危険な関係」のネタバレあらすじ結末と感想

博士と私の危険な関係の概要:19世紀。メイドのオーギュスティーヌは、配膳の仕事の最中に発作を起こして倒れてしまう。次の日、サルペトリエール病院で診察を受け、入院することが決まる。オーギュスティーヌは治るかどうか分からないまま、治療を受けることになった。

1 2 3 4 123