ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ

ヒューマンドラマ映画一覧

「ちょっと今から仕事やめてくる」のネタバレあらすじ結末と感想

ちょっと今から仕事やめてくるの概要:ブラック企業に就職した主人公は心身ともに疲弊し、希望を失い自殺を考えていた。そんな折、彼の前に小学校の同級生だったという謎の男が現れる。彼は主人公を励まし支え続けることによって、生きる希望を思い出させるのだった。疲れた大人にこそ観て欲しい作品。

「散歩する侵略者」のネタバレあらすじ結末と感想

散歩する侵略者の概要:行方不明になっていた夫が発見され戻って来たが、以前の彼とは性格が一変していた。妻は夫の異変に戸惑いつつも生活を続けるが、実は宇宙人に乗っ取られ人間の概念を奪って地球の侵略をしようとしていたのだった。愛は地球を救う。正にこの一言に尽きる作品。

「電話で抱きしめて」のネタバレあらすじ結末と感想

電話で抱きしめての概要:ラブコメの女王メグライアン主演のファミリーストーリー。主人公イヴは認知症の父の面倒と、仕事で大忙しの日々を送っている。姉妹たちとはいつも電話でやりとりするも、頼られてばかりで助けてはくれない。家族思いのイヴが一人奮闘しながら、愛する父親に寄り添う姿に心が温まる。

「ロック・オブ・エイジズ」のネタバレあらすじ結末と感想

ロック・オブ・エイジズの概要:ブロードウェイの人気同名ロックミュージカルを映画化。シンガーになる夢を持つ若者達と、愛を失った大物ロックシンガーの足掻きを懐かしナンバーと共に描いている。若手から大物まで、出演者の歌声と演技が素晴らしい。

「怪物はささやく」のネタバレあらすじ結末と感想

怪物はささやくの概要:12歳の少年が大人と子供の狭間で悩みながら足掻く様を描いた作品。難病を患う母親と暮らす少年はある夜、丘の上のイチイの木が怪物になるのを目撃する。怪物は少年に3つの物語を聞かせ、4つ目は真実の物語を少年に語れと言うのだった。

「ザ・ダンサー」のネタバレあらすじ結末と感想

ザ・ダンサーの概要:実在した伝説的なダンサー、ロイ・フラーの著書を映画化。1892年、ブルックリンにて革新的なダンスを考案したロイ。彼女は後にフランスへ渡り、一躍スターの座へ。だが、新進気鋭のダンサーイサドラの出現により、才能の有無で苦悩することになる。

「月はどっちに出ている」のネタバレあらすじ結末と感想

月はどっちに出ているの概要:金田タクシーに勤める在日コリアンのタクシー運転手、神田忠男とフィリピン人ホステス、コニーの恋愛を中心に、社会の底辺で生きる人々の日常を、時にはコミカルに、時にはシリアスに描くヒューマンドラマ。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のネタバレあらすじ結末と感想

プルーフ・オブ・マイ・ライフの概要:デビッド・オーバーンの戯曲を映画化。キャサリンは、精神のバランスを崩した、かつては天才数学者だった父ロバートを看病し、死を看取る。同じ数学者としての道を歩む彼女には、父との間に誰にも言えないことあった。

1 2 3 4 125