ヒューマンドラマ映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 2

ヒューマンドラマ映画一覧

「シュウシュウの季節」のネタバレあらすじ結末と感想

シュウシュウの季節の概要:文化大革命という歪みの中、下放政策によって牧場での従事のため家族と故郷を離れることとなった少女・シュウシュウ。牧場の主ラオジンは無愛想な男だったが次第に心を通わせていく。しかしシュウシュウは、どうしても故郷への未練を捨てられずにいた。

「蝶の舌」のネタバレあらすじ結末と感想

蝶の舌の概要:喘息を持った内気な少年モンチョと、心優しい老人の教師グレゴリオ。グレゴリオの教えは決して人を叩いたりはせず、勉強よりももっと大切な何かを教えてくれる。そんな先生にモンチョは成長していくが、その裏では無情にも内戦の兆しが濃くなっていた。

「小さな悪の華」のネタバレあらすじ結末と感想

小さな悪の華の概要:「私達は身も心もサタンに捧げる」――カトリック系の学校へ通いながら悪魔を崇拝し、色んな悪事に興味津々の少女・アンヌとロール。やがて2人は好奇心から罪を次々と重ねていく。タブーを侵し続ける少女達の向かう先は倖せか、それとも破滅か。

「おそいひと」のネタバレあらすじ結末と感想

おそいひとの概要:重度の脳性麻痺を患っている障害者の住田。ヘルパーのおばさんや、同じくヘルパーでありバンドマンのタケに介護されていたが、ある日女子大生のヘルパーがやってくることとなり住田は喜ぶ。訪れた彼女に恋をした住田、だがそれは悲劇の始まりだった。

「わが谷は緑なりき」のネタバレあらすじ結末と感想

わが谷は緑なりきの概要:ジョン・フォード監督により、リチャード・レウェリン原作のベストセラー小説が映画化された作品。第14回アカデミー賞では、最優秀作品賞を含む計6部門で受賞した。ウェールズ地方の炭鉱町を舞台に、そこで暮らす少年ヒューとその家族の日々を描く。

「トリコロール 青の愛」のネタバレあらすじ結末と感想

トリコロール 青の愛の概要:クシシュトフ・キエシロフスキー監督による、フランス国旗の色を題材とした3部作の1作目。第50回ヴェネツィア国際映画祭では、最高賞の金獅子賞をはじめ3部門で受賞した。事故で夫と娘を失くした女性が、強く生き抜いていく様を描く。

「ROMA/ローマ」のネタバレあらすじ結末と感想

ROMA/ローマの概要:監督を務めたアルフォンソ・キュアロンの幼少期の経験を元にした作品。全編がモノクロで撮影されている。アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、数々の映画祭で受賞した。主演のヤリッツァ・アパリシオは、本作が女優デビューとなる。メキシコを舞台に、家政婦とその雇い主一家の日々を描く。

「ライク・サムワン・イン・ラブ」のネタバレあらすじ結末と感想

ライク・サムワン・イン・ラブの概要:巨匠アッバス・キアロスタミによる、日仏共作の映画。奥野匡や高梨臨などの日本人俳優を起用しており、撮影も日本で行われた。大学教授をしていたタカシと大学生の明子、そしてそこに介入してくる明子の恋人・ノリアキの関係を描く。

「アリスの恋」のネタバレあらすじ結末と感想

アリスの恋の概要:1974年制作、マーティン・スコセッシ監督によるアメリカ映画。主演を務めたエレン・バースティンは本作品でアカデミー賞主演女優賞を受賞した。夫の癇癪に耐えながら反抗期の息子と3人での生活を送る平凡な主婦が、夫の事故死をきっかけに歌手として自立を志す。

1 2 3 4 5 145