ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 3

ヒューマンドラマ映画一覧

「釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様」のネタバレあらすじ結末と感想

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様の概要:鈴木建設の営業マンである浜崎伝助は、健康診断に引っ掛かり、再検査を受けることになる。しかし、浜崎は胃カメラを飲むことを嫌がり、再検査を受けないとごねた。総務部厚生課の河井は、そんな浜崎を必死に説得した。

「続・深夜食堂」のネタバレあらすじ結末と感想

続・深夜食堂の概要:夜12時から朝7時頃まで営業している小料理屋「めしや」は、客達から深夜食堂と呼ばれていた。そこにやって来た3組の客にスポットを当て、物語は展開されていく。マスターは美味しい料理を提供しながら、客達の身に起こった出来事を優しく見守った。

「ポッターズビルの奇跡」のネタバレあらすじ結末と感想

ポッターズビルの奇跡の概要:ポッターズビルにある商店街は寂れ、町は閑散としていた。グレイガー商店の店主であるメイナードは、そんな町の様子を寂しく感じていた。そんな時、妻の浮気現場を目撃してしまう。メイナードは酒に溺れ、悲しみを紛らわそうとした。

「日本の首領 完結篇」のネタバレあらすじ結末と感想

日本の首領 完結篇の概要:『ヤクザ戦争 日本の首領』(77)の大ヒットを受け、シリーズ2作目となる『日本の首領 野望篇』(77)に続いて製作され3部作の完結篇。前作では佐分利信と三船敏郎の共演が実現し、その2人を上回る大物俳優として、本作では片岡千恵蔵が登場する。

「日本の首領 野望篇」のネタバレあらすじ結末と感想

日本の首領 野望篇の概要:1977年に公開された『ヤクザ戦争 日本の首領』が大ヒットしたため、その続編として1978年に公開された作品。主人公を演じる佐分利信のライバル役に三船敏郎がキャスティングされ、日本を代表する大物俳優の共演が実現した。前作よりも話が複雑になっている。

「ヤクザ戦争 日本の首領」のネタバレあらすじ結末と感想

ヤクザ戦争 日本の首領の概要:飯干晃一の『日本の首領』を原作とした壮大なヤクザ映画。主人公のモデルは山口組3代目組長の田岡一雄であるが、物語は多くのフィクションが盛り込まれた内容になっており、ヒューマンドラマとして楽しめる。佐分利信、鶴田浩二、菅原文太といった豪華キャストに相応しい、スケールの大きな作品に仕上がっている。

「男はつらいよ 純情篇」のネタバレあらすじ結末と感想

男はつらいよ 純情篇の概要:男はつらいよシリーズ第6作目となる作品。マドンナの若尾文子が艶っぽい人妻を演じている。サブストーリーに登場する宮本信子の父親役に森繁久彌がキャスティングされており、少ない出番ながら強烈な印象を残す。寅さんとさくらの別れのシーンも秀悦。

「新・男はつらいよ」のネタバレあらすじ結末と感想

新・男はつらいよの概要:男はつらいよシリーズの第4作目となる作品。前作『男はつらいよ フーテンの寅』で山田洋次と宮崎昇と共に脚本を執筆した小林俊一が監督を務めている。寅さんがマドンナの栗原小巻に恋する後半部分より、前半部分のハワイ騒動が印象に残る。

「男はつらいよ フーテンの寅」のネタバレあらすじ結末と感想

男はつらいよ フーテンの寅の概要:男はつらいよシリーズの第3作目となる作品。山田洋次監督の助監督をしていた森崎東が監督を務めている。山田洋次が脚本に参加しているため、物語の大筋は変わらないが、演出面では他の作品との違いを感じる。重要なキャラクターのさくらの影が薄く、満男も登場しない。

「続・男はつらいよ」のネタバレあらすじ結末と感想

続・男はつらいよの概要:男はつらいよシリーズの第2作目となる作品。第1作目の『男はつらいよ』で博と結婚したさくらが、満男を生んで母親になっている。マドンナには佐藤オリエ、寅さんの恩師に東野英治郎、そして寅さんの実母としてミヤコ蝶々がキャスティングされており、渥美清と迫力たっぷりの親子喧嘩を繰り広げる。

「小説家を見つけたら」のネタバレあらすじ結末と感想

小説家を見つけたらの概要:『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』(97)や『ミルク』(08)のガス・ヴァン・サント監督が2000年に発表したハートフルなヒューマンドラマ。人生を諦めた天才小説家と孤独な黒人少年の友情と再生を描きながら、前向きに生きることの大切さを綴っている。

「誘拐報道」のネタバレあらすじ結末と感想

誘拐報道の概要:実際に起こった宝塚市学童誘拐事件を基に製作された作品。犯人と被害者家族、そして加害者家族の切迫した状況に加えて、警察や報道関係者の対応もリアルに描かれており、ヒューマンドラマとしても見応えがある。萩原健一の鬼気迫る演技は一見の価値あり。

「シャブ極道」のネタバレあらすじ結末と感想

シャブ極道の概要:『シャブ極道』というタイトル通り、主人公はシャブが大好物の極道者。美化された任侠道ではなく、自分の生き残りを1番に考えるリアルなヤクザの姿が描かれており、破天荒な設定ながら親しみやすさを感じる作品。破茶滅茶な主人公を役所広司が好演している。

1 2 3 4 5 6 124