ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 4

ヒューマンドラマ映画一覧

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末と感想

ラム・ダイアリーの概要:1960年、フリーの新聞記者がプエルトリコへ渡り、ラム酒漬けになりながらもジャーナリスト魂を燃やす。誰もが尊敬する伝説のジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの自伝小説を映画化。彼の友人でもあるジョニー・デップが製作・主演を務めている。

「ブラックホーク・ダウン」のネタバレあらすじ結末と感想

ブラックホーク・ダウンの概要:1993年、実際にあったソマリア内戦「モガディシュの戦闘」を映画化。国際世論に圧されソマリアの民族紛争に介入し戦争に参加した米軍が、敵対する将軍捕縛の作戦を決行するも、悲惨な結果を招いてしまう様を描いている。

「ドローン・オブ・ウォー」のネタバレあらすじ結末と感想

ドローン・オブ・ウォーの概要:遠隔操縦攻撃機ドローンのパイロットである主人公は、机上でドローンを操縦することよりも実戦に出ることを望んでいた。そんな時、CIAから極秘任務へと選抜される。しかし、任務は凄惨を極めるものばかり。良心の呵責を問う戦争による苦悩を描いた作品。

「二代目はクリスチャン」のネタバレあらすじ結末と感想

二代目はクリスチャンの概要:純粋無垢で真面目なシスターがヤクザの息子に愛され、ヤクザの親分になってしまう。原作・脚本をつかこうへい、監督を井筒和幸が務め、笑いを取り入れながらヤクザ同士の抗争を描く。ヒロインの志穂美悦子も良いが、脇を固めるキャスト陣の演技が素晴らしい。

「虹をつかむ男」のネタバレあらすじ結末と感想

虹をつかむ男の概要:第49作目となる『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』の撮影前に寅さん役の渥美清が急逝したため、渥美清への追悼映画という形で作られた山田洋次監督作品。映画のラストシーンにはCG合成で寅さんが姿を見せ、「敬愛する渥美清さんに捧げる」というテロップが出される。

「激動の1750日」のネタバレあらすじ結末と感想

激動の1750日の概要:日本最大の暴力団組織「神岡組」の跡目相続を巡り、極道の意地をかけた血なまぐさい抗争が勃発する。あくまでフィクションではあるが、1984年から1989年にかけて繰り広げられた山口組対一和会の山一抗争を描いており、実際の事件を知る人には興味深い内容になっている。

「ドメスティック・フィアー」のネタバレあらすじ結末と感想

ドメスティック・フィアーの概要:フランクの元妻が再婚することになった。フランクは息子の気持ちを心配しながらも、元妻のことを祝福した。結婚式当日、元妻の再婚相手のリックが、招待客を見てものすごく驚いていた。フランクはその2人のことが、なぜか気になった。

「釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」のネタバレあらすじ結末と感想

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束の概要:鈴木建設の鈴木一之助は社長の座を退き、会長職に就任することになった。社員達がホールに集まり、一之助は皆の前で就任の挨拶をすることになった。だが、マイクの前に立った瞬間、頭が真っ白になって言葉が出てこなくなってしまう。

1 2 3 4 5 6 7 124