『第9地区』あらすじとネタバレ映画批評・評価

第9地区の概要:「第9地区」(原題: District 9)は、2009年のアメリカ映画。監督はニール・ブロムカンプ。主演はシャールト・コプリー。

第9地区

第9地区 あらすじ

映画『第9地区』のあらすじを紹介します。

1982年、正体不明の巨大宇宙船が突如として南アフリカ共和国上空に飛来した。しかし、そのUFOは首都ヨハネスブルグ上空に静止したまま、何の動きも見せずエイリアンが降りてくる気配もない。業を煮やした南アフリカ政府は偵察隊のヘリを派遣するが、UFO内へ侵入した偵察隊が発見したのは、死亡した上層部のエイリアンと宇宙船の故障により衰弱した大量のエイリアンであった。彼らは故障したUFOに乗った難民であり、処分が下されるまでヨハネスブルグの第9地区にある仮設住宅に収容されることになった。だが言語も通じず、野蛮で不潔なエイリアンたちは人類との共存ができるわけもなく、互いに小競り合いが起こり始め「エビ」という蔑称でエイリアンたちは差別を受けるようになる。

20年の時が経ち、エイリアンたちも人間の言葉を理解し人間の生活へ侵入し始めてきた。第9地区のスラム化による市民とエイリアンの対立は激化し、エイリアンの管理は民間のマルチ・ナショナル・ユナイテッド社(MNU)に委託されることになる。MNUはやむなく郊外にある第10地区へ彼らの強制移住を決定する。第10地区は第9地区よりもさらに粗悪な環境だったが、MNUは彼らの福利厚生に興味はなく、立ち退き作業の現場責任者として、ヴィカス(シャルト・コプリー)を任命した。軍需産業であり私設の軍隊を保有するMNUは、人権団体などの反対運動もあり、制圧という形では彼らに介入せず話し合いでの解決を試みる。

事情を理解していないエイリアンたちから、立ち退き承認のサインを無理矢理取りつけるのが彼の任務だったが、地区内の小屋を調査している際に彼は謎のウィルスに感染し、怪我をした左腕だけがエビに変化してしまう。MNU本部はヴィカスを隔離し実験の為に殺そうとするが、ヴィカスは手術室からドクターを盾にして逃げ出した。エイリアンの遺伝子と合体したヴィカスは世界中から注目され、マスコミでも大々的に採り上げられるようになる。行き場を失った彼は第9地区に逃げ込んだが、そこでクリストファーと名乗るエイリアンと出会う。そしてヴィカスは廃屋のような小屋の地下で見たこともない科学技術のシステムを目撃する。

第9地区 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2010年4月10日
  • 上映時間:111分
  • ジャンル:SF、コメディ、サスペンス
  • 監督:ニール・ブロムカンプ
  • キャスト:シャルト・コプリー、ジェイソン・コープ、デビッド・ジェームズ、バネッサ・ハイウッド、マンドラ・ガドゥカ etc…

第9地区 批評 ※ネタバレ

映画『第9地区』について、2つ批評します。※ネタバレあり

B級映画のテイスト満載のドキュメントタッチが斬新

最初はUFOに対する町の意見やMNU関係者のインタビューが始まり、それから主人公のヴィカスがエイリアンへの立ち退きを執行する場面まで、ニュースドキュメントロケとしての画面が続く。そしてスラム化した地区の中では、エイリアンが大好物とする缶詰のキャットフードを、地区に住むナイジェリア人が値段を吊り上げて闇市を開き、それを買う金欲しさに人間への襲撃を掛ける犯罪が増える。またナイジェリア人はエイリアンを万病の薬として食用にしたりで、地球人との日常的な争いが頻発し、生活臭漂うエイリアンが何とも哀しく描かれている。作品の目的は政治や社会への風刺ではなく、人種対立の背景を持つ社会に新たな弱者としてのエイリアンを持ち込むという、新たな設定を売りにしたエンターテインメントという話らしい。エンド部分の話に大きく影響してくるクリストファーという息子思いの人情家エイリアンが、最後に母船に戻り星へ帰ることが叶うまでのクライマックスシーンは良く出来ている。しかし地球に残された多数のエイリアンと、半分エビになった主人公のヴィカスが行方不明というままのラストは、続編を仄めかしているのかどうかだが。

ハリウッド映画の底力が見える

ニール・ブロムカンプという無名の監督がこれほどまでの作品を残し、アカデミー賞のノミネートにもなった背景を見てみると、制作に「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンとキャロリン・カニンガムがいるではないか。このような若い作家による映画をサポートする制作チームがあるというのは、ハリウッドの力を改めて見直してしまう。監督のニール・ブロムカンプが南アフリカ出身というところからこのような題材が生まれたのだろうが、それを映像に出来るチームが様々なつながりから出てくるところも、アメリカの映画産業がいかに多様性を誇っているかを証明しているのだろう。

まとめ

地球上で展開されるSF映画としては非常にユニークな設定である。エイリアンの姿がエビに似ているというのもキャラクター的にはユニークだし、生活臭漂うエイリアンというのもSFならではの発想である。特撮や戦闘シーンも非常にリアリティがあり、新人監督と制作スタッフの遊び心も満載である。ラストシーンが次作を期待させるようなエンディングなのだが、できればこれ一本で終わらせた方が良い感じがする秀作である。

Amazon 映画『第9地区』の商品を見てみる