映画『エヴァンゲリオン新劇場版:序』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エヴァンゲリオン新劇場版:序」のネタバレあらすじ結末

エヴァンゲリオン新劇場版:序の概要:数多くある日本のアニメ作品の中でも、トップレベルの知名度と人気を誇る『新世紀エヴァンゲリオン』。エヴァンゲリオンに乗り、使徒という未知の生物と戦うことを義務付けられた少年少女たちの葛藤を描く。

エヴァンゲリオン新劇場版:序の作品概要

エヴァンゲリオン新劇場版:序

公開日:2007年
上映時間:98分
ジャンル:アニメ、SF、アクション
監督:摩砂雪、鶴巻和哉
キャスト:緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子 etc

エヴァンゲリオン新劇場版:序の登場人物(キャスト)

碇シンジ(緒方恵美)
父親に呼び出され、エヴァンゲリオン初号機の操縦士を任された少年。エヴァンゲリオンに乗ることへの恐怖と戦っている。
綾波レイ(林原めぐみ)
エヴァンゲリオン零号機の操縦士。感情表現が乏しく、唯一ゲンドウに心を許す。
葛城ミサト(三石琴乃)
NERVの職員で、シンジと共に暮らすようになる。シンジにとって上司であり、姉のような存在。
碇ゲンドウ(立木文彦)
シンジの父親でありNERVの総司令。息子との仲はうまくいっていない。
鈴原トウジ(関智一)
シンジのクラスメイト。シンジの戦いによって妹が怪我を負ったことを根に持っている。

エヴァンゲリオン新劇場版:序のネタバレあらすじ

映画『エヴァンゲリオン新劇場版:序』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エヴァンゲリオン新劇場版:序のあらすじ【起】

現在の地球は、かつての人口が約半数にまで減少するという、人類にとって危機的状況に陥っていた。その原因は、15年前に突如として起きたセカンドインパクトにあった。そのセカンドインパクトという大規模災害の影響で、南極大陸は地図上から姿を消し、何者も生きられない死の海と化したのだった。辛うじて残った東京であったが、東京もその災害の影響を受け、今では常夏の国に変貌していた。

そんな東京に、碇シンジという少年が暮らしていた。シンジは長らく音信不通だった父、碇ゲンドウに呼び出されNERVという施設に向かっていた。そこでシンジは、エヴァンゲリオンという人型兵器の操縦士になるよう父から言い伝えられる。そのエヴァンゲリオンに乗って、現在世界に現れている使徒と呼ばれる謎の生命体と戦えというのだ。

そしてシンジは、第四使徒と戦うことになる。エヴァンゲリオンと感覚を共有しているシンジは、第四使徒に与えられる痛みに恐れ戦く。絶体絶命と思われたシンジであったが、突如シンジの乗る初号機が暴走、圧倒的な力を持って第四使徒を倒してしまうのだった。

エヴァンゲリオン新劇場版:序のあらすじ【承】

シンジは世界を救ったヒーローになった…かのように思われた。しかし翌日、シンジは転校した学校で鈴原トウジという男子学生に突然殴られてしまう。実は、トウジの妹は先日のシンジと第四使徒との戦いの際に巻き込まれ、怪我を負っていたのだった。そうした被害者の行き場のない怒りを、シンジは背負うことになるのだった。

しかし、使徒は容赦なく現れる。次に現れた第五使徒を打ち倒すべく、シンジは再び初号機に乗り込んだ。第五使徒は切れ味鋭い触手を用いる強敵で、シンジは苦戦を強いられる。上層部はシンジに対して退避命令を出すものの、シンジはその命令を無視する。そして、ナイフを手に第五使徒に突っ込んでいくのだった。エヴァンゲリオンには稼働限界時間があり、その時間ギリギリで何とかシンジは第五使徒を倒すことに成功する。

しかし、上層部は命令を無視したシンジを問題視。シンジはそのまま行方をくらますが、すぐにNERVの手の者に見つかってしまう。自暴自棄になったシンジは、周りが乗れというのならエヴァに乗るしかないとぼやく。そんなシンジに対して、彼の上司であるミサトは、エヴァに乗るか乗らないか、自分で決めなさいと伝えるのだった。

エヴァンゲリオン新劇場版:序のあらすじ【転】

実は、シンジのクラスメイトにはもう一人エヴァンゲリオンの操縦士がいた。彼女の名前は綾波レイ、非常に色素の薄い、存在自体が儚げな少女だった。口数も少なく感情表現も乏しい彼女と、自分の殻に閉じこもりがちな面があるシンジは同じエヴァンゲリオン操縦士であるにも関わらず、これまでロクな会話をしたことがなかった。

そんな彼女が唯一笑顔を見せるのが、シンジの父親であるゲンドウと会話をしている時である。その際、レイだけでなくゲンドウも笑みを浮かべており、何とゲンドウはかつてエヴァンゲリオンの実験中に事故に巻き込まれたレイを、自らが傷つくことも厭わず助け出したのだという。

父親との仲がお世辞にも良好とは言えないシンジは、その二人の様子を見て言いようのない気分に陥るのだった。シンジは自分を決して認めようとはしないゲンドウに関して悪口を言い立てる。すると、あの大人しいレイがシンジの頬を叩いたのだった。それは、シンジが初めて見た、レイの感情をあらわにした姿だった。

エヴァンゲリオン新劇場版:序のあらすじ【結】

そして、第六使徒が現れる。シンジはいつものように使徒に立ち向かうが、何と使徒の攻撃を胸に受け気を失ってしまう。命に別状はないものの、シンジは恐怖のあまりエヴァンゲリオンに乗ることを拒否するようになるのだった。

そして、第六使徒は、NERV本部を狙っていた。約10時間後には使徒の攻撃がNERVに降り注ぐ。その時、ミサトはシンジに覚悟の話をした。このNERVの地下施設には第二使徒、リリムが保管されていた。そしてこのリリムと他の使徒の攻撃が交わることで、例のセカンドインパクトと同様の現象、サードインパクトが起きるというのだ。そしてNERVの職員は、その事態を防ぐためであれば自らの命を投げ打つ覚悟はいつでもできているという。

その話を聞いたシンジは、再び初号機に乗る決意をする。そしてシンジはレイとコンビを組み、第六使徒に立ち向かう。危ないながらも、何とか第六使徒を倒すことに成功した二人。レイは自分を心配するシンジを見て、今まで感じたことのない感情を抱くのであった。

Amazon 映画『エヴァンゲリオン新劇場版:序』の商品を見てみる

関連作品

次作 エヴァンゲリオン破