映画『五福星』あらすじネタバレ結末と感想

五福星の概要:1984年公開の香港映画。サモ・ハン・キンポー監督・主演による福星シリーズ第二弾で、日本を舞台に犯罪組織を追ってきた香港の囚人仲間と警察の姿を描いたアクションストーリー。

五福星 あらすじネタバレ

五福星
映画『五福星』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

五福星 あらすじ【起・承】

その5人組は刑務所で知り合った詐欺師軍団だった。
ポット(サモ・ハン・キンポー)は泥棒、あとは宝石や自動車部品泥棒、政治犯等罪状は様々だった。
名前はハンサム、チンケ、モジャ、まじめだった。
ぞれぞれ性格は違えど兄弟のように仲が良く五人は出所後もつるみ、妹と暮らすまじめの家に厄介になることになった。
何とか協力しながら再び社会で暮らすことが出来るようになってきた。
ポットは体の大きさの割には、小心者で最年少だった。
5人は清掃会社でまじめに働き出す。

一方で偽札組織を追っていた刑事7086番(ジャッキー・チェン)は誤認逮捕をしてしまい、交通課に左遷。
ある日ローラースケート大会出場時、マフィアの偽札取引の現場に出くわしてしまう。
7086番は思わずローラースケートのまま高速道路に飛び出し犯人を追跡し始める。
しかしこのことで交通網を止めてしまい大騒ぎ。
そしてこの偽札が入った鞄が5人組の清掃バンの中に入ってしまう。
そのことを全く知らない5人は仕事をもっと増やそうとパーティーを開催するマフィアのあじとに向かっていた。

五福星 あらすじ【転・結】

この5人組が仕事をしに行ったマフィアというのが、まさに鞄の行方をおっている偽札取引の当事者だった。
その後マフィアに鞄が彼らの元にあることがばれ捕まってしまう彼らだったが、良くないことはさらに起きる。
5人組のヒロインであったまじめの妹がマフィアに誘拐されたのだ。
人質と交換で鞄を渡すことになった5人は翌朝あじとに向かう。

ついに始まった最終的決戦。
妹を助けるために戦いが下手なメンバーも闘おうとする。
ポットはカンフーが強く敵をやっつけていく。
そして最後の大ボス。
警察の7086番も参加してマフィアとの壮絶な闘いが始まった。
激闘の末見事勝利したポットたちは、無事に事件を解決に導いた。
そしてみんなを驚かせた新事実発覚。
それはなんとまじめが警察幹部だったということだった。
最初から仲間を集めるために刑務所に潜入していたのである。

五福星 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1984年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:サモ・ハン・キンポー
  • キャスト:ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー、ジョニー・シャム etc

五福星 批評・レビュー

映画『五福星』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

福星シリーズの人気作

サモ・ハン・キンポーの映画で福星シリーズという人気の作品がある。
本作品はその第1作目。
この福星シリーズの醍醐味は何といっても詐欺師の連係プレーである。
1つの事件に対し集められた刑務所仲間が笑いあり、本気ありで闘っていく。

内容としてはジャッキー・チェンの監督作品よりゆるさがあり、びしっとした段落のある映画が好きな人には少し不満が残るかもしれない。

個性豊かなキャラクター

本シリーズの見所は何とも不思議なキャラクター達である。
真面目に更正しようとする年長の男、ハンサムと呼ばれるいかにも胡散臭い女をだます詐欺師、精神病院に入院しているところを誘われる自称念力使いの超能力者、天才的な頭脳の持ち主、そして一番年下の太った気弱のポット。
サモハン以外のキャラクターが立ちすぎてて主役がかすみがちだがこのキャラクター設定が癖になる。
ゆるく進んでいく展開だが飽きることもなく観賞できる。

ラストシーンのおまけ

この映画で意外だったのがラストシーンのオチである。
ジャッキー映画ではあまり考えられない面白いオチで、サモハンならではの面白さが詰まっている。
ずっと泥棒だと思っていたまじめが警察幹部だったという事実。
これが香港アクションコメディ映画として見てきた観客を大きく裏切る。
作品として質が良く、サモハンをカンフーコメディ監督と疑わない人を良い意味で裏切ってくれたのだ。

映画そのものとしての質もこれであがったし、ジャッキーが主役では出来ない演出効果であるためサモハン映画は広い世代に好まれるのかもしれない。

五福星 感想まとめ

ジャッキー・チェンが日本で人気が出たために全て主演だと思われがちであるが、本当は脇役だという作品が幾つかある。
そのうちの1つがこの福星シリーズ。
主演はあくまでサモ・ハン・キンポーでありジャッキー・チェンはそれを補佐する刑事役でしか無い。

もちろんジャッキー・チェンが出演しているから見ている人が多いのも事実であるが本当の福星シリーズの魅力は違うところにある。
コミカルなストーリー構成と個性の強いキャラクター立ち退きドタバタな展開が面白いのだ。

サモ・ハン・キンポー監督の映画は独特で、ジャッキー・チェン映画よりも流れがゆるくあまり闘うシーンの長いイメージは薄い。
しかしそこがバランスよく万人うけするというのもまた事実である。

Amazon 映画『五福星』の商品を見てみる