映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のネタバレあらすじ結末

グランド・ブダペスト・ホテルの概要:『ダージリン急行』や『ファンタスティックMr.FOX』など数多くの作品を送り出しているウェス・アンダーソン監督による期待作。その不思議な世界観と華やかなセットで、数多くの賞を受賞している。

グランド・ブダペスト・ホテルの作品概要

グランド・ブダペスト・ホテル

公開日:2013年
上映時間:100分
ジャンル:ファンタジー、コメディ
監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック etc

グランド・ブダペスト・ホテルの登場人物(キャスト)

ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)
名門グランド・ブダペスト・ホテルでその手腕を発揮するコンシェルジュ。ホテルの利用客の中に多くの愛人を抱えている。
ゼロ・ムスタファ(少年時代:トニー・レヴォロリ / 老年期:F.マーリー・エイブラハム)
移民の少年。グランド・ブダペスト・ホテルでベルボーイを務める事となるが、ふとした事からグスタヴと行動を共にするようになる。
マダムD.(ティルダ・スウィントン)
ホテルの利用客で、グスタヴの愛人の1人。グスタヴを深く愛しており、彼に名画「少年と林檎」を遺す。

グランド・ブダペスト・ホテルのネタバレあらすじ

映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グランド・ブダペスト・ホテルのあらすじ【起】

「グランド・ブタペスト・ホテル」。それは今は亡き、とある作家が遺した一冊の本でした。まるでお伽話のようなそんな本は、その実、実際の作者の体験をありのままに記した実話でした。そして1人の少女がその本を開き、再び物語は始まりへ、過去へと引き戻っていきます。

舞台は1968年、後に「グランド・ブタペスト・ホテル」を書き上げることとなる作家は、休暇を利用してとあるホテルに宿泊しに来ていました。そのホテルの名前はグランド・ブタペスト・ホテル。かつてその名を全世界に轟かせた名門中の名門でした。しかし時の流れとともにその栄光を失いつつあるそのホテルは、宿泊客数も落ち込み、寂れつつありました。

そんなホテルの中で、作家は1人の人物と出会います。その人物とはこのホテルのオーナー、ゼロ・ムスタファ氏本人です。2人はふとしたきっかけから食事を共にすることとなり、ゼロ氏は何故移民の身であった自分がこのホテルを相続する事となったのか、かつてこのホテルに何が起こったのか、長い物語を語りきかせ始めるのでした。

グランド・ブダペスト・ホテルのあらすじ【承】

若かりし頃のゼロ・ムスタファ氏は、グランド・ブタペスト・ホテルのベルボーイとして勤務する事となりました。ゼロが雇われた当時のこのホテルのコンシェルジュはムッシュ・グスタヴ氏という人物で、その類稀なる手腕で名門ホテルのコンシェルジュを見事に勤め上げていました。しかし、実はグスタヴ氏には多くの愛人がおり、その愛人たちは利用者としてよくホテルを訪れていました

マダムDもその1人です。しかし、高齢ではありましたがまだまだ健在であったマダムDの訃報が突如グスタヴの耳に飛び込んで来ました。グスタヴはゼロを連れ、急いでマダムDの住んでいた城へと向かいます。グスタヴとゼロがようやく城に着いた頃、場内では丁度遺産相続が行われているところでした。そして何と、マダムDは有名な絵画「少年と林檎」をグスタヴに贈る事を遺していたのでした。それはとても高価な絵画でしたので、マダムD達の親縁が納得するはずもありません。このままだと何かしらの妨害工作が行われると考えたグスタヴは、その絵画を一足早く盗み出してしまいます。

グランド・ブダペスト・ホテルのあらすじ【転】

盗んだ絵画をホテルの金庫に隠したところで、警察がホテルへとやってきます。そして何と、グスタヴをマダムD殺害の容疑で逮捕するというのです。グスタヴは、マダムDの血縁者達、通称C.V.D.u.T.に嵌められたことを悟ります。何とか警察の手から逃げようとするグスタヴでしたが、最終的にお縄となり、刑務所に入れられてしまいます。

そんなグスタヴ氏の協力者は、一緒に絵画を盗み出したゼロとそのガールフレンド、アガサでした。アガサはとても可愛らしいケーキを作り上げる職人で、そのケーキの中に工具を少しずつ入れて刑務所へと送ります。そのあまりの可愛らしさから、警察も中を改めるのをやめその形姿のままグスタヴ達に渡していたのでした。そして工具が揃った頃、グスタヴと他の囚人たちは脱獄の計画を立て始めます。

そして何とか脱出に成功したグスタヴはゼロと交流します。名門ホテルのコンシェルジュ達には「鍵の秘密結社」という秘匿のコミュニティがありました。グスタヴはその力を使い、マダムDの家に勤めていた執事、セルジュXの元へと向かいます。

グランド・ブダペスト・ホテルのあらすじ【結】

しかし、グスタヴの協力者となり得るセルジュXは、既にC.V.D.u.T.の手にかかり命を落としていました。真相を突き止めようとするグスタヴとゼロ、そしてグスタヴを殺し「少年と林檎」を手に入れようと企むC.V.D.U.T.は、苛烈な追いつ追われつを繰り広げます。更にそこに脱獄したグスタヴを再度逮捕しようとする警察も加わり、彼らはグランド・ブタペスト・ホテルにて一同に会しました。

しかしそんな混乱の最中、アガサとゼロは絵画の中にもう一枚の遺書が忍ばせてある事に気が付きました。そしてその遺書には、自分の全財産をグスタヴに贈る、というマダムDの最期の遺志がしたためられていたのです。そしてグスタヴは大金持ちとなり、アガサとゼロは結婚式を挙げました。

しかしそんな幸せも長くは続きません。その当時、時代は狂乱の最中にありました。世間の移民に対する風当たりはますます強くなり、それはゼロに対しても同様でした。憲兵に拷問されそうになったゼロをグスタヴが庇い、何と命を落としてしまったのです。そして最愛のアガサも、流行り病にかかり若くしてこの世を去りました。予め全財産をゼロに贈ると遺していたグスタヴの遺言に従い、ゼロはその全てを引き継ぐ事となりました。そして現在のグランド・ブタペスト・ホテルに至るのです。話を聞き終えた作家は、早速この信じ難いが、間違いなく実話であるこの話を書き起こすべく、執筆にとりかかるのでした。

グランド・ブダペスト・ホテルの解説・レビュー

今年のアカデミー賞最多4部門受賞した驚異の世界観

次世代の映画界を担う時代の寵児こと、ウェス・アンダーソン監督の最新作。彼は『アンソニーのハッピー・モーテル』で監督デビューした後、長編2作目『天才マックスの世界』でも軒並みならぬ世界観を発揮し、全世界を驚愕の渦に巻き込んだ。現在この作品は、カルト映画と呼ばれている。若き天才、ウェス・アンダーソンはその後も『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』『ライフ・アクアティック』『ダージリン急行』アニメ製作の『ファンタスティック Mr. Fox』『ムーンライズ・キングダム』実写6本とアニメ作品一本。その内、初期2作以外は日本での劇場公開がさている。アカデミー賞では『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』と『ムーンライズ・キングダム』の2作品で、両作品とも脚本賞止まり。その上、どちらも受賞ならず。ここまで、注目されながら、本年度のアカデミー賞にて初めて最多ノミネート、最多受賞を果たした。若き天才の存在感を見せつけた。ただし、作品賞も監督賞も受賞は逃した。主要部門は獲れなかったのは、残念だが、私が思うに、これはアカデミー賞会員の優しさでもあり、愛情だろう。ここで受賞してしまえば、彼はきっとここ止まりのまま、満足するだろうと。そうではなく、今まで以上のいい作品を製作出来ることをアカデミー賞会員は皆、分かっているから、敢えて彼に賞を贈らなかった。だからこそ、次の彼の作品がどんなアプローチで完成させるのかが、今から楽しみなのだ。

オタクが魅せる拘りの数々

本当にウェス・アンダーソン監督の演出は、目を見張るものが多い。例えば、左右対称のシンメトリーが取り入れられていたり、原色とも言える色をふんだんに使い、まるで異世界にいるような錯覚に陥れられる。また彼の撮影技術は独特で、多数のカメラを使わずに、一つのカメラを動かしながら、長回しを行ったり、撮りたい角度のポイントを一つのカメラの視点から順々に撮影していたり、また鏡のトリックを駆使し、敢えて演者が鏡を通して話すのを、まるで私たちが第3者の視点から観るのも楽しい。よく固定カメラでの撮影が見られ、右から列車がフェームインしたかと思えば、次に左から車がフェームインするような演出が数多く見られる。低予算でありながらも、映画そのものに拘り抜いた演出力を発揮し、まるでおもちゃ箱を開けたような、世にも奇妙な不思議な世界が広がる。それが、ウェスワールドの真骨頂だろう。また面白いのは、脚本の所々に、言葉遊びが含まれている点だ。例えば、本作では主人公のゼロ・ムスタファ。初登場シーンでは、グスタブ・Hから色々質問攻めにされるシーンがあるが、家族の有無に答えられなかった時のグスタブ・Hの返答が『ゼロ(0)か』と言う答えるシーン。まさに計算されたネーミングと台詞とシーンだろう。他に、ゼロが恋に落ちる少女の名がアガサだ。ゼロが彼女にプレゼントを贈る時、Z~Aに、とわざわざ言わせているが、これも何かの言葉遊びだろう。

また、ウェス・アンダーソンは、若手からベテラン、大物からトップスターの役者の使い方が実にスマートだ。まるで、ウッディ・アレンのようだ。日本で言うと三谷幸喜あたりだろうか?脚本を書きながらイメージするのか、それとも脚本が出来上がってから役者をオファーするのか?私はきっと、前者だと思う。執筆段階から演じて欲しいキャラクターと役者をイメージしながら執筆していたのだろう?そんな彼の、ヴィジョンが我ながら気になる。本作も、類を観ないトップスターが勢揃いした。総勢16人の新旧のスターばかりだ。フランス人に、イギリス人に、アメリカ人と、国籍もバラバラだ。ただウェス・アンダーソンは、まったくブレない人間だ。これだけの有名人がいても誰一人欠けることもなく、存在感を発揮している。どこのシーンに誰が出演しているのか、探しながら鑑賞するのも、彼の作品を観る上での楽しみの一つだ。まだ未見の方は、これらを踏まえて鑑賞すると、この映画の楽しみが一つ見えてくるだろう。

グランド・ブダペスト・ホテルの感想まとめ

基本、人が映画を選ぶものだが、時に映画が人を選ぶことがある。ウェス・アンダーソン監督の作品郡は、どれも映画が人を選ぶ。正直、私は彼のことも、彼の作品も苦手だった。ただ、ここまで整理すると、やはり彼の作品はオタク傾向の強い作品であるのは間違いないが、私がこの作品で最も好きなのは、師弟関係の描き方だ。グスタブがゼロに対する絶対なる信頼感。そこに、いつも心が揺れ動く。親子以上に結ばれた師弟関係の美しさ。その対照した映画の色彩と小道具の繊細を兼ね備えた芸術性の高い一本だ。

Amazon 映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の商品を見てみる