映画『ハード・キャンディ(2005)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ハード・キャンディ(2005)」のネタバレあらすじ結末

ハード・キャンディ(2005)の概要:小児性愛者のカメラマンの男と、彼を罰しようと追い詰める14歳の少女との攻防戦を描いたスリラー。家の中という閉鎖的な空間で、主に男と少女の二人のやり取りを中心に、緊迫したストーリーが展開する。

ハード・キャンディの作品概要

ハード・キャンディ

製作年:2005年
上映時間:103分
ジャンル:サスペンス
監督:デヴィッド・スレイド
キャスト:パトリック・ウィルソン、エレン・ペイジ、サンドラ・オー、ジェニファー・ホームズ etc

ハード・キャンディの登場人物(キャスト)

ジェフ・カルヴァー(パトリック・ウィルソン)
32歳のカメラマン。口達者で頭が良く切れる。14歳未満の少女にのみ性的興味を抱く小児性愛者。出会い系のチャットで、好みの少女を物色している。
ヘイリー・スターク(エレン・ペイジ)
14歳の愛らしい小柄な少女。読書家で頭が良く、様々な専門的な知識を持っている。チャットで知り合ったジェフに、ある目的を達成するために接近する。
ジュディ・トクダ(サンドラ・オー)
ジェフの家の三軒隣に住む主婦。ジェフと親交がある。
ジャネル・ロジャース(オデッサ・レイ)
数年前にジェフと交際していた女性。当時は未成年だった。現在は有名モデルになっている。

ハード・キャンディのネタバレあらすじ

映画『ハード・キャンディ(2005)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ハード・キャンディのあらすじ【起】

14歳未満の少女のみを性的対象にしているジェフは、出会い系チャットで知り合った少女ヘイリーに興味を持ち、直接会う約束をする。ジェフは、実際のヘイリーの賢さと大人っぽさに驚く。

ジェフは、可憐な容姿と知性を兼ね備えたヘイリーを気に入り、ヘイリーが欲しがった Tシャツをプレゼントし、ヘイリーが好きなバンドのライブ音源を聞かせると言って自宅へ連れていく。ヘイリーは、ジェフとの性交渉に合意する素振りを見せる。

ジェフは、ヘイリーに自宅の撮影スタジオを見せる。ヘイリーは自作のスクリュードライバーをジェフに勧め、ジェフの仕事内容について質問をする。ヘイリーは、ジェフの寝室にかけられているジャネルの写真を見つけ、ジェフが以前にジャネルと交際し、別れてから数年経った今でもジャネルに未練を持っていることに気付く。

ヘイリーは、自分を撮影するようジェフに頼み、音楽に合わせて服を脱いで下着姿になる。突然、ジェフは眩暈を覚え、ヘイリーの前で昏倒する。

ジェフは、椅子に縛られた状態で目を覚ます。ヘイリーはジェフのグラスに薬を盛っていた。ヘイリーが自分に悪意を抱いていることに気づいたジェフは、外に助けを求めようと大声を上げるが、ヘイリーはジェフの喉に薬を吹きかけて制止する。

ハード・キャンディのあらすじ【承】

ヘイリーは、ジェフの家の両隣が留守の日にジェフに会うことを、前もって計画していた。ヘイリーは、出会い系チャットで複数のアカウントを使ってジェフに接触し、ジェフが14歳未満の少女のみを探していたことを知っている。ヘイリーは、ジェフが、ヘイリーの気をひくために知ったかぶりをしていたことにも気付いている。

ジェフの性的嗜好を軽蔑して非難するヘイリーに対し、ジェフは、ヘイリーが誘ったと反論する。ヘイリーはジェフを寝室に移動させる。ジェフは、自分が主に撮影するのは風景で、若いモデルに手を出すことはないと主張するが、ヘイリーは、ジェフが少女達に暴力を振るってレイプしたと言い返す。ヘイリーは、ジャネルがジェフに宛てた手紙を見つけ、ジェフの前で読み上げる。

ヘイリーは、ジェフのパソコンを操作し、ジェフが猥褻な写真を持っていないか探るが見つからない。ヘイリーは、一人暮らしのジェフの家の中に一つも性的な物が無いことを疑問に思う。ヘイリーは、ジェフの表情から少女達の写真の隠し場所を探り、リビングのオブジェの下に隠された金庫を発見する。

ジェフは、ヘイリーが疎外感からこのような行為に及んだと考え、ヘイリーに優しく話しかけて拘束を解くよう説得を試みるが、ヘイリーはジェフの振る舞いを一笑する。

ヘイリーは、ジャネルの写真の裏に記されていた、ジェフとジャネルの記念日を入力して金庫を開ける。ヘイリーは金庫からドナという少女の写真を取り出し、ジェフに突きつける。

ジェフは、一瞬の隙をついてヘイリーを蹴飛ばして転倒させ、寝室へ駆け込んで隠していた銃を手に入れる。ヘイリーは背後からジェフに襲いかかり、ジェフの頭にラップを巻きつけて窒息させ、気絶させる。

ハード・キャンディのあらすじ【転】

再び目を覚ましたジェフは、テーブルに仰向けに縛り付けられていることに気付く。ジェフは下半身を裸にされ、性器の上には袋入りの氷が置かれている。ヘイリーは、ドナについてジェフに詰問する。ヘイリーは、ドナを殺した犯人はジェフだと主張し、ジェフは、ドナとはデートしただけだと否定する。

ヘイリーは、少女達を凌辱した罰として、ジェフに去勢手術を施そうとしている。ヘイリーがジェフの性器を氷で冷やす間、ジェフはヘイリーに、人を傷つけると一生後悔する、と忠告する。ジェフは大声を出して再度助けを求めるが、ヘイリーに喉に漂白剤を吹きかけられる。

ヘイリーは、ジェフの陰毛を剃る。ジェフはヘイリーに金銭の取引を持ちかけるが、ヘイリーは一向に相手にしない。ヘイリーが屋根に上っている間、ジェフは必死でテーブルを動かし、近くの机の上に置いてある携帯電話を取ろうとするが、ヘイリーが戻ってくるまでに間に合わない。

ヘイリーは、ジェフをスタジオに運び込み、手術の様子がジェフに見えるよう、ジェフのカメラを配置する。ジェフは、トラウマになっている幼少期の性的体験を語り、ヘイリーの同情を得ようとする。

ヘイリーは、ジェフの懇願を無視し、手術を開始してジェフの睾丸を切除する。絶望して涙を流すジェフの前で、ヘイリーは切り取った睾丸をミキサーに入れてすり潰す。ジェフは、ヘイリーへの憎悪を募らせる。

ヘイリーがシャワーを浴びている間、ジェフは緩んだ縄から抜け出す。ジェフは、ヘイリーが使用した手術用ハサミを持って浴室に乗り込むが、気付いていたヘイリーにスタンガンを当てられて気絶する。

ハード・キャンディのあらすじ【結】

ヘイリーは、家の中の自分の指紋を全て拭き取る。ヘイリーは、ジェフがドナの殺害を苦に自殺したように見えるよう、ジェフのパソコンに遺書を残す。ヘイリーは警察のフリをしてジャネルに電話をかけ、捜査のためにジェフの自宅へ来るようジェネルを誘い出す。

ヘイリーは、ジェフの首に天井から吊るした縄をかけ、椅子の上に立たせる。突如、呼び鈴が鳴り、三軒隣に住むジュディが玄関先にやってくる。ヘイリーは、助けを求めようとして大声を上げたジェフの口をテープで塞ぎ、ジュディに対応する。

ジュディは、屋根に上っていたヘイリーを目撃していた。ジュディは、ヘイリーにベビーシッターをしないかと勧誘し、娘がガールスカウトで作ったクッキーをジェフ宛てに届けて代金を請求する。ヘイリーは家へ戻り、ジェフの服のポケットから金を取り出してジュディに渡す。ジュディに、何故屋根に上っていたか尋ねられ、ヘイリーは曖昧な答えを返す。

家の中に戻ったヘイリーに、ジェフは、ジュディがヘイリーに疑問を持っただろうと警告する。ジェフは、もし殺人を犯せば一生後悔する、と言ってヘイリーを脅す。ジェフは、近づいたヘイリーを足で締め上げて転倒させ、近くのテーブルへ移って拘束を解く。

ジェフは包丁を手に、屋上へ逃げたヘイリーを追う。ヘイリーは、ジェフの銃を構えながら、屋上の煙突に引っ掛けてある縄を首にかけるよう、ジェフに要求する。ヘイリーは、ジェフに自殺させ、その様子をジャネルに見せ、ジェフの罪を世間に晒そうとしている。ジェフがヘイリーの正体を問うと、ヘイリーは、自分はジェフが今まで欲情した少女達だと告げる。

ジャネルが到着し、ジェフは思わず身を隠す。ヘイリーは、罪が暴露されて刑務所に入るよりも今ここで死んだほうが楽だと言って、ジェフに自殺を促す。ジェフは、ドナを殺したのはアーロンという知人で、自分は見ていただけだと告白する。既にそのことを知っていたヘイリーは、ジェフより先に、同じようにアーロンを殺していた。

絶望感に襲われたジェフは、首に縄をかけ、屋上から飛び降りて首吊り自殺する。ヘイリーはジェフの家を抜け出し、帰っていく。

Amazon 映画『ハード・キャンディ(2005)』の商品を見てみる