映画『ヒメアノ~ル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ヒメアノ~ル」のネタバレあらすじ結末

ヒメアノ~ルの概要:冴えない青年とバイト先の先輩、先輩が片思いしている女の子との三角関係と、青年の同級生の殺人鬼の運命が交差していく様子を描いたサスペンスコメディ。古谷実のマンガを原作としている。

ヒメアノ~ルの作品概要

ヒメアノ~ル

公開日:2015年
上映時間:99分
ジャンル:サスペンス、ミステリー、コメディ
監督:吉田恵輔
キャスト:森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ etc

ヒメアノ~ルの登場人物(キャスト)

岡田(濱田岳)
清掃会社でバイトをしながら、趣味も恋人もいない毎日を悲観して、だらだらと生活している。背が小さい事や、アイから言われた「器が小さい」という言葉を気にしている。「ノー」と言えない性格。一度、ミスをかばってくれた安藤に頼まれ、ユカと仲良くなる手伝いをすることになる。高校時代に最初に仲良くなったのが森田だったが、イジメが始まってから距離を取り、イジメに加担してしまったことを気に病んでいる。
森田(森田剛)
岡田の高校時代の同級生。金髪が特徴的。ユカが働いているカフェには通っていないと言いつつ、安藤の事をよく知っていて、話のつじつまが合わないようなところがある。高校時代にイジメを受けていたが、中心人物の河島を殺害後、性格が豹変。家族に暴力を振るったり、友人だった和草に対して大きな態度を取るようになった。シリアルキラーであり、何の躊躇もなく他人を殺す。
ユカ(佐津川愛美)
安藤の片思い相手。ストーカー被害を受けていて、犯人は森田だと思っている。毒舌の幼馴染アイとは、幼稚園の頃からの付き合い。将来の夢は、お嫁さんになること。タイプの岡田に一目ぼれし、告白後は積極的に行動を起こす。
安藤(ムロツヨシ)
岡田のことを「岡村」と間違えるなど、どこか抜けている岡田のバイト先の先輩。ユカに強烈な片思い中で、運命の人だと信じており、ユカを「天使ちゃん」と呼ぶ。時々、すごくいい事を言うが、基本的には挙動不審の変人。
和草(駒木根隆介)
森田と一緒に、河島からイジメを受けていた男性。太っている。同僚の久美子と婚約している。会社からお金を横領し、森田に渡している。河島殺害に関わっていて、森田の言いなりになっている。

ヒメアノ~ルのネタバレあらすじ

映画『ヒメアノ~ル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ヒメアノ~ルのあらすじ【起】

バイト先の先輩、安藤から、好きな人がいると聞かされた岡田。
そしてカフェで働く、安藤の片思い相手を見に行く。

そこで偶然、高校時代の同級生、森田と再会した岡田。
安藤は、森田がユカを狙っていると思い込み、岡田に探りを入れさせる。
森田と岡田は、連絡先を交換した。
森田はその日、初めてカフェに来たらしい。
それを信用しない安藤は、岡田にユカの周辺を探るよう頼み込む。

翌日、カフェの前にいた岡田は、ユカに声をかけられる。
森田が、自分をストーキングしていると思うユカは、岡田の口からやめるよう言ってくれと頼む。

その後、安藤と岡田は、ユカの身辺警護を始める。

森田と飲む約束をした岡田は、さりげなくユカのことを聞く。
森田は言っていることが矛盾していたり、どこか様子がおかしかった。

周辺警護をはじめて1週間後、安藤と岡田とユカ、ユカの幼馴染アイを交えて飲み会を開く事になった。
しかしアイは、ユカには好きな人がいると言う。
頼み込まれて、ユカに安藤の気持ちを教える岡田だったが、ユカは岡田の事が好きだった。

ヒメアノ~ルのあらすじ【承】

無断欠勤が続く安藤の様子を見に行く岡田。
安藤は、親友の岡田がユカを奪ったら、チェーンソーでバラバラにすると笑う。
安藤の部屋には、チェーンソーが置いてあった。

ユカに事情を話すと、こっそり付き合えばいいと提案される。
そして2人は、安藤に隠れて付き合う事になった。

一方、安藤からお金を脅し取られている和草。
会社の金を横領するようになり、婚約者に事情を話すよう迫られる。

高校時代、クラスメイトの河島からイジメられていた安藤と和草。
卒業間近になり、安藤は河島を拉致。
和草を呼び出して河島を殴らせ、最後は安藤が河島を殺害。
安藤は別人のようになって、和草にお金をせびるようになり、周囲に暴力をふるうようにもなった。

デートの後、岡田はユカの部屋で童貞を捨てた。
ユカの体験人数を聞き、初体験の年齢を知ってショックを受ける岡田。

ユカのストーカーだった森田は、2人が結ばれたと知って、岡田を殺そうとする。
その連絡を受けた和草は、警察に自首しようとする。
しかし婚約者の久美子は、森田を殺せばすべて丸く収まると考える。
和草と久美子は森田を殺そうとするが、逆に森田に殺されてしまった。

ヒメアノ~ルのあらすじ【転】

和草と久美子の遺体を燃やし、住む部屋を失った森田。
岡田とユカが付き合っていると知らない安藤は、ユカへの想いを募らせる一方だった。

ユカが岡田の家に泊まった日、森田はユカの部屋のドアを執拗に蹴り続けた。
その様子を目撃していた隣人から話を聞かされ、怖くなるユカ。

安藤は、ユカに告白する決意を固める。
黙っていられなくなった岡田は、ユカと付き合っていることを安藤に告げる。

警察が当てにならないと知るユカは、岡田の部屋に避難することにした。
安藤は、奇抜な髪形で会社に来て、周囲を驚かせた。

一軒家に住む井上夫妻を殺害し、家に住み始めた安藤。
怪しんだ警官が様子を見に来るが、井上は入院していて、自分は弟だと言い張った。
そして、家に上がり込んだ警官を殺害し、銃を奪った。
安藤は、幻聴に悩まされるようになっていた。

ユカが姿を隠したと知った安藤は、ユカが住んでいた部屋の隣人を殺害。
井上家の事件も明らかになり、和草と久美子の死にも、安藤が関わっていると警察は考えていた。

警察に行った岡田は、それを聞かされる。

ヒメアノ~ルのあらすじ【結】

安藤と森田は、会社の前で鉢合わせする。
ユカへのストーキングを止めるよう注意した安藤は、森田に撃たれて病院に運ばれた。

岡田は、ユカに過去を懺悔する。
岡田と森田は、仲がよかった。
しかしイジメが原因で、岡田は森田と距離を取るように。
河島に命令された岡田は、登校拒否になった森田を騙して学校に連れ出した。
そして再びイジメが始まった。

安藤は一命をとりとめた。

その後、岡田と暮らす部屋に帰ったユカの前に、森田が姿を見せる。
帰宅途中だった岡田の携帯に、実家の母から着信が入った。
実家の母は森田に騙され、岡田の住所を相手に伝えてしまっていた。

岡田は警察に通報後、急いで部屋に帰る。
レイプされそうになっていたユカを助け、過去の行いを謝罪する岡田。
しかし森田は、よく覚えていなかった。

パトカーのサイレンに気を取られた森田と共に、2階にある部屋の窓から飛び降りた岡田。
近くに止まっていた車の運転手を殺害し、その車に岡田を乗せて逃亡を図る。
しかし散歩中の犬を避けようとして、車は事故を起こす。

片足を失った森田は、仲が良かった頃のように岡田に笑いかけた。
そして岡田は気を失った。

Amazon 映画『ヒメアノ~ル』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この映画で特筆すべきなのは、やはりV6の森田剛だろう。とにかくすごいの一言に尽きる。殺人が生活の一部であるかのように人を殺す時のあの顔。トラウマになる。だが、一番怖かったのは、禁煙エリアでタバコを吸った時におじさんに注意されるシーン。何を言われても、「いやもう吸ってないんで!」を真顔で繰り返すのだが、あんな演技ができるのは森田剛くらいだろう。

    そして、その森田剛が演じた森田正一を、ただのサイコキラーとして終わらせなかったのも良かった。

    森田が現在のようになってしまった原因や過去を断片的ではあるがしっかりと提示するし、最後の最後には、昔の優しい森田が現れる。それまで何人もの人を殺してきた森田が、散歩中の犬を車で轢きそうになった際にとっさに避けるのだ。そしてラストシーンの森田のセリフが、頭からずっと離れない。涙が頬を伝った感触も忘れられない。ずるいよ監督。

    笑いあり、恐怖あり、涙ありの異色作。古谷実原作の同名漫画を未読の方は、ぜひ原作を読まずに1本の映画として楽しんでほしい。森田のことばかりだったが、濱田岳演じる岡田の成長劇としても楽しめるので、そこも期待していただきたい。

  2. 匿名 より:

    この映画のすごいところは、得てして大袈裟に描いてしまいがちな「異常性のある殺人」を、日常の一部として描いているところだ。これは吉田監督だからこそできる芸当だと思う。

    映画の中で、森田が女性をバットで何度も殴打するシーンがある。そのシーンの合間に、岡田とユカが性行為に及んでいるカットを何度も挿入する。これは、森田が殺人に対して感じる性的興奮を表現しているのだろう。

    その一方で、森田は食事の合間や寝起き直後に、まるで呼吸をするかのように殺人を犯す。この差が、我々に「殺人」というものを日常として突きつけてくる。さっきすれ違った人が、電車で隣に座っている人が、もしかしたら森田かもしれない。そんな懐疑心を植え付けられる。狂気は、いつだって日常に潜んでいるのだ。

    他の映画と違い、内臓が飛び出たり血が噴き出したりといった派手なグロテスク描写はないが、本当に嫌な気分になるリアルな暴力描写があるため、そういったものが苦手な人は鑑賞を控えたほうが良いかもしれない。実際、上映中に劇場を出た人も何人かいた。それがなければ自信を持ってオススメできるだけに惜しい。だが、作品としてはこの上なく満足できる1本であることは間違いない。

  3. 匿名 より:

    映画を観ていて、劇場内の空気が一変する瞬間をここまで肌で感じたのは初めてだった。それほどまでに、この映画のペース配分の絶妙さとリアルな描写は群を抜いている。

    前半は、岡田と安藤が繰り広げるコメディと、ユカを交えたラブストーリーが日常的な雰囲気の中で進んでいく。劇場内ではあちこちからクスクスと笑い声が聞こえていた。

    だが、森田が登場した途端に劇場内の空気が変わる。生唾を飲む音が聞こえるほどの緊張感に包まれる。そして、徐々にスピードを上げて物語が進んでいく。ここで注意したいのは、森田が登場してからも、スクリーンの中で起こる出来事は紛れもない日常だということ。だからこそ恐怖を覚える。

    今作でメガホンを取った吉田恵輔監督といえば、これまで『さんかく』や『ばしゃ馬さんとビッグマウス』など、少し変わった人物を中心に据えながらもリアルな日常を描いた作風が印象的だ。だから正直、サイコキラーが登場する、しかも批判の対象になりやすい原作モノをどんな風に撮るのか見当がつかなかった。だが、なるほど。恐れ入った。