ミステリー映画 | MIHOシネマ

ミステリー映画一覧

「結婚(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

結婚(2017)の概要:直木賞作家・井上荒野による同名小説の映画化。ディーン・フジオカ演じる古海健児は、数々の女を虜にし、結婚を切り出した途端に姿をくらます結婚詐欺師である。そして、最後に彼が結婚詐欺をする理由が明らかとなる。

「追跡(1962)」のネタバレあらすじ結末と感想

追跡(1962)の概要:『ティファニーで朝食を』(61)や『ピンク・パンサー』シリーズなど、ラブストーリーやコメディに定評のあるブレイク・エドワード監督が作った珍しいサスペンス映画。知る人ぞ知る隠れた名作。後半まで犯人の正体が明かされないので、鑑賞後にあらすじを読むことをお勧めしたい。

「依頼人(2011)」のネタバレあらすじ結末と感想

依頼人(2011)の概要:カン弁護士は妻の殺害の容疑をかけられている、ハンの弁護を担当することになった。遺体も証拠も、何も見つかっていなかった。だが、状況証拠からハンが犯人である可能性は高かった。カンは気乗りしないまま、事件の調査を行うことになった。

「フローズン・グラウンド」のネタバレあらすじ結末と感想

フローズン・グラウンドの概要:アメリカのアラスカ州で実際に起きた恐ろしい連続殺人事件を基にして製作された作品。善良な市民を装いながら、娼婦を次々と暴行し、最後はアラスカの平原に放って撃ち殺してきた殺人鬼を、ジョン・キューザリックが好演している。

「アンタッチャブルズ」のネタバレあらすじ結末と感想

アンタッチャブルズの概要:財務捜査課の刑事であるウスマヌは、闇賭博場に出入りしているバルブリスという男を追っていた。そんな時に、闇賭博場に出入りしていた女性の遺体が発見される。ウスマヌは担当刑事のフランソワに付き纏い、事件の捜査に加わることにした。

「テイク・シェルター」のネタバレあらすじ結末と感想

テイク・シェルターの概要:カーティスは妻と娘と共に平凡で幸せな生活を送っていた。だが、オイルのような雨を浴びた飼い犬に噛まれる夢を見てから、嵐の悪夢に悩まされるようになる。カーティスは次第に、嵐が現実に起こることなのか、自分が精神を病んでいるのか分からなくなる。

「東京残酷警察」のネタバレあらすじ結末と感想

東京残酷警察の概要:警察は民営化され、「東京警察株式会社」という名前に変わった。そして、その頃から「エンジニア」と呼ばれる、肉体に改造を施した凶暴凶悪な殺人犯が出没するようになっていた。エンジニアハンターのルカは刀を使い、エンジニアを倒すことに奮闘していた。

「臨場 劇場版」のネタバレあらすじ結末と感想

臨場 劇場版の概要:2009年から2010年にかけて、テレビ朝日系列で放送された人気テレビドラマの『臨場』を、2012年に劇場版として長編映画化した作品。原作は横山秀夫の同名小説。法医学を学んだ鑑識課の検視官が主人公で、変死体の検視結果が事件を解決する鍵になっていく。

1 2 3 4 18