映画『ヒューゴの不思議な発明』あらすじとネタバレ感想

ヒューゴの不思議な発明の概要:マーティン・スコセッシ監督がブライアン・ゼルズニックの童話を3D化。時計の修理をする孤児ヒューゴとイザベルの冒険物語。”映画の父”とよばれたジョルジュ・メリエスへ捧げる映画愛の詰まった作品。2011年のアメリカ映画。

ヒューゴの不思議な発明 あらすじ

ヒューゴの不思議な発明
映画『ヒューゴの不思議な発明』のあらすじを紹介します。

1930年のパリ。蒸気機関車が走り、たくさんの人が行き交うにぎやかな駅。駅の中にある、時計塔に住む少年ヒューゴ・カブレ(エイサ・バターフィールド)。父(ジュード・ロウ)は博物館に勤めていたが、博物館の火災に巻き込まれ死亡。
ヒューゴには、父の形見として、父が修理していた”自動人形”(オートマタ)が1体、残されます。時計職人をしている叔父のすすめで、ヒューゴは時計修理の仕事を始めるが、飲んだくれの叔父の行方は分からない。

ヒューゴはとても貧しく、駅のパン屋で三日月パンを盗む日々が常習化していたが、ある日、おもちゃ屋を営む、パパ・ジョルジュ(ベン・キングズレー)におもちゃを盗んだと疑われます。疑いを晴らすためにポケットの中身を見せたところ、1冊の手帳をパパ・ジョルジュに奪われます。
その手帳に描かれていたのは、”自動人形”の詳細なスケッチや修理についてのメモ。なぜかこの手帳を灰にしてやる!と怒る、パパ・ジョルジュ。手帳を返してほしい一心で、ヒューゴはパパ・ジョルジュの家を訪ねます。

パパ・ジョルジュの娘・イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と友人となり、2人で自動人形の秘密を解き明かそうとします。自動人形が動くために必要不可欠なハート型の鍵。その鍵を持っていたのは、イザベルだったのです!
その鍵で自動人形を動かしてみると、奇跡が!”映画の父”と言われたジョルジュ・メイエスの「月世界旅行」の1場面が描かれたのです。しかし、パパ・ジョルジュは、映画監督だった過去を捨て、思い出したくないと拒否しつづけます。
ジュルジュの映画を研究する教授にも協力してもらい、唯一残った「月世界旅行」をみんなで鑑賞することに!ママ・ジャンヌ(ヘレン・マックロリー)も女優として出演しており、これを観た、パパ・ジョルジュはようやく夢を取り戻します。
少年たちの活躍により、全ての謎は解けたが、”自動人形”をジョルジュに渡そうとして、駅の公安官(サシャ・バロン・コーエン)に見つかり、大ピンチに!ヒューゴは公安官から逃げ切れるのか?

ヒューゴの不思議な発明 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2011年
  • 上映時間:126分
  • ジャンル:ファンタジー、ミステリー
  • 監督:マーティン・スコセッシ
  • キャスト:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ etc

ヒューゴの不思議な発明 ネタバレ批評

映画『ヒューゴの不思議な発明』について、感想批評です。※ネタバレあり

映画への愛にあふれた、冒険ファンタジー

マーティン・スコセッシ監督が持つ、男くさいイメージとは違う。少年が主役の”自動人形”の謎と映画をめぐる冒険ファンタジー。何故、この作品を作ろうと思ったのだろうか?
マーティン・スコセッシの作品は、「タクシードライバー」(76)や「カジノ」(95)、レオナルド・デカプリオが主演した「ギャングオブニューヨーク」(02)などアメリカの裏社会や伝記物を描いています。

またロバート・デニーロとの共演作(8作も!)が多いことでも有名。本作は、愛娘フランチェスカのために作ったらしい。作品の雰囲気が、レトロ・フューチャーな感じ。少年ヒューゴが住む、時計塔がまるで時計じかけの館のように凝った造りになっているのも面白い。

そしてなによりも映画への愛があふれています。最初の映画を作ったとされる、リュミエール兄弟、「月世界旅行」で有名なジョルジュ・メリエス、そしてヒューゴとイザベルがこっそり観たハロルド・ロイドの「要心無用」など、懐かしさと古い映画の持つユニークさがたまらない!

”自動人形”が描き出す、メリエスの「月世界旅行」の1シーンの絵は、映画好きにとっての記念メダルのようなもの。映画史を紐解きながら、やがて、パパ・ジョルジュが映画監督だったと種あかししてゆくくだりもいい。子供向けのファンタジーだからといって、観ないとソンをしますよ。

エイサ・バターフィールド&クロエ・グレース・モレッツの更なる飛躍の可能性

この作品の魅力は、なんといっても子役のエイサ・バターフィールドとクロエ・グレース・モレッツの演技です。特にエイサ・バターフィールドの繊細で、堂々としたセリフと演技が素晴らしい。クロエ・モレッツもかわいい。2人で映画館に忍び込んで、映画を観るシーンなんて名シーンだと思う。

またハロルド・ロイドの映画をまねしたようなシーンとして、駅の公安官と犬・マキシメリアンにヒューゴが時計塔で追われる場面があります。落ちないかどうかスリルも満点です。クロエ・モレッツが演じる、知的なイザベルも存在感があり、これからの成長が楽しみ。2人とも同じ歳なので、良き友・良きライヴァルとして活躍が期待されます。

エイサ・バターフィールドの最新作は、2014年に公開された「エンダーのゲーム」(13)に主人公エンダー役で出演。新スパイダーマンの最終候補にも選ばれています。クロエ・モレッツは、「イコライザー」(04)を経て、最新作は「ネイバース2」に出演。全米公開は2016年5月13日からです。日本での公開も楽しみです。

ヒューゴの不思議な発明 感想まとめ

”世界は大きな機械。だけど、使われている部品は全て必要。必要な人間ばかりなんだ!”というヒューゴの言葉に、個人を尊重し肯定する姿勢こそ、本作の1番のテーマなのではないでしょうか。そして映画への愛があふれています。本作を観れば、改めて映画の素晴らしさに気付くことでしょう。主役2人の演技にも魅了され、”自動人形”の謎や映画の歴史、名付親への思いなど、丁寧かつスリルたっぷりに描かれています。

とても見ごたえのある映画で、マーティン・スコセッシの愛娘への愛も感じます。メリエスの「月世界旅行」はとても有名な作品なので、また観たいですね。”映画”という発明が、人類の夢を叶えた!あるいは人類を変えたのかもしれません。夢を忘れた大人にこそ観てもらいたい映画です。

Amazon 映画『ヒューゴの不思議な発明』の商品を見てみる