映画『アイ,ロボット』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2004年のアメリカ映画、ロボットが人間の代わりに労働をするようになった世界で“ロボット3原則”が破られる日が来るのか。監督は「ノウイング」のアレックス・プロヤス、出演はウィル・スミス。

アイ,ロボット

あらすじ

映画『アイ,ロボット』のあらすじを紹介します。

2035年のシカゴ、ゴミ収集などの雑用をロボットが一手に引き受ける時代になっていた。彼らは“ロボット3原則”に従って行動し人間に安全で便利な機械だとして受け入れられていた。だがスプーナー刑事は違った、ロボットは安心できる存在ではないと色眼鏡で見るため周りから浮いた存在になっていた。この日も通勤途中にバッグを持って疾走するロボットを追いかけるが実は喘息の薬を急いで届ける途中だったのだ。

その後スプーナーはある人物に呼ばれた、“君を信じている・・”そう話す博士に“何故自殺したんですか?”スプーナーは尋ねた。”それが正しい問いだ”そう答えるとフッと消えた、その後ろに床に横たわり血を流した博士がいた。ホログラム投影機で博士は何を伝えたかったのだろう、ラボに入ると博士は絶対に自殺ではないと確信した。そこで1体のロボットに出会った、最新型のNS-5だと説明してくれた博士の同僚カルヴァン博士の命令を無視して逃走してしまう。

捕まったNS-5はサニーという名前を持っている事、父親(死亡した設計者ラニング博士)に人間の感情を教えられた事をスプーナーに話す。廃棄処分にされることになったサニーがどうにも引っかかるスプーナーは独自に調査することにした、だがそんな彼に魔の手が迫る。

評価

  • 点数:55点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2004年9月18日
  • 上映時間:115分
  • ジャンル:SF、アクション、サスペンス
  • 監督:アレックス・プロヤス
  • キャスト:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、シャイ・マクブライド、アラン・テュディック etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

映画『アイ,ロボット』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

ロボット3原則

このロボット3原則は小説家アイザック・アシモフが作ったロボットが人間に従うための規則のようなものです、ここでは劇中の説明を載せておきます。

  • 原則1:ロボットは人間を傷つけてはならない、また人間への危険を見過ごしてはならない
  • 原則2:原則1に反しない限りロボットは人間の命令に従わなければならない。
  • 原則3:原則1と2に反しない限りロボットは自己を守らなければならない

死んだラニング博士はロボット工学の生みの親でロボット3原則も考えだしました。その博士が研究を進めるうちにある可能性に気付きます。それはあるコードの断片が結合して予期せぬ状態が生じるというのです。それはロボットが自由意思を生み魂とよばれるものを出現させます。

サニーは人間の感情を学びユニークな存在と呼ばれる事を喜びます、そして最後は廃棄所に運ばれた仲間達の元へと赴くのです。

スプーナーのロボット嫌い

スプーナーはロボットを信じていません、憎んでいるといってもいいかもしれません。彼は以前車同士の交通事故に遭い相手の車もろとも川に落ちてしまいます。そんな時一体のNS-4がスプーナーを助けます、だが相手の車には女の子が乗っていました。生存率を即座に計算したNS-4はスプーナーの方が助かると判断したのですがあの時子どもを優先するべきだった、そして今でも助かってしまった自分を許せないでいたのです。

まとめ

ロボットに感情を持たせることに関しての危うさを描いた作品はいくつかありますがそのどれもが人間の愚かさを嘆いたロボットが人間を追い詰めていくという悲劇的な内容です。「アイ,ロボット」も例外ではなく人間を守るために作られたはずが、人間を守るためには人間を殺しても仕方がないという解釈に変わっていき暴走していくのが予測できたのであまり驚いたりはしませんでした。ですがすべての黒幕が予想していた人物ではなかったのでそこはびっくりしました。まだまだ観察力不足だなと改めて認識させられた作品でした。

日本は世界でもトップクラスのロボット技術を有する国なのでこういう機械の暴走という問題を扱った作品は他人事とは思えない感じで見てしまいますね。

Amazon 映画『アイ,ロボット』の商品を見てみる